武士の献立のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
6366

観たい人
1686

投稿者:Yuja 2020年11月27日

思っていたより面白い映画だった。夫に尽くしすぎ感はあるけど、それが昔の妻の生き方だったのかな。お料理もっと頑張ろうという気持ちになった。さよと一緒になって〜なんてちょっともうなんか今更感あるしどうなのかなと思ったけど、よかった。伝内以外みんな性格が好きじゃなかったけど、絵も音楽もよかった。
エンディングの曲は他のレビューにもあった通りミスマッチ。現代風すぎるし、何いってるかわからないし。

投稿者:みゆきち 2020年11月26日

初鑑賞。

加賀藩台所方の舟木伝内に料理の腕と味覚を認められ息子の嫁にと頼まれた女中の春。一度は断るも伝内の強い希望で舟木家の次男安信のもとへ嫁ぐことに。
実際に江戸時代にあった加賀騒動、実在する包丁侍をモデルに描く夫婦の物語。

舟木家は長男を流行り病でなくし、次男の安信が急遽お家を継いで包丁侍となるが、実は安信は包丁より刀に未練を残しており料理の腕はからきしダメ。そんな安信に春が料理指南をし台所方として育てていく…。

豪華な料理、そして豪華なキャスト。
上戸彩さんがとても可愛くて。そして高良健吾さんが少し初々しい。
この時代でも離縁ってあるのかあ。うるさい生意気だから離縁されたと言われてるけど、全然そんな感じじゃあなかったけどね。やっぱりこの時代の女性は男性より一歩も二歩も下がって黙ってついてこい的な扱いが美徳だったのかなあ。

ゆべしが作品内で出てきたけど食べたことなくて、どんなものかググってしまった。クルミとか柚子とかあるんだね。作品内で出てきた柚子のやつたべてみたいな~。

投稿者:ぶどう 2020年11月25日

11/30 評価を0.3ポイントダウン。

上戸彩がかわいい!
しみじみとしたいい映画だった。
高良健吾の、次男坊の甘ちゃん年下夫が似合っていて、そこにかわいらしい姉さん女房の上戸彩がぴったり。
江戸時代の加賀藩での城主へ供される料理や、武家の家庭での料理が惜しみなく画面に映り、興味深く視聴した。時代物が好きだが、武士の抗争や斬り合いに興味がない私にはとても楽しい映画だった。
ただ、終盤がちょっと残念な気がした。上戸彩演じる春が、あまりに自己犠牲しすぎな気がした。時代物なので現代の価値観で考えたらダメなことはわかっていても、あまりに春の描写がおっさんドリームというか。時代物の女性の定形すぎて残念だった。また、エンディングの曲で台無し。曲はいいけどこの映画に全くあっていない。あんな結末にするなら、もっと余韻が残る時代物にあった曲でよかったのではないか。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

★チェック

投稿者:★チェック 2020年07月27日

★チェック

もうちょっと明るい話かと思っていたが・・・

投稿者:チキンハート 2020年05月18日

感想・概略:予想していたよりも深刻な武士の世界の話がメインストーリーなので暗めの展開。出てくる料理は美味しそうだったけど、やっぱり地味

対象年齢:子供~大人(残酷場面なし。H場面なし)

食事中に見られるか:大丈夫

キャストが悪すぎる。脚本もちゃんちゃらおかしい

投稿者:勇光 2020年04月20日

上戸彩がめんこかったが、武家の妻になっても娘ッコが着るような着物を着ていたのが気になった。お歯黒までしなくてもいいが、もうちょっとシブイ柄の着物を着るべきだろう。その夫役の高良って兄ちゃんはイヤな顔だった。剣術の使い手となってるが裸になったら筋肉ゼロで刀を振れるようには見えなかった。その昔の恋人役の成海璃子ってのはこの映画の撮影時は19歳くらいだったのだろうが、デブでブスでとてもファッションモデルには見えない。演技もへたくそで表情が冴えない。なのに映画の中ではベッピンさんとして語られていてヘンだった。
ヘンと言えばストーリーもヘンだった。料理の話を期待したのだが加賀前田藩のお家騒動の話で、血なまぐさいシーンはないものの血なまぐさい話だった。
ラスト近くのクライマックスらしきところに出てくる料理は立派そうだったが、旨そうには見えなかった。金沢の料理は美味しいはずで、ワタミの料理でさえ美味しかったのだが、その旨みは伝わって来なかった。
眠くはならなかったが、最後の方は早く終わらないかなあと思い、エンドクレジットが出たら即座にストップボタンを押した。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する