Ray/レイのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
5085

観たい人
2285

投稿者:苺 2019年06月13日

レイチャールズのストーリーだけど、ジェイミーフォックスの演技素晴らしかった!
子供の頃から目が見えなくてどれだけの苦労と辛さがあっただろう。
差別も多い中で才能が認められていくわけだけどドラッグや浮気などを繰り返してどんどん酷い生活になってしまう。
そんな中でも家庭を守ろうとする奥さん、女神みたいだった。
彼のトラウマは成功してもずっと消えなくて苦しんでいたと思うと切ないです。

投稿者:Satoho 2019年06月11日

数時間の映画では語れないほどの不幸があっただろう。健常者の自分には想像もつかないことだ。彼の母親の強さに心が疼いた。あと彼に音楽を授けてくれた事に感謝した。

投稿者:sawaD 2019年06月08日

見える人達は決して敵わない、レイの聴力。弱者に見られないよう、強く振る舞う反動として、ヘロイン中毒に陥る姿はなんとも言いようがなかった。許せない行為に耐え続けて、子どもを守り続け、レイを支え続けた奥様の芯の強さに拍手。

Hit the Road Jackがあんな風に出来上がった曲だとは…。生活の全てが音に繋がる、そんな彼の人生を表した、良き音楽映画でした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

すごい人生

投稿者:mn 2015年12月31日

先天的な障害ではなかったことは、この映画で知りました。SWとは違うんだ。それはそれですごい人生。各名曲にいろいろなエピソードがあったことはとても興味深かった。最後にWe are the world. でも入っていれば、もっと幅広い世代にも受けたのではないでしょうか。

レイの音楽と人生は素晴らしい(ヘロインとツアー・ワイフが居ても)

投稿者:カマンベール 2015年09月11日

伝記映画以上の素晴らしさでした。
RAYの音楽が素晴らしい。映画の中で20曲(サワリかもしれないけれど)くらい聴きました。飽きなかったです!
YouTubeだと次々と曲もジャンルも変えちゃう飽きっぽいワタシが、ぜんぜん飽きませんでした。
それだけ良い曲揃いなのと、RAY自身が、凄い幅広いジャンルの曲を作っているのですね。
映画でも次々と新しいジャンルに挑戦する!

JAZZ、R&B、ゴスペルと融合、カントリー・ソング。
そしてソウルの神様と呼ばれている。

だから、曲は常に新鮮。やはりシャウトすると、こちらは燃えますね。同じジャンルにRAY自身が1番飽きたんじゃないかしら?
モチロン、ファン思いで、常にミリオンセラーを狙って・・・です。

世界中をツアー・コンサートして歩くスターの生活・・・。
移動(飛行機に車中)着いてリハーサル。コンサート本番。

どうしようもないほど興奮していると思います。

酒、女、ドラッグ。ウ~ン・・・なんか仕方ない気がしますよね。
観光も食べ歩きも無いですもんね。

余談ですが、ハリウッドスターがプロモーションに来日した時、食事とホテル以外に最も大事なセッティングは『一夜妻』だそうです。
(これってホントらしいです・・・)

しかしRAYは1965年にはヘロインを断つことに成功します。
12人の子供と20数人の孫。家庭を守りました。

それにしてもジェイミー・フォックスは乗り移ってましたね。
準備に掛かった15年間はジェイミー・フォックスが登場するのを待っていた時間でした。
監督さんがヘレン・ミレンの現ダンナ様とは?

人間賛歌とも言えるRAYの生き様と音楽でした。

Things happen for reasons

投稿者:越前 2015年09月04日

この映画の制作費を工面するのに 15年も費やしたそうですね。
その間絶望的な時もあったはずなのに、情熱、希望、忍耐・・・監督やスタッフ達、よく持ち続けられたものです。

15年。
監督が映画化の許可を得るために レイ本人に会ったのが1988年だそうなので、
この年生まれた子が中学3年生になっているという計算ですよね。もちろん世紀だって変わってる。
うーん・・・長いです、ツラいです、苦しいです。
でもこれが、この作品のベストな準備期間だったんですね。
なぜなら監督も言っていたように「あの時作っていたら、ジェイミーに会えなかった」んですから。

「Things happen for reasons.」物事には理由がある。

メイキングを見ていたら この言葉がふと浮かびました。
これは『海辺の家』でジョージ(ケヴィン・クライン)が息子に言ったセリフなのですが、
偶然にも つい最近観た『ナイト&デイ』でも同じセリフがあったので、ちょっとびっくり。
で つまりはそういう事、なんでしょうね。この映画がクランクインするのに15年もの歳月がかかった、本当の理由って。

レイを演じることができるのは ジェイミーだけ。
レイと魂をひとつにできるのも ジェイミーだけ。

そういう事なんです、きっと。

人生で起こる苦しい事・辛い事にはちゃんと理由がある。
そしてベストなタイミングで、自分にとって一番必要なものが必ず見つかる。
フイルムの外にさえ そんな優しいメロディが流れているようでした。

だから私も、その時が来るのを今はじっと待ってみようと思う。
BGMにはレイの、あの明るくて、ちょっとべらんめえ口調な独特の歌声を聴きながら。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

すごい

投稿者:ヒロ 2012年03月28日

レイ・チャールズの人生がよくわかります。ピアノをあそこまでひきこなすだけでもすごいのに盲目なんて凄すぎます

傑作です!

投稿者:KozueBreezzy 2011年08月23日

シ゛ェイミ-本人が名門シ゛ュリアート゛を卒業しているだけあって、ピアノを弾くことは全く問題ないと思いますが、本当に目をつぶって弾いて演技したことを知り、シ゛ェイミ-のプロ魂に感激しました!Ray本人からも絶賛されたという事ですが本当に素晴らしい作品です。個人的にはヘ゛ートーウ゛ェンの月光を弾くシーンが好きです。

びっくり

投稿者:チカ 2005年09月13日

びっくり。ジェイミー・フォックスさん。レイ・チャールズさんが生き返ったのか!と思いました。
「ドアーズ」(1991年)のバル・キルマーさんもすごかったですが。。
The Lost Concert(1972イスラエル公演)やLive at the Olympia(2000年フランス公演) などのミュージックDVDもご覧になるといいと思いますよ。

レビューをもっと見る・投稿する