歪んだエンロン 虚栄の崩壊のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
5

観たい人
25

投稿者:コ艸ノ艸艸ヨ艸艸艸イ 2020年08月17日

世の中にはクリーンイメージでリスク回避を促す「商品サービス」を使い、それを逆手に取り高額な搾取詐称詐欺する企業も多い。

この話もそうだが(この後サブプライム問題も起こる)規制の穴を悪巧みに必ず使う経営者たちがどうしても現れる、殆どが「金富の魔力」で狂っていくのがよく判る。

投稿者:そーた 2019年05月24日

巨額の不正な会計処理が明らかになって破綻した株式会社エンロンの話。

ウルフ・オブ・ウォールストリート観た時も思ったけど、こういう系好きかも

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

今一

投稿者:土方歳二 2009年01月05日

エンロンで働く一社員の目を通して

エンロン崩壊を描きますが

迫力がない

軽い

もっと、芯に迫って欲しかった。

エンロンの社員の個性豊かな面々

そんなことはどうでもいい。

もっと、描くべき事があるのではと思わされる作品です。

ネームバリューを狙ったただの便乗作品!?

投稿者:MonPetit 2007年11月04日

エンロンの崩壊劇を描いた作品。
「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」のようなドキュメンタリーでは
なく題材にした作品。この微妙な違いは全く作品として別のところにあります。

非常に軽いタッチ、エンロン自体が大企業のように表現しきれてないところが意識
的なのか、作品として力不足なのかは定かじゃありませんが、全体的にこじんまり
していて壮大な間隔がない。停電騒ぎで大儲けした事実が既に過去の状態だった
からなのかもしれません。
もう少し、栄華衰退をメリハリをつければ面白かったとは思うんだけど。
「エンロン」っていうネームバリューを狙ったただの便乗作品という気がしないでも
ない。

大企業はどこでも同じようなもの

投稿者:maskin 2007年08月30日

大企業の社員が有頂天になっている状態をうまく作品として納めているのに感心した。巨大な組織に収まっているだけなのに、あたかも自分がえらいという幻想を見続ける集団の凶器といっても過言ではないだろう。日本の大企業に勤める人も例外ではない。その指摘をしたという意味では、意義のある作品だ。

ただ、物語や演技は三流。主人公が語る最後のシーン「今は、僕は幸せ、じゃあね」という演出にどんな意味があるというのだろう。これだけ深刻な崩壊を興し、他人まで迷惑をかけたにもかかわらず、まあ、なんとかうまく逃げられるんだよ、という汚い精神をつきつけられて、嫌な気分になった。崩壊の原因をもっと深くえぐって欲しかったし、教訓を提示して欲しかった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する