アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダーのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.5

観た人
179

観たい人
118

投稿者:フェアにアンフェア 2019年08月14日

このカバーを見て視聴して文句を言う。もはやイジメだな。デブを無理やりリレー選手にして足が遅いと罵るような行為。

投稿者:りょーた21歳 2019年06月25日

⚫︎物語⚫︎
ドでかチアリーダーエロ日記です。

⚫︎関心⚫︎
予告で面白そうと思い鑑賞しましたが、やはり終始退屈でした。

⚫︎映像⚫︎
所々チアリーダーのエッロティックシーンだけ見入りました。

投稿者:norim 2018年05月20日

B級映画というのは世の中に沢山あって、それはそれで味があって好きなのだが、この映画はそれですらない。言ってみればC級映画。見るだけ時間のムダである。

ストーリーは冴えない理系女子がチアリーダーになりたくて研究中の成長促進剤的な薬を注射したところ巨大化してしまう話。キャストも特撮もすべてにおいて均等に見るべきところが何もない(笑)。逆にスゴイ。

じゃあ見て後悔したかというとそうでもない。こういう映画があるからこそ素晴らしい感動的映画があり、愛すべきB級映画があるんじゃなかろうか。人間たまにはどーでもいいことをしたくなったりしますよね。アレです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

特撮ヒーローものは巨大化する前までが好きなのですが…

投稿者:伝衛門 2018年03月21日

いくら地味で控えめな役を演じようとしてみせても、
もともと綺麗でスタイルの良い女性では隠しきれないもの。

昨年のTVドラマ『人は見た目が100パーセント』で主演である桐谷美玲さんの演技に
説得力が生じなかったのもそれが原因だと…

メガネをかけて文系バリバリの地味な役を演じてみせても隠し切れないものが
あるわけで、劣等感を抱いていたヒロインという設定もかなり苦しい…

そんな彼女が禁断の開発途中の新薬を自分に注射したところ、
翌日目覚めると美しい女性に変身!

たちまち男子学生から熱い視線が注がれることに…

しかし、当然ながら副作用があり、タイトルの通り巨大化…
しかも、ロジャー・コーマン制作なので、当然ながらまず巨大化するところは…

男性向けのある意味期待通りの作品かと…(笑)

合わせて見ようアタックオブザジャイアントウーマンw

投稿者:danna 2014年09月23日

妖怪巨大女の流れをくむ映画です、まぁタイトルからしてアタックオブザ50フィートですからねぇ…
というよりもアタックオブザ60フィートセンターフォールドことアタック・オブ・ザ・ジャイアントウーマンをリメイクしてると言っていいくらいです。
ヌードモデルがチアガールに変わっただけで… 製作総指揮したのはロジャーコーマン本人で流石B級の帝王とでもいうべきか。

本編よりもトレーラーやコマーシャルの方が面白そうでした、それでもセンターフォールドより若干特撮面でパワーアップしてるようですが、
本家の妖怪巨大女や、そのリメイクであるダリルハンナのジャイアント・ウーマンには届いてはいないようです。

アタック・オブ・ザ・ジャイアントウーマンとジャイアント・ウーマンは旧作で残っているようですので、ぜひ見比べてみて下さい。
時間の無駄感は半端ないでしょうが、何か変な扉を開いてしまえるかも知れませんよ?

見上げればそこには巨大な小萬恋次郎

投稿者:恋次郎 2014年07月14日

「アタック・オブ・ザ・キラートマト」のような侵略コメディかと思いきや、「アニマルハウス」的ICU大学内のすったもんだが意外とちゃんと展開します。

巨大化の原因は、よくある企業支援の研究開発から。そして、ロジャー・コーマン御大の製作なのでサービス精神はたっぷり。

ヒロインのライバルとのトップレスによるキャットファイトもシャワーでの全裸も学内でのチョメチョメも惜しみなくサービス、サービス。

たぶんこの作品は本国では3D仕様だと思われます。「ピラニア3D」同様に飛び出すおっぱいなのであります。

巨大化する人間は「原子人間」(タイトルが思い出せないよ)か我らが「ウルトラQ」でも慣れてますが、やはりガリバー願望があるんでしょうね。

ラストのオチもガリバーが次に行ったとこかな(笑)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する