都市伝説の女 Part2のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

夜中ドラマっぽいゆる~い感じ

投稿者:Sarah 2015年02月06日

夜中ドラマっぽいゆる~い感じがいいです。仲間由紀恵のTRICKと雰囲気が似ています。
都市伝説がらみの事件を解決していくのですが、長沢まさみの真っすぐのびた美脚と、コスプレも楽しめます。

備忘録

投稿者:不肖人の備忘録 2014年12月29日

こちら「準新作」(12/29)、あちら@10 

都市伝説、キターッ!!

投稿者:kazupon 2014年01月31日

長澤まさみ演じる美人刑事・音無月子は、都市伝説オタクで、都市伝説にまつわる事件に遭遇すると「キターッ!」と満面の笑みを浮かべる。
都市伝説の定義っていうのがよく分からないけれど、“世間に広く出回っている嘘か本当か不確かな話”程度の解釈でいいかな?
Part1も時々観てたけど、ドラマで扱われる都市伝説は、合わせ鏡の怪談、ドッペルゲンガー、高尾山の天狗伝説、座敷童子、富士の樹海伝説、六甲山や羽田空港付近に多いUFOの目撃、トイレの花子さん、13日の金曜日の起源となった北欧神話など多岐に亘っている。
たまに狼男やドラキュラなんていうのもあったけど、そんなのも都市伝説なの?
月子の助手としてこき使われているのが、鑑識課の勝浦洋人(溝端淳平)で、溝端君といえば、別のところでは工藤新一として探偵で頑張っているのでちょっと笑えちゃう。
この鑑識の勝浦くんは月子にゾッコンで、いい具合に利用されているんだけど、それでも幸せそう。
Part2では、月子のために設立されたような「非科学事件捜査班(UIU)」にちょっと不思議な事件が回されてくる。
UIUの班長は丹内市生(竹中直人)で、「鬼の丹内」と呼ばれる昔気質の刑事ながら、彼もまた月子に振り回されている。
都市伝説が絡んだ事件を解決する物語ではあるけれど、謎解きよりも月子のスラリとのびた美しい脚と彼女のファッションを楽しむためにあるドラマ。
女性ファンも男性ファンも虜にしてしまうくらい澤田まさみの美しさ、可愛らしさ、天真爛漫な部分が十分に活かされている。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する