ドッグヴィルのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
8723

観たい人
9292

投稿者:ichita 2020年10月27日

無い壁が見え、見えない景色が見えてくる。

人々の猜疑心や妬みや嫉みが、グレイスをいたぶることによって徐々に優越感に変わっていく様も見えてくる。

終盤の展開は、平和だった村にグレースが揺さぶりをかけ審判したかのよう。

ん、そもそも村は平和だった?

投稿者:りんちゃん 2020年10月25日

【女が辿り着いた村"ドッグヴィル"】
《2020年256本目》
何者かから逃げてきた女性が辿り着いた村"ドッグヴィル"。そこで匿りつつ生活をしていくんだけど……衝撃的すぎる(笑)

まず、始まりから177分間全てが舞台の上。ドアも仕切りもない舞台上。
その舞台上だけで話が進んでいくんだけどストレスハンパないな!!
村人への嫌悪感MAXだし胃がキリキリしたわ

ニコール・キッドマンの体を張った演技もよかったし、場面がまったく変わらないのに気づいたら終わってた。。。見入ってしまったよ(*´-`)

投稿者:パペポ 2020年10月22日

キタナイ、ミニクイ
人間ってそんなもんなのか
なんとか、いつか、改心して欲しいという希望をもちながら最後まで観たけど、、救いようのない人たち
それが人間なのかなぁ、、

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

人間とは

投稿者:daichan 2019年12月01日

天使でもあり悪魔でもあり
賢者でもあり愚者でもあり
万物の霊長でもありただの動物でもある
というのはグレースにも村人にも当てはまるのですが
人間は二種類に分けられる
権力を持ったごく少数と、持たない大多数とに
って感じでしょうか
いや、少数の美形と、大多数のブサイクとに
でしょうか

肌に合わない

投稿者:塩胡椒 2019年02月17日

ちょっと苦手。
観るの無理。

苦痛

投稿者:趣味は洋画 2017年04月15日

苦痛です。ハッキリ言って、この流れで3時間弱の鑑賞は息苦しい。
勿論、評価の分かれる典型的な作りですが、「映画」である以上、「美」へのこだわりも見たかったワケであります。

最低限の家具、壁の一部、ベンチ、ホントに寂しい造りに、白いチョークのようなもので書かれた(?)白線。シーンによって多少の備品が登場するものの、舞台劇でももっと華があります。

そもそもドッグヴィル(犬の町)が実在しない町だから、このようなセットにしているのでしょうか。それとも奇をてらう?...監督の狙いが理解できませんでした。
仮に、理解できたとしても、やっぱり「面白くない映画は、面白くない」んですね。

プロローグと9つのエピソードを、名優ジョン・ハート(今年1月末亡くなられ合掌)が紹介していきます。
ラース・フォン・トリアー監督作は、96年「奇跡の海」を観ています。良かったです。
本作は、ローレン・バコールが存在感ある演技で締めているのが救いでした。
ラストの僅かながらの盛り上がりとともに...

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

拍手!

投稿者:ヒロ 2012年03月26日

独像的な映像がすごいです。3時間くらいある作品ですがいろいろ考えされられる内容で見ごたえありました

記憶に残るかも

投稿者:クロぇ 2009年10月29日

セット無しの白線で書かれた映画に思わず拍手。概念にとらわれないアイテ゛ィアは、この作品の面白さをより引き出してる。人間の甘さ愚かさ欲望が全て詰め込まれているから、忘れた頃にまた観たくなる映画です。

ある意味コメディ

投稿者:人似鳥 2005年11月27日

閉鎖的な村に生きる人間模様を描きまくってますよね、しかも垣間見るどころか透けてるし(笑)いろいろ考えさせられますね、秘密を共有した人間群ってコワイな

レビューをもっと見る・投稿する