宝島のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
71

観たい人
57

投稿者:ねっしー 2019年11月24日

思いのほか面白かった!

母が留守の間、一人酒場で働く少年。
馴染み客の船長から、彼が死ぬ直前に宝の地図を渡される。
少年は大地主やドクター、どう見ても黒幕の一本脚と一緒に宝島へと旅に出る。


一本脚は海賊で学もなさそうなのだが、凄く頭が切れて敵味方双方から一目置かれる。
表情など強調した昔の演技だが、そこが上手くキャラクター造形に貢献している。
憎めないキャラだけど、ジャック・スパロウより、キャプテン・バルボッサに近い。




一本脚は父親なのかどうなのか。
明かされないまま終幕。

投稿者:フライパン 2019年11月11日

ひょっとして…チーズを持ってないか?
こんがりと炙ったチーズ…

宝島か?


ブレードランナー2049のKとデッカードのやり取りが気になり鑑賞。

ジョン・シルバーのキャラ造形がなかなか魅力的で、パイレーツ・オブ・カリビアンのバルボッサの表情演技は、これが参考になっているのでは?と感じた。

投稿者:むぎ 2019年08月14日

同じ宝島が原作のディズニー映画、トレジャープラネットを観てから視聴。ジムとシルバーの友情はトレプラの方が色濃く描かれていたけど、これはこれで良いなぁ。
シルバー役のロバートニューマン、ググッたけど情報がほとんど出ず。あまり有名ではないのかな?名演だったと思うのだけど。とにかく所作がパイレーツ・オブ・カリビアンのバルボッサにそっくり。ジェフリーラッシュは彼の演技を真似したんだろうね。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

冒険のワクワクと海賊と隣り合わせのドキドキが楽しい作品

投稿者:MitoGuPO 2018年08月07日

名作とは聞いていたが、なるほど皆が言うようにこれは確かに名作だと思う。

CGが当たり前の現在において、色々制作時代を感じさせる作りではあった。
照明は暗いし、背景はセットだとわかるような部分もあったり、
アクションシーンはコメディのように人が倒れるし(子供でも見れるように?)
ただ、それでもなお、ワクワクに次ぐワクワクの展開と演出が素晴らしい。
立派な帆船での航海、荒くれと船に乗り合う緊張感、無人島の探索、ジム少年の活躍と飽きさせられなかった。

キャラクターも魅力的。
ジム坊は真面目だけど好奇心旺盛で、子供の元気さを体現したような立ち回り。
ジョン・シルバーはいいヤツなのか悪いヤツなのか、こずるいヤツなのか大物なのか、よくわからないのだが、
海賊らしい陽気さと、慎重かつ抜け目のないニクイ立ち回り。コロコロ変わる表情も面白い。
登場人物が英国人ばかりなせいか、紳士的騎士道的な描写も多々見受けられ面白い。
海賊にも掟があり、英国人も海賊も戦いで全て解決しないところが考えさせられる。

パイレーツ・オブ・カリビアンは壮大なスケールとCGは迫力満点で、デップは強くてかっこよくて面白くて好きだ。
対してこちらは非ファンタジーな描写で、怖い大人達と隣り合わせになる非力なジム少年の視点で描かれるので、
リアリティのあるハラハラドキドキ感が楽しめた。
同じ海賊映画でも、全然方向性が違う。
後味もここまで違うかと、実に興味深いとても良い作品だった。

不朽の名作

投稿者:みなさん 2008年11月30日

半世紀以上昔の作品だが、子供向けにもかかわらず、その面白さは未だ色褪せていない。オススメの逸品である。

J.ブラッカイマーが製作した『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、多分に本作品の影響を色濃く受けている、と私は思う。特に、ジョン・シルバー船長とキャプテン・ジャック・スパロウには共通点を見いだせる。そのほかの脇役にも――。
また、演出もウィットに富み、ダークな部分との対比が鮮やかだ。この辺の方針も共通している。
同じディズニー映画だし、もしかしたら周知のことなのかも知れないが……。

私は基本的にディズニー映画は好きではない。いまも、そうだ。しかし、気付くと、観ている。(笑) 『地球の頂上の島』『史上最大のスーパー・チャンピオン』とか、少なくとも80年代に入る頃までは、素材選びから作品づくりに至るまで、ディズニー映画は群を抜いて面白かった。他の映画会社が閉塞感に苦しんでいる中、名作のリバイバルを含めコンスタントに作品を送り出していた。(テアトル銀座によく通ったっけ) 当時思春期だった私には、その成功が商業主義のように思われ、「作品が置き去りにされている」と感じていた。そのイメージがいまも心に残っている。
その後、原点に戻るが如く長編アニメ映画の成功が路線を決定し、ピクサーとの協調がフルCGアニメのブームを呼び起こし、今後は3DCGに焦点を絞るという。(『センター・オブ・ジ・アース』にディズニーの名が冠してなかったのは、出来が悪かったからだろう)

ある意味で、ディズニーの映画づくりは、正しい。収益を確保しなければ映画を作り続けて行くことは出来ないからだ。理屈では解る。しかし、本当にそれで良いのか私には疑問でならない。

本作品は子供の頃に観たきりだが、今回、あらためて観て感動をあらたにした。ワクワクした。やはり、映画はこうでないとね。ディズニー嫌いの私が言うのだから、間違いありません。(笑) オススメ!

ジャックもいいけど

投稿者:ghofa 2007年09月25日

海賊ってカッコイイって思える映画でした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する