ハンガー・ゲーム2のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
19754

観たい人
2287

投稿者:パグレ 2019年02月19日

①ハンガーゲーム
②ハンガーゲーム2 ←いまここ
③ハンガーゲームFINAL:レジスタンス
④ハンガーゲームFINAL:レボリューション
順番に見ることを前提にして作られている作品です。
前作で説明済みの設定(世界観など)については「皆さん既にご存知ですよね」といった感じの扱いなので、順番に見ましょう。

率直な感想としては・・・前作のほうが面白かった。

前作は1本の映画として成立していたけれど、今回は完全に「中継ぎ」のような作品になってしまっている。
更に言うと、主人公カットニスの人間性や価値観などのキャラクターが前作と本作で少しブレてしまっているような気がする。映画の公開日としては前作から1年3か月の間をおいて本作が上映されたわけですが、私は2夜連続で見たからだろうか?昨日会った人が今日会ったら別人格になっていたような違和感を覚えてしまいました。
吊り橋効果があるにせよ浮気症が過ぎませんかね?
ピーターくんにとっては命懸けでゲットした棚ぼたラッキーだろうけども。

とはいっても、良かった点も数多くあります。
例えば「それぞれの登場人物に愛着がわく」ってのはシリーズモノならではの長所と言えるだろう。
このシリーズは化粧がケバすぎる貴婦人や笑顔がまぶしすぎるチャーミングな番組MCなどなど濃厚なキャラの登場人物が多く、彼ら彼女らが前作から引き続き続投しているのを見ると、何とも言えない絶妙な居心地の良さを感じることができます。
クソ大統領も相変わらずの嫌なヤツっぷりで、コイツが苦しむさまを早く見せてくれと続編への期待も高まります。シリーズモノだからこそ活かせるギミックをしっかり押さえることは出来ていると感じました。

投稿者:ヤドラト 2019年02月16日

1作目と同じ感想なのだけど…

ゲームが始まるまでが長い。

映画自体も長い。


疲れたけどせっかくだからシリーズ最後まで追いかけよう。
あと1作だもんね。
と思ったら4部作なの!?

ひいい。

投稿者:1ssey 2019年02月14日

1より質は上がった。予算も増えた。
が、それにしても長えし、民衆の前に立つ似たようなシーンが多い。
丁寧過ぎるほどの前置きかと思えば、当事者たちの心理描写は妙に淡白に進行していくし、比重がなんだかなぁ。おそらく、ハンガーゲームを見る映画ではなく、革命vs政府の材料の1つがハンガーゲームである映画ということなんだろうけど。

ピーターは相変わらずケツアゴが気になってちっとも頼りない感じだし、ゲイルもフィニックもなんかハマらない顔。
逆にジョアンナのツンデレ風は素晴らしい。

ラストはちょっとしたサプライズで、一応シリーズとしてのモチベーションは高めてくれるし、及第点か。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

オーダーメイドと既製品

投稿者:みなさん 2018年02月23日

『ハンガーゲーム』の2作品目。『FINAL』シリーズに続く作品なので、登場人物の整理と状況の説明に費やされている。だから、ストーリーはあまり進展しない。それに、正直なところ、前作ほど映像の心地良い緊張感がなく、あまり面白くない。(前作は、全編通して映像に適度な緊張感があって、長尺も気にならなかった)

――第74回ハンガーゲームで勝者となったカットニス・エバディーンとピーター・メラーク。 2人は各地区への凱旋ツアーに駆り出されるが、第11地区でのスピーチが図らずもキャピトルに対する抵抗の意思を助長してしまう。
事態を重くみたスノー大統領は、第75回ハンガーゲームを、嘗ての勝者たちによって開催することを決定する。それは、各地区の住民たちだけに限らず、特別待遇の勝者たちにも不満をくすぶらせることになる。
そして、当然の如く、第12地区の代表として、カットニスとピーターが選ばれる。それは、カットニスを殺すためのスノー大統領の策略だった。
……というお話し。

監督が、キアヌ・リーブス主演の『コンスタンティン』やウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』のフランシス・ローレンスに交代。そのせいか、映像に締まりがなくなってしまった。なんでゲイリー・ロス監督じゃないんだ?
本作品を失敗作だとは思わないが、どのカットもコンマ数秒長い気がするし、カメラの動きにもタメがない。ロングショットとクローズの緩急にもセンスがない。例えれば、1作目がオーダーメイドだとすれば、本作品は良く出来ているとは思うが、既製品っぽい。そんな印象が拭いきれない。残念だ。(溜息)

そう、メインキャスト全員が続投しているが、脚本も撮影も1作目とは別人が雇われている。この辺りが、私の気に入らない由縁かも知れない。
ただ、製作陣が優れているのか、作品のトーンは保たれている。まるで、1作目から日をおかずに続けて撮影したかのようだ。その点は見事だった。

もう一つ、見事だったことは、主人公のカットニス・エバディーンが、嫌な女の子になって行くところ。冗談ではなく、そう思っている。(笑)
彼氏がいるのに、ハンガーゲームのパートナーであるピーターとは恋人同士を装い、手をつなぎ、キスをする。ベッドの上で添い寝(?)をして「何があってもピーターを助けて」と、教育係のヘイミッチを恫喝する。
「お前、ナニサマなんだよ!」と何度もツッコミを入れてしまった。
なのに、カットニスは抵抗の象徴に祭り上げられて行く。やはり、嫌なヤツほど主人公に相応しいってことだな。(笑)

本作品からフィリップ・シーモア・ホフマンが出演。新たなゲームメイカー役だが、いまいち生彩さに欠けていたような気がする。スノー大統領を手玉にとる様子をメリハリよく描いて欲しかった。

本作品を観ないと、『FINAL』シリーズが理解できなくなる可能性があるので、まずはオススメってことにしておきましょう!

再び生き残りをかけて

投稿者:なゆ(21)デンゲリ 2017年11月24日

 意外な続編。
 っていうか、どうなんだっていう内容。

 過去にない結果だった前回大会で、一躍有名になった2人は、相変わらず忙しそうでしたが、正直どうでもいい。

 第75回の記念大会として、過去の優勝者たちが参加してのハンガーゲーム。

 これまた癖がありそうな人たちがいるわけですが、別にそこまで描かれるわけでもない。
 いつの間にか死んでいる感じが強い。

 結果も、装置の破壊で強制的に終了になった感じだし、まともなゲームは行われていないよね。


 で、中途半端に謎だけ出して、完結編に続ける――よくない典型的な続編だった気がする。

”パネルクイズアタック25”は通常回の方が面白いと思う!

投稿者:伝衛門 2017年09月12日

前作『ハンガーゲーム』を鑑賞した際に、大会主催者の思惑で
コロコロとその都度ルールが変えられていくシステムが気に入らず、
今後このシリーズ作品は観ることはないだろうと考えていたはずなのですが、
3年も経つと忘れており手にしてしまった次第…(・・。)ゞ

前作『ハンガー・ゲーム』で優勝したカットニスは、ルール改定で共に生き残ったピータと共に、
優勝の凱旋ツアーをしていた。
民衆らの抱く彼女への尊敬の念を危険視したスノー大統領は、25年に一度の記念大会と称し、
これまでの歴代勝者達に出場させ、カットニスを抹殺しようとするのでした。

またしてもルール変更…(・・。)ゞ
しかも、ここまでの道のりが長い…
そして大会そのものの趣旨が変わってきている…

実は、この趣旨が変化してきていることがポイントになってくるわけですが、
この後の2作品を考えると億劫になってきます…(・・。)ゞ

チャンピオン大会というと、40年以上の歴史を持つ”パネルクイズ アタック25”が思い浮かびますが、
クイズ性とゲーム性のバランスを楽しもうとすると、通常回の方が断然面白いように感じます。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

最高の予感

投稿者:イギー 2018年11月17日

ずっと気になってた作品だったけどあまり続き物は苦手な方なので見たなかったのですがレッドスパローを映画館で見てからジェニファーに興味がわき鑑賞、今2まで見たけど私の意見は最高の作品だと思います!レビューを見てるとつまらないとか暗いとか言ってる人がいますがそれはこの映画の本質を理解せずにゲームと言う言葉にまどわされ誤解してると思う、卑劣で最悪の暴力的権力に立ち向かう弱く貧しい群衆の話だと思います。中には青春とか恋愛とか言ってる人もいますがそんな軽い内容ではないと思います!1も2も何回も涙が溢れてしまいました。3、4を見るのが楽しみです!

やっぱり好きじゃない

投稿者:猫娘 2015年06月07日

前作よりは少しいいがやっぱりこの世界観は改めて好きじゃないなんかモヤモヤして物足りないと思ってしまった。
話のあらすじは面白いのになんかもったいないと思ってしまった。

更に・・・。

投稿者:ナベちゃん 2014年07月07日

前作より更につまらなかった。

レビューをもっと見る・投稿する