縞模様のパジャマの少年のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.9

観た人
16319

観たい人
17125

投稿者:N 2019年07月21日

パブロのシーンはどこもすごく辛かった。
シュムールは本当に優しくていい子だね。許せる事じゃないよ。
グレーテルは悪くない、悪いのは大人だし教育って恐ろしいものだと思う。
真面目って狂気だと思った。

投稿者:may 2019年07月20日



あああああ、
辛すぎてただただ言葉を失う。

母エルサが唯一
人間的な思考を持っていて救われた。


気分が良いときに観るものでもないし、
気分悪いときに観るともっと最悪。


投稿者:Zzz 2019年07月19日

これは悪趣味。友達と別れて退屈に過ごすブルーノは、同い年の友達ができて嬉しかったのだろう。傷ついた友情を取り戻そうとする意志もピュアで尚更、結末の悪趣味さに拍車がかかってくる。
これはホロコーストの悲惨さを伝える戦争映画ではなく、ホラーサスペンスです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

今更それを料理するならもう一味ほしい

投稿者:homu 2017年07月07日

ただひたすら子供がかわいそうかわいそう。…な映画。それ以上でもそれ以下でもない。
題材は使い古されたどころかもう鉄板の域も越え、「またそれか」と言いたくなるようなナチのホロコースト。

「戦場のピアニスト」のように、少しでも変わった視点を発掘したり、何やら映画の一シーンである事を惜しみたくなる程に美しいピアノの演奏がある訳ではない。

「ハート・ロッカー」のように、一切の情緒や主張を切り捨て、全ての判断を観衆に投げ出すような、冷静極まりないドキュメンタリーのような尖り方がある訳でもない。

鉄板だけあってそれなりにセンセーショナルではあるし、人物の演技も決して悪くない、むしろシーン一つ一つを切り取れば美しいと言ってもいい。
だが、あまりにも目新しさがなさすぎる。あまりにも予想を裏切ってくれない。
ただ目の前に見える、よく舗装された道を歩いて行くだけの映画でしかないのは「面白い」とは言えない。

とまぁ、個人的には正直つまらない映画ではある。
ただ、それはあくまで自分から見れば、の話。ナチもホロコーストもよく知らず、そういった映画もあまり見ていない人から見れば、ショッキングで悲劇的な大作として受け取るのかもしれない。

個人的には☆2。上記の初心者向けな点や、往年のハーレイ・J・オスメントを思い起こさせるような、繊細な子役の演技を多少鑑みて☆2.5。

反ナチスのドイツ人に少し救われる

投稿者:alterd 2015年12月14日

予想通り悲惨な最期だった。
しかし、実際はどうだったか分からないがナチス将校の母親や妻でさえヒットラー政権やホロコーストに反対していた描写に少し救われた。

第一次世界大戦後、不況に苦しむドイツ人やバブルが弾けた後の長い不況、GDPで中国に抜かれた事、台頭する韓国経済
そして、中韓による日本の歴史修正主義への批判等で苛立つ日本人による排外主義や差別感情等を理解出来る気もする。

しかし、そうでない人間が何故存在するかだ。
やはり、知性の違いなのだろうか。

因果応報

投稿者:kohey 2015年09月14日

子供の可愛らしいジャケットと取り扱っている題材
(深刻な人種差別問題)でレンタルしてみたものの、
どりらの描写も退屈。
因果応報モノの映画では最低評価を付けざるを得ない出来。


レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

いままでにない作品

投稿者:秋飛 2012年09月02日

見た後に色々と考えさせられる作品。 最後は涙というより唖然… 子役たちの細かい演技や表情がより作品をリアルに感じさせていると思います。

実話ではないが

投稿者:なつ 2012年07月11日

おそらく戦時中は主人公と同じ気持ちを感じた子供達や出来事があっただろう。
ナチスの残酷さ、戦争が子供に与える影響の恐ろしさが痛いほど伝わってくる作品。

見なければよかった、でも見てよかった。
良くも悪くもトラウマになる1本。

面白い

投稿者:つ 2012年05月26日

面白い作品だと思います。

レビューをもっと見る・投稿する