劇場版 「猫侍」のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.1

観た人
1614

観たい人
612

投稿者:ひでやん 2019年06月14日

犬派と猫派が対立する江戸に職を求めてやって来た斑目(まだらめ)は、猫の暗殺を頼まれ引き受けるが、玉之丞という猫の可愛さに、斬ることが出来ず家に連れて帰る。

猫好きの自分は、玉之丞に癒される。
ツンデレ気まぐれ屋だが、ツンもデレもかわいいのだ。北村一輝の腹の上で寝るタマがたまらない。

オレの猫もツンデレだ。
撫でると、ゴロゴロしてペロペロと手を舐める時もあれば、ちょ、ウザイ。触んな!て感じでカプッと噛む時もある。だが、かわいいのだ。

あ!これは時代劇だった。
血は流れない、誰も死なない時代劇にゃのだ。安心して観ていられる。

まあ、犬派と猫派が争って、なんだかんだといざこざがあって丸くおさまる話。

斑目の声のまま北村一輝が歌う歌が最高。巻き戻して2回聴いてしまった。

斬るべし!斬るべし!斬るべしぃ~‼

北村一輝の演技、心の声、歌は、相反する言葉を並べて矛盾した表現だけど、
真面目にふざけている。もしくは、
真剣に遊んでいる。そんな感想ですね。
本人が楽しんで役作りをやっているようで、
「スペック」のキャラとしゃべり方が似ていた。

投稿者:kaorin 2019年06月14日

ほのぼのシュールな笑いが散りばめられた気楽に見れる作品。笑

一緒にいると安心する人と一緒にいたいよね〜って思った。

とりあえず猫が可愛いのと癒される。それで色んな笑いにフッと笑える。これはこれでいい作品。

93

投稿者:yu 2019年05月29日

斑目さんの渋い声と 濃い顔とは裏腹の、心の声が かわいくておもしろポイント。
ストーリーはゆったりしてるけど、ほっこりとするラストでした◎

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

おもしろかった

投稿者:ちろる 2017年08月31日

戸次さん、寺脇さんが良かった。俳優さん、女優さん、みんな乗っていて良い。現場は楽しかっただろうなあと思った。北村さんはすごくかっこよかった。
途中ちょっと中だるみしたシーンもあったけど、さわやかな終わり方で、観て良かったと思った。

あなごちゃんはもう、本当に可愛かった。終盤の格闘シーン、ある意味、日本映画界に残るすごいシーンです。あなごちゃん、本当に偉いです。(だけど、評判が良かったからって映画界の皆さん、無理してこういうシーン、撮らないでね。)

玉之丞を演じたあの子たちがいてくれたから、猫侍という作品を生み出すことが可能になったんだね。
北村さんの存在や、企画を考えた人、いろんなスタッフの努力・・奇跡のようにいろんな条件が揃って、この猫侍という一連の作品が誕生したんだなあとしみじみ、感じた。素敵なことだね。

まだドラマ版の方は一部しか観てないから、そちらも楽しみ。ドラマも優しい人がいっぱい出るのかな。期待が高まる。南の島はどうなんだろう・・怖いもの見たさで見てみるかな。

玉、可愛い♪

投稿者:shadow 2016年06月13日

玉の可愛さにメロリン♪(≧∇≦)
常々ツッコミ気質な自分には、ツッコミ処が満載過ぎてとても楽しめました♪
北村さんのファンでもあるので、倍楽しめました♪

猫を片手に

投稿者:こうさま 2015年04月28日

評価70点(100点満点)
動物シリーズで珍しい時代劇設定なかなかユーモアのセンスがある作品。
北村一輝演じる元加賀藩剣術指南役斑目久太郎、今は長屋住まいで傘張りをして生計をたてている浪人者。顔は怖いが心根は優しい。
そんな彼が巻き込まれる犬猫紛争、江戸の町で対立するヤクザの二大勢力が猫派と犬派に別れて対立、互いに相手の親分ならぬ飼い猫、飼い犬を抹殺しようと用心棒を雇い入れるという愉快な設定になっている。
斑目久太郎、昔は100人斬りと恐れられた剣豪ながら今は命あるものは斬れない、無口ながらその心の声は饒舌、テーマ曲もなかなか決まっている。
猫を片手に斬り合うところなど「猫侍」の面目躍如といったところ。
締めの一句も楽しい。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

退屈

投稿者:猫娘 2015年04月21日

主人公の侍があまりに寡黙すぎて魅力がないストーリーの流れが退屈つまらないと思ってしまった

笑ったー

投稿者:るい太郎 2014年08月20日

台詞が面白くて、笑いに笑ってしまいました。北村さんの心の声が特に…。こんな軽い感じの時代劇も楽しいものですね。しかし、北村さんの眼圧の強さはハンパ無い(笑)

レビューをもっと見る・投稿する