イン・グッド・カンパニーのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.2

観た人
117

観たい人
132

投稿者:Chihiro 2020年01月09日

スカヨハ作品32/52作品目
特に深さとかはないコメディ?
アメリカの会社とかは実力主義で、即戦力にならないと容赦なくクビとか聞いたことあるけど、昔からの仲間にリストラを伝えることほど辛いことはないだろなあ

2020年2本目

投稿者:QUENZE 2019年08月03日

ある日突然、50代サラリーマンの勤務先が買収された。
かろうじてクビは免れたものの、新しい上司は26歳の若者。
そこから始まるストーリー。
その上司と大学生の娘(スカヨハ)が恋仲に。
と、何の変哲もない展開で進みます。

投稿者:犬 2019年07月23日

シナジー効果

中年ビジネスマンが新たに上司となった青年との反発を乗り越えていく様を描いたコメディドラマ

目標

働くって大変ですね
特に上下関係

仕事をネタに

ロマンスもあり

俳優陣が良かったです

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

爽やかだけれど、やや網羅的

投稿者:hinakksk 2018年05月01日

 原題をいいと思うことは滅多にないけれど、この映画は数少ない例外。周知のように、カンパニーには「会社」や「仲間」の意味があって、「イン・グッド・カンパニー」には「(そんな目に遭うのは)あなただけじゃない」という意味もある。

 共に働く仲間や取引先との人間関係を大切にするダンの勤める会社と、利益至上主義で企業買収を繰り返し、そのためならリストラも容赦なしのカーターの会社、一体どちらがいい会社なのか、どちらが生き残れるのか。あなたの運命はいかに?と問題提起しながら、深く追及するわけでもなく、映画の結論は大甘。

 吸収合併されて経営方針が変わり、簡単にリストラされたり、降格されて息子ほどの年齢の上司の下で働く羽目になったり。やめようにも家庭の状況が許さない。昨今の会社環境では、決して他人事ではないと共感はできるのだが、これについても結末は大甘。

 そのうえさらに家族関係や娘の進学や恋愛問題まで加わって、盛りだくさん。しかしどれもがあっさりと終ってしまい、爽やかだけれど、中途半端でやや物足りない。

 その中でも、仕事はできるかもしれないが人間としてまだまだ未熟なカーターの成長物語がとても好き。家庭のあたたかさを知らず野心家の仕事人間だったカーターは、良き企業人であり良き家庭人でもあるダンとの公私にわたる付き合いのなかで、家庭の大切さや本当の絆を知り、自分自身を見つめ直す。彼の再出発しようとするシーンで終るのがとてもいい。(再出発した姿も見たかったけれど…。)

 

なかなかよい

投稿者:カニ 2012年02月15日

この映画で感じたこと:人生の目的とか信念とか と 自分が天涯孤独であるとかいう環境は分けて考えることが肝要(環境のせいにしない)でした。
(書いててわけわからんけど。)

24時間以内に営業を取ってくる勝負に勝って、ハッピーエンドと思いきや・・・

さすがです。

7点満点中

投稿者:ビリケン 2010年03月23日

1点

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

結ばれない恋もあるんだね。(><)

投稿者:日和 2012年04月11日

ちょっと裏切りがあってよいかも。さわやかでした。(^^) やっぱスカヨハ好き。

レビューをもっと見る・投稿する