ハニー・トラップのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

誰が味方で 誰が敵なのか

投稿者:kazupon 2014年06月04日

2013年10月~12月までのTVドラマ。
主演:AKIRA(美山悠一役)

新素材「グラフェン」の情報を巡る産業スパイの物語です。
総和物産の先端材料事業部の美山悠一は、グラフェンのプロジェクトの責任者でしたが、情報を漏洩した疑いをかけられます。
グラフェンの研究者である小野寺教授は何者かによって殺害され、開発中の大事なデータも奪われてしまいます。
怪しい人物だらけで、美山からデータの在り処を聞き出そうとする謎の男たちの拷問が残酷で目を背けたくなります。(爪と皮膚の間に針を刺すetc)
同じ会社の経理部の遠藤なつみ(仲間由紀恵)と美山は婚約していましたが、このなつみも非常に怪しいです。(ハニー・トラップ?)
その他にライバル会社の穂積(小澤征悦)、大洋国際特許事務所の所長・小林(高嶋政伸)、荒井(池内博之)、中川薫(内山理名)、中国の「ジミー・ウォン」の関係者・天音幸(武田真治)などが主な登場人物で、最終話までハラハラドキドキの展開です。
時系列を行きつ戻りつしながらのアクションと拷問の連続でした。
主役のAKIRAの演技も「GTO」の時に比べたら進歩していますし、仲間由紀恵は、謎めいた怖い女が板についています。
高嶋政伸が悪役でなかったのが意外でした。
最近の役柄や今回の変な髪形から見て、最後まで私は怪しんでいました。(笑)

AKIRAのファンの方へ・・・鍛えられたAKIRAの腹筋が見られますよ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する