インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク≪聖櫃≫のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
22647

観たい人
3011

投稿者:nainai 2019年08月19日

登場人物全員荒くれ者
武闘派考古学者
オリエンタリズムにナチスに盛り盛りで今こんな映画は出てこないだろうな〜と思った

投稿者:なお過去UPあと半分 2019年08月19日

ナチスドイツが敵

ヘビ嫌いには酷すぎる
インディージョーンズがヘビ嫌いだから、
このシリーズは何かというとヘビが出てくるけど、
この失われたアークが1番ヒドイ

投稿者:かめさん 2019年08月16日

スティーヴン・スピルバーグ監督作品。ジョージ・ルーカス原案・製作総指揮。ハリソン・フォード38歳主演のアドベンチャー映画です。何回観ても十分に楽しめます。とにかくお話の展開が分かりやすくてテンポよく音楽も映像にマッチしていて素晴らしいです。第一弾は、1936年エジプト近郊のタニアの遺跡から霊魂の井戸に隠されたアークをドイツ軍よりも先に手に入れるお話しです。テンガロンハットにスタンハンセンばりの鞭がインディアナ・ジョーンズ(考古学教授でトレジャーハンター)の重要アイテム。蛇が苦手です。有名なシーンはやっぱり冒頭の巨大な岩がゴロゴロと向かって来るやつ。ラストの櫃を開けた時のゴーストは最初に見たときは驚きましたね。ハリソン・フォードと言えば、スターウォーズのハン・ソロと本作のインディアナ・ジョーンズが有名ですね。彼女役のカレン・アレンの快活な演技もお気に入りです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ジェットコースター・ムービー

投稿者:趣味は洋画 2015年07月18日

何度みても面白い! 同じメニューばかりだと飽きてきて、たまにはインド料理でも食べたくなる...そういった感じでまた観てしまいました。

このシリーズの魅力のひとつは、何といっても‘スピーディな演出’にあります。
ペルーの山奥にある墓所からジョーンズが幾多の罠をすり抜けて、秘宝を手に入れるまでの息詰まるサスペンスと、秘宝を手に入れた後の巨大な石球に追いかけられるダイナミックなアクション、さらにインディオの毒矢から逃れて飛行機で脱出するまでを、たたみ込むようなテンポで一気に見せる...このプロローグだけで、まるで映画1本分のクライマックスを見るようです。
このスピード感は最後まで続き、まるで「007」シリーズをみていると錯覚するくらい...
やっぱりアクションとユーモア、スリルが巧みにブレンドされた映画は本当に面白いですね。 

主役のハリソン・フォードは「スター・ウォーズ」のハン・ソロに続いてのヒーロー役で、本作あたりから一気にハリウッドのナンバー・ワン人気に上り詰めた感があります。
そしてジョーンズもたじたじとなるヒロイン、マリオンに扮したカレン・アレンの男勝りの活躍も印象深い。

2015年のいま、本作は歴史にその名を刻む名作となりました。

インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク

投稿者:片山刑事 2015年06月09日

もう、冒険活劇として。完成された形の映画で、何もいう事ないと思います。

楽しくて、ハラハラして。とても面白い映画でした
アークというオタカラを敵味方で奪い合うという単純明快な一本道なストーリー展開で、楽しんで観れました。

子供のとき、観た時は。
ゲジュタボのトートの手のひらに、火傷の跡が残るところとか。めっちゃ、怖かった覚えがあります。
顔溶ける最期も、めちゃ、気持ち悪いし……。

問題なのは、クライマックスの展開で。
敵が勝手にやって、勝手に自滅してしまう感じになっていることです。
「何で、目を開けちゃいかんのさ?」と思ったラストでした。
でも、
「ちょっとみんな~ 顔溶けてますよぉ」っていう映像の衝撃の勢いで、終わらせて。これはこれで、いいと思います

とはいえ、
敵も味方もみんな、キャラクターが立っていて。
とても面白い映画だと思います

ただ星つけたいだけ

投稿者:\(^o^)/\(^o^)/ 2014年08月18日

DVDやBlu-rayを買って何度も見るような文句なしの傑作に星5つ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

ズドーン、スドーン。

投稿者:たま 2014年10月15日

「古き良き冒険活劇のリブート」な訳だが、今までの作品とはまるで違う。アークというオカルト要素もあるが、一番驚いたのは“音”だ。これまでのアクション映画の銃撃戦は「バキューン、バキューン」だったが、本作は「ズドーン、ズドーン」なのだ。わたしの知る限り、当時ここまで“音”に拘った作品は本作が初めてではないだろうか。映画館の興奮には及ばないかもしれないが、再販されたBlu-rayは当時の感動を呼び起こしてくれる。出来ればイヤホンかヘッドホンの環境で高音量で体感して欲しい作品である。

いつ見ても

投稿者:kat 2012年02月21日

いつ見ても誰でも楽しめる作品です

ハリソンかっけー

投稿者:そらまめ 2012年02月13日

古臭さは否めませんが、やっぱり面白い!

レビューをもっと見る・投稿する