プリティ・ヘレンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
602

観たい人
586

投稿者:MegumiTakahashi 2019年06月14日

コメディかと思いきや人間ドラマ。ヘレンかわいい。愛される人ってこういう人よねえって思う。そしてアビゲイル・ブレスリンかわいい!
辛いこととか、いろいろあるけどがんばろってなるね。
これはなかなか素敵な映画だよ〜。

投稿者:miumiu 2019年03月14日

『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル監督作品。
モデルエージェンシーで働き仕事も恋も自由気ままに謳歌する主人公ヘレン。
姉夫婦が交通事故で急死、遺言で子供たちの親権を託されたことから、3人の子どもを引き取り暮らすことに。

ラブストーリーのコーナーにあったけれど、実際はヘレンの奮闘と家族愛、姉妹愛を描くヒューマンドラマでした。
ケイト・ハドソンの笑顔がキュート。子役がみんな可愛い!
モデル事務所の社長役のヘレン・ミレン様、『VOGUE』のアナ・ウィンターみたいなビジュアルがかっこいい。『プラダを着た悪魔』みたい…と思ったら、この映画のほうが先でした。

叔母としては子どもたちと仲良しのヘレン、育て役となるとそればかりではダメなわけで。
年頃の長女に反発されながら母親らしく成長していく様子、自分自身の姉と対立しつつ理解を深める様子、軽快なテンポながら感動するストーリーでした。

ちなみにfilmarksでは表示されていませんが、『ボヘミアンラプソディ』でジョン・ディーコン役、『ジュラシック・パーク』のティム役でもあるジョー(ジョセフ)・マッゼロが端役で出演、長女の同級生役。子役時代と違って成長している姿が新鮮。美少年! でした。(ただし本当にちょっとしか出ない)

投稿者:ぴぽぱ 2018年12月18日

始まりから終わりまで終始完璧!!
これぞゲイリー・マーシャルワールド
彼は頑張る女性を描くのがほんとに上手
キャストも豪華で子役陣がとても可愛い
ちびっ子アビゲイル・Bに美少女ヘイデン・P✨
とってもキュートでした

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

育児は育自という話

投稿者:チキンハート 2017年07月15日

感想・総評:いきなり親になり、子育てを通して自分も成長する、というよくあるストーリー。数多い似たような作品の中でも普通だと思う。悪人らしい悪人が出ないところはいい

対象年齢:子供~大人(暴力場面なし。H場面もなく、キスシーン程度)

食事中に見られるか:大丈夫

マイタイプの映画ではないけれど・・・

投稿者:カマンベール 2016年05月31日

すんなり最後まで、つまらなくもなく、
かと言って、ググーッと泣けず、笑えず・・・
普通でした。

ケイトハドソンって、なんか演技力とか個性とか、
あんまり感じませんね。
「あの頃ペニーレインと」が、最高にして・・・後は浮名を
流す方にご熱心・・・という感じでしょうか?

映画も姉夫婦が急死して遺された3人の姪や甥を
育てる若い独身女性・・・と言うSTORYです。
やはり可もなく不可もなし・・・
ホントにマイタイプでは無かったです。

ひとは鍛えられて母親になる

投稿者:hinakksk 2015年11月27日

 親であることで何が辛いって、子どもの苦しみや悲しみを代わってやれないこと。自分のこと以上に辛い。そしてときには心を鬼にして叱らなければならないこと。子どもはかわいいので、ついいいよと甘い顔をしたくなるが、子どもに恨まれようと、ダメなものはダメと筋を通さなければならない。

 誰もが最初から立派な親であるわけではない。失敗や経験を重ねつつ子どもと共に成長して、親になっていくのだ。姉夫婦の事故死によって、突然3人の子どもたちの母になってしまったヘレン(ケイト・ハドソン)が、試行錯誤しながら徐々に親の何たるかを学び、母親らしくなっていく過程が重くならず、さらりと描かれている。彼女をサポートする周囲の人々も多士済々で微笑ましく温かい。

 ケイト・ハドソンは、どの映画のときよりもとびきり綺麗で、溌剌としていてとってもチャーミングです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

イイお話

投稿者:イチゴ@Jam9 2014年06月19日

自分はいつか親になるかはわからないけど、親になる前にみれて良かったです
オススメです(*≧∀≦*)

いきなり子持ち

投稿者:かおり 2012年03月23日

ケイトハドソンが好きな人は確実に楽しめます。彼女の可愛さ全開です。ただ、この監督の撮る映画、て、いつも、パッとしない内容だと思います。最後の3番目から、詰めが甘いように感じました。相性が悪いのかしら?

面白い!

投稿者:タロウ 2011年02月18日

この作品は、姉を亡くした姉妹と、母と父を亡くした子供達の描写がよく表現されていると思います。悲しいけど前に進むしかない。家族って素晴らしいなと思わせてくれる作品です。

レビューをもっと見る・投稿する