モナリザ・スマイルのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
2691

観たい人
2069

投稿者:chi 2019年12月11日

ファッションと女子寮の雰囲気がかわいい。
生徒それぞれの恋愛模様とか性格とかそのせいで起きる衝突とか女子ならあるある〜!ってなれる。今でも格差はあるし古い考えの大人はいるけど選択肢が平然と与えられてて進路も自分で選べる環境に感謝しようとおもいました。

投稿者:Marina 2019年12月11日

1950年代のアメリカを描いた作品でその当時の社会問題に触れながら描かれている
女性にとってのなによりの名誉は結婚をすること
そのため学校は彼女たちにとって知識と教養を身につける場所
そんな概念を壊した映画
女性の生き方も自由だってことを教えてくれる

投稿者:バタコ 2019年11月26日

美術とは何か、学生たちと一緒に考えてしまった。よい講義でした。女性が人生で自由に選択するために悩み苦しむ。幸せとは何か考えさせられました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

女性たちはいつの時代も輝いている

投稿者:ykk1976 2010年09月07日

1950年代のニューイングランド地方。
古くからある街並が息を飲むほど、美しいです。

名門と呼び声高い女子大ではあるが、
在籍中に結婚したら、授業の出席は家事優先だったり、
卒業後の進路は、なんとか在学中に指輪をもらい、卒業後は
よき妻よき母となることがよしとされています。

この映画は、ファッションや音楽がとてもステキです。
学生たちが着ている、落ち着いた色合いのトラッドにパールをあわせたスタイルにため息が出ました。
音楽は、エンディングの最後までぜひ聞いて欲しいくらいです。

キルティン・ダンスト、ジュリア・スタイルズ、マギー・ギレンホールなど、今旬の女優さんたちが輝いています。

7点満点中

投稿者:ビリケン 2010年04月06日

1点

セピアな感じ

投稿者:" 2009年02月12日

画面いっぱいにレトロな魅力があふれています。

内に熱い心を秘めた大人の女性、
まだ若くて目の前の幸せだけで
頭がいっぱいの女性、
ワケあって複雑な境遇にまきこまれる女性、
等々とても奥行きの深い人間模様が見えます。

紆余曲折の先に、
明るい意欲で満たされるような、そんな映画でした。

この映画は、女性のファンが多いんではないでしょうか。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

深かったです。

投稿者:りんじゃぶ 2012年04月11日

4点つけるほどのおもしろさはないかもしれない。
でも深くて、考えさせられる映画でした。なので4点。
女子のための映画でしょうね。

50年も昔の女性たちと社会はこうだったんだと知ることができます。アメリカのですけどね。日本も似たようなものだったでしょう。
それを知った上で自分の母親・父親世代の人たちを見直すと、そりゃ〜考え方も価値観もなにもかも違って当たり前だな・・・と妙に納得するところがありました。

ジュリア・ロバーツには素直に感情移入して応援してしまいましたし、学生たちもそれぞれ個性があっておもしろかったです。とくにジゼル役のマギー・ギレンホールがお気に入りです。

女性の魅力

投稿者:よっしー 2012年01月07日

1953年、卒業したら家庭に入るだけを教えられた生徒達に新任のキャサリンは、自分達で考え、家庭と仕事は両立出来ることを教えます。力強いメッセージと色鮮やかなファッションが女性の魅力を引き出しています。

学園ものー

投稿者:めびうす 2005年02月07日

結婚=ゴールインではなく女性にもいろんな可能性があるわけだし、いろんな道や進路があるのよって・・・そーいう事を言いたかったんじゃないかなーたぶん。最後のジュリア・ロバーツが学園から去るシーンで自転車に乗って手を振る卒業生たちが印象的。

レビューをもっと見る・投稿する