ドラゴンクライシス!のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

45pts. 【主演】釘宮理恵

投稿者:ヴィル 2012年04月24日

基本的には、ファンタジックな世界。

一つの柱は、
ロスト・プレシャスと呼ばれる剣とか、宝石とか、絵とかが、
何か、力を持っていて、
たとえば、主人公・如月竜司が持っているスラッシュ・ブレスと呼ばれる、
短剣は、彼が使うと、遠くまでさせるような、力を発したり、
あるいは、絵里子が探しているイアリングは、2つ揃うと、
相手の真実の声が聞こえたり、
そういう、普通にはないいろんな力が得られる。

そういう、力を使うことができる能力者を、
ブレーカーと呼ぶ。

もう一つの柱が、ドラゴンの存在。
人間とは、別種だけど、普段は、人型をとっていて、
強大な攻撃力を持っている。
それぞれ、レッドドラゴンやら、ブラックドラゴンやら、
ホワイトドラゴンやら、ブルードラゴンやら、
いろいろ、あって、
火や、闇?や、雪や、水や、
そういうのを、操れて、敵を攻撃することができる。

という設定。
ま、ラノベらしい展開ですね。

基本、いいものと、悪者が戦うストーリーと、
主人公、如月竜司のハーレム設定に、
レッドドラゴンで、幼女っぽい、ローズとの幼い恋っぽい、
物語と、
ロストプレシャス集め的な物語と、
学園ものと、
いわゆる、ラノベ展開の王道的な組み合わせ。

アニメ自体、丁寧に作られているし、
ローズが釘宮ボイスであることから・・・(笑)
ま、鉄板的な造りで、
そこそこは、楽しんで見れるが、
ま、それ以上でも、それ以下でもないというところもあるね。

紆余曲折の結果、普通に面白かった作品

投稿者:ぶぶたん 2011年11月08日

DVD1巻1話
くぎゅが炸裂って友達の話で、どういう話かもわからず借りてしまった件。
オープニングの前のシーンを見て。
「竜司」って名前呼んだのだろうけど。
あの発音で言われると「悠二」と聞こえてしまう。
それは灼眼のシャナやんけ!(自分つっこみ)
確かにオープニングの曲調がかわってて面白い。
歌ってみたくなる感じで楽しい。
男の子2人出てきたシーンで、髪型違うだけで同じ顔! って思ってしまった。
「がんばって~!(小声で)」って応援するシーンに笑う。
また難しい設定の物語っぽい感じだねえ。
こういうのは言葉を覚えるのが大変なんだよなあ。
わからない言葉をわからないなりに楽しめるのが最近のアニメのすごいところ。
トランクの中の不思議な女の子が火を出したりと。
なんだか面白くなりそうな感じではある。
手ごと食われたシーンが笑える。
手の甲に浮かんだ龍のうろことか。
女の子自体がレッドドラゴンだとか。
どんな話になるのかなあという感じ。

2話
まあどんな存在なのか研究者じゃなくても興味出ちゃうわなあ。
ドラゴンってタマゴから生まれる事にびっくりしてたのだが。
そういえば一般的に龍って卵から生まれるよねえ。
誰が考えたんだろうと思ったしだい。
ホビットの冒険や指輪物語からかなあ、よくわからん。
人間の形で卵から生まれるというのは面白い設定だねえ。
すりこみであると結論付けてるシーンが印象的。
ブラックドラゴンきたー!
どれだけ種類出てくるかねえ。
エンディングまでもが珍しい曲調の複合型でなんかだか印象に残る。
次回予告がなんだか面白い感じ。

ドラゴンそのものが結構好き

投稿者:ぶぶたん 2011年10月21日

DVD2巻3話
くぎゅの声かわいいなあ。
卵から出てくる時のシーンがいい感じ。
声を出す事と頭の中で話す時の使い分けがわからない。
流線型の小刀がかっこいい。
ブラックドラゴン本体出てきたねえ。
折れた塔が印象的。

4話
赤き龍の翼がよく出てくるようになったねえ。
てるてる坊主な感じがかわいい。
なんか色んなキャラが出てきたな。
ホワイトドラゴンでも真っ白な性格って感じではないのが印象的。
協会の剣がかっこいい。
まあ未成年には見えない人だわな。
めんどくさいだけで悪い奴じゃない、実際にいるなあそういう人。
おもちゃの剣であそこまで暴れられるのはいいねえ。

オーディオコメンタリー3話
テレパシーで話す意味はわからなかったが。
どうやらテレパシーで話してる時はドラゴン語だという事で。
何かを区別してるみたいだねえ。
3話のアドリブ、非常に気になった。
子供としてのかわいさのような気がするんだよなあ。
なついてくる動物のようなかわいさというか。
台本にも「好き好き好き好き」とたくさん書いてあるってのがうけた。

オーディオコメンタリー4話
女性でも「はう!」などかわいいと思うんだねえ。
結構アドリブ入れようとする感じなんだねえ。
からあげに熱いというのが笑った。
ぎょうざ好きとか楽しすぎだあな。
ブログにパーカー載せるからそれを見てとか笑えるコメンタリー。
基本設定を無視した想像のストーリーが楽しい。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する