ダウン・イン・ザ・バレーのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.0

観た人
324

観たい人
253

投稿者:はるかかなた 2019年03月02日

サイコパスロリコンの話かと思ったけど違った。

西部劇やカウボーイに憧れ大人になっても現代に馴染めない主人公。定職につかずふらふらしているが射撃の腕は絶品。
確かに大人から見たらただの危ない人間に見えるのも仕方はない。しかし虚言癖などの問題はあるけれども彼を受け入れた2人の子供達とは暴力的で高圧的な父親よりよっぽど心を通わせ信頼を得ていたと思う。危なさそうな彼が過去に犯した罪はトーブと逃げる資金を作る為に離婚して自分の元を去った父親の家から物を盗んだ窃盗1件のみ。(しかも置き手紙を残しているが父親に通報されている)
2人の父親に受け入れてもらうことの叶わなかった主人公。1人目は実の父親、2人目は愛した女性の父親。
無職のカウボーイが怪しいのは勿論解るけれど、ウェイドは少しでも理解しようとする事はできなかったのか。
冒頭文明の利器である飛行機とカウボーイハットに手綱を担ぎ新しい街にやって来た主人公の対比を思い出し胸が痛む。

理解され難い社会的少数派に対する世間の対応を描いた秀作だと思う。
この主人公がサイコパスに見える人の感性を疑う。

ロリーカルキンの演技が光っていた。

投稿者:かきフライ 2019年01月18日

嫌いじゃないです。
サイコサスペンスドラマとしては良かったんではないでしょうか? 

でも、これは完全にジャケ詐欺ですね。
表示の写真だけじゃなく、裏に書いてある文章までまるっきり詐欺です。まあ、「ある視点」から見れば愛の物語と言えるのかも?!

この映画を見てスピルバーグ監督の「AI」を思い出しました。
人間社会に適合できない危険な存在として見られるようになったロボットが家を捨て愛を探しに旅にでる。理想と現実とのギャップに苦しむ姿はまさに「AI」です。
ある意味「フランケンシュタイン」の怪物にも似てます。「人間扱いしろ」と叫ぶあたりとか。

冒頭で彼は、何を求めて新しい地に来たのでしょうか。多分、西部劇のカウボーイのようなヒーローになりたかったんでしょうね。

嘘つきだし、頭がおかしいけど、完全に嫌いになれない、ちょっと切ない男の物語でした。

投稿者:mocamovie 2019年01月17日

エヴァンレイチェルウッドが出てるのでとりあえず観ました。
ロマンチックなラブストーリーかと思いきや、後半だんだんと男の裏の顔が出てきて思ってもなかった展開になっていきます。
男は銃で人を撃ち、人のせいにして嘘をつくわ、ロクでもないやつだ…
日本版のジャケットは映画の内容と印象が違って見えます。
映画を観たあと、何かモヤモヤが残ります。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

カウボーイ版タクシードライバー

投稿者:Don Vito(引退) 2010年06月22日

なんとな~く見てみました。以外や以外、結構私好みの映画でした。解説にはメロドラマという言葉を使っていましたが、そんなことは無いと思います。ロバートデニーロの『タクシードライバー』を思わせるようなシーンも何度かありました。この作品ではみんなのエドワードノートンの評価は低いですが、私的には最高でした。

エドワード・ノートン!

投稿者:カズミ 2010年02月02日

エドワード・ノートン好きなので見たんですが。
あまり好みの映画ではなかったです・・・。
暗いし。

あちゃ~!!こんなエドワード・ノートンは見たくなかった。。

投稿者:飛べない魔女 2009年02月19日

この映画で初ノートンという人は、まず間違いなく彼を嫌いになるだろう。。

とにかく、はじめから終わりまで盛り上がりのない退屈な話だった。
ひと目あったその日から恋の花咲くこともある?ってな感じで、目が合った瞬間に恋に落ちた二人。
この頃エドワード・ノートンの実年齢は35歳。
役どころは30歳ぐらいのところか?
それにしても17歳とベットインは犯罪行為ではなかろか?!

で、この男、最後まで謎めいていた。
思い込みの激しい、たんなる異常者と思われても仕方がない。
親なら娘を守るための当然の反応と言える。

一帯何がいいたかった映画なのだろうか?
悲しみとか喜びとか感動とか、全くほど遠い。

唯一の見所は、ノートンの見事な拳銃捌き、それと、くるりと一回転させてから被る小粋な帽子捌き。
相当練習したのに違いないと思う。

どんな役でもとことん演じるノートンだけに、敢えてこんな役はやって欲しくは無かった…(T_T)

ノートンファンにすらお勧めできません!



レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

カウボーイと少女

投稿者:かおり 2012年03月18日

とても乱暴な愛。純愛とは言えないけれど、繊細、で、素直。そして、身勝手。賢いのに、聞き分けのない子供みたいです。 見た後は胸が痛くなりました。

レビューをもっと見る・投稿する