座頭市のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
13705

観たい人
2557

投稿者:たいち 2019年08月06日

たけしのタップダンス目当てで鑑賞したが、まさか、たけしはタップダンスをしないとは。ちゃんと調べてから観るべきだった。でも、そのダンスシーンが巻き戻してもう一回観ちゃうほど、めちゃくちゃ良かった。

とにかく、たけしがカッコ良すぎるし、ガダルカナル・タカは良いキャラしてんな~~

投稿者:アモ俺 2019年08月04日

・幼い心に強烈な価値観変容をもたらした作品。特に殺陣の格好良さにはやられた。改めて見直すと、最後のダンスの良さを発見。これが年をとるということなのかな。

投稿者:ペパーラブレバー 2019年07月25日

これ以外の座頭市を知らないため新鮮な気持ちで観れた。
浅野忠信がめちゃくちゃかっこいい。
最後が少しミュージカル的な要素があるのも好きな所。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

たけし版

投稿者:ちあき 2015年08月11日

時代劇であり、定番の勧善懲悪ですが、そのことよりも単純に音やそのリズム感を楽しむのがいいと思います

座頭市

投稿者:片山刑事 2014年11月21日

 1人のあんまさんが街を牛耳る悪党を全員退治するという勧善懲悪ものですが、北野映画らしい独特の間やギャグが挟まって不思議な感覚の映画となっていました。

 主人公が街道を歩くと、そこに主要な登場人物たちも一同に会して説明をとっとと済ませてしまう簡潔さ。そこを見るだけでこの映画がどういう方向で行くのかを示してくれるものだとわかります。

 この主人公の座頭市が物凄い奴で、賭け場でイカサマをしているとだけで仕込み杖を振り回して全滅させてしまうという。そりゃ、相手も怒るわというくらいの非道なふるまいをします。

 病気の妻と旅をする浪人も強い腕の持ち主で、敵に雇われて戦う運命にあるというのも座頭市シリーズの定番で。何故、彼が浪人になったかという回想があって、この理由がまた今までの時代劇になかった展開でした。

 それと三味線姉弟が旅をしていて、彼らも回想時代で悲劇があり復讐を誓って相手を倒そうとしている。
 それを引き寄せるチンピラがいたりして、話の展開はよくあるもので目新しさがないですがわかりやすい話でよかったです。

 ターミネーターのような座頭市が見れる映画でした。

座頭市

投稿者:オリーブ 2013年10月17日

北野監督の作品として初めて見ました。 音楽、映像、ストーリーなどなど、芸術的でクオリティーの高い映画にびっくりしました。
太刀のシーンは残酷ですが、1カット1シーンに至るまで考えられいて、「残酷」だけど「かっこいい!」。
映画というよりは芸術を鑑賞している感じでした。 かっこよくて面白い、すばらしい作品でした。また観たいです!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

平成座頭市

投稿者:うっちぃ 2013年03月16日

これまでの座頭市のように、声や音の方に耳を傾け目をパチパチさせて周囲をうかがったり、キョロキョロするような視力がない人物の様子はまるでない。歩行時もせわしく杖を動かさない。昭和の砂利道でなく、平成の舗装道路を歩いているかのような市だ。この危機感のなさは、なるほどラストのネタバレでわかる感じ。殺陣シーンは緊迫感があってあなどれない。ストーリーも良く、悪人を見え隠れさせるところが良くできている。

印象を変えてくれた映画

投稿者:かおり 2012年04月12日

この映画を見て、時代ものの映画も悪くないな、と、思うようになりました。勝新太郎の『座頭市』が見たいです。どこにも見つからなくて…。

たけし流

投稿者:レオ 2012年03月21日

楽しいとか、面白いとかいうような種類の映画ではありませんが、北野武監督の独特の美意識がうまく表現されている作品だと思います。ストーリー的には、あまり面白みを感じませんでしたが、武流の独特の映像の流れは良かったです。

レビューをもっと見る・投稿する