ヒストリーボーイズのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
159

観たい人
377

投稿者:深瀬みき 2020年06月18日

私が歴史に詳しくないばかりに!!クソ!!
もう少し知ってたら!!って思った時が勉強し時なのでこの映画後の時間に珍しく勉強ができた点、私はチョロいです。なむなむ。

ジャケット10000点!最高!観る!ってなって観ました

投稿者:なほ 2020年04月27日

歴史上の人で話がつながってく!もっと歴史上の人物知りたいって思わせてくれる。知識のパスはつながってく!!みんなが受験に向けてがむしゃらに勉強してた姿がよかった!

投稿者:KARIN 2020年04月05日

トニー賞を受賞したアラン・ベネットの舞台をキャストそのままに映画化した作品。

シェフィールドの「品のない」秀才たちが個性的な先生たちとオックスフォードとケンブリッジを目指していく大学受験物語。

とにかくザ・演劇!感がすごい。飾られた言葉とジェット機ばりに飛んでくる知的な人名、引用、そして延々と続く会話。

舞台上でみると面白さが際立つのかもだけど、それをそっくりそのまま映画にとなると、現実味というか、その場にいきいきと生徒たちがいる感じがあまり伝わらなくて少し残念だったな〜。

教育に対する価値観の違いを表面化するような作りに感動したし、ドミニク・クーパーとサミュエル・バーネット(ダークジェントリーの主役)がハマり役で情熱を感じた。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

最高!興味深かった

投稿者:リリアン 2014年03月20日

いや、良い作品でした。ミュージカルにもなったそうでいつか見てみたいです。

ヨークシャーの小都市シェフィールドの男子進学校。成績が良い生徒たちが、オックスフォードを狙い猛勉強・・・。この辺の感覚も新鮮ですね。そして、日本の子たちと違って、歴史、文学の深い知識、いろいろな事にませた男子高校生たち。
こんな先生いたら良いな、というヘクターと秘密の趣味というか。うーん、イギリス映画に良くでてくる、怪しく青いボーイズラブ的な感覚、なかなかステキですね。彼らが歩いたヘンリーⅧ世が破壊した緑の修道院、美しいですね。

アメリカのハイスクール作品は山のようにあるけど、イギリスの作品は初めてで、とても印象的でした。オックスフォードの世界は、また別な作品で楽しみましょう。すごく興味深かった。
特におすすめできる作品です。

運命の書を閉じて…

投稿者:レビュアー名未入力 2009年12月08日

元が舞台の映画化で、英国が舞台というと、『アナザーカントリー』を思い出します。


ヨークシャーの私立学校に通う、個性溢れる8人の生徒。
彼らは秀才で、オックスフォードやケンブリッジの名門大学に合格する為、特別クラスで学んでいます。
でも、生徒以上に先生達も個性的。
彼らを確実に合格させる為、校長はオックスフォード出身の1人の臨時教師を雇います。

生徒達は、最初は警戒し、けん制するのですがどんどん彼のペースに引き込まれていきます。

舞台劇であり、キャストも舞台のオリジナルのままだそうで、セリフや議論を交わす様などは、見ごたえがあります。
文学や、歴史や芸術論などを知識として話すのは、膨大なセリフの量だと思うし、それを見ていると、自分もそこで勉強しているような気になります。

ポズナーという少し幼く気弱な少年は、8人のリーダー格であるデイキンに恋していて、そのデイキンは新任教師アーウィンに尊敬以上の気持ちがあって、そのアーウィンには、秘密があり、彼らを見守る信仰深い友人も…と、マイノリティーも重要なテーマになっています。

特に、そのポズナーと、自分の行動で窮地に立たされたヘクター先生との2人きりの授業のシーンは、心にズギューンときます。

最後、少し悲しい出来事も起こりますが、将来の1歩を踏み出す彼らにエールを送りたくなりました。
素晴らしい青春物語です。

イギリス青春舞台劇の独特の雰囲気。

投稿者:ともこさん 2009年08月19日

トニー賞で6部門を制覇した舞台劇だったと、イントロダクションにありましたが、うなずけました。ところどころ、まるで舞台でセリフを言っているような演出が目立ってました。

普段アメリカ映画を見慣れていると、こういうイギリスの青春映画に出てくる俳優なんてよく知らないし、時代背景も80年代なのでちょっとレトロ感というか、名門校Oxfordを目指す男子校の学生たちという、古き良き名作という感じもして、新鮮でしたがカルチャーショックでもありました(なんだか腑に落ちない展開だなぁ~と思う場面も多々ありました)。

個人的な好みとしては、アメリカ映画「いまを生きる」とかジュリアロバーツの「モナリザ・スマイル」の方が同じ系統の映画としてはすんなり入ってきます。


レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する