機動警察パトレイバー アーリーデイズのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

伝説はここから始まった

投稿者:タイチョー 2013年11月25日

ロボット物のアニメで比較的メジャーな部類に入るパトレイバーの大いなる原典。
 
たった7話であるが、自衛隊のクーデターあり、テロとの戦いがあり、巨大生物との遭遇があったりと何でもアリな作風と後藤隊長の口調が徐々に完成されていったことがわかる。
 
ロボットものなのに、全然ロボット(レイバー)が出てこなくても話が成立するのはこの時からすでに証明されていたんじゃなかろうか。
TVシリーズから入った人はちょっと違和感があるかもしれない。
 
とにかく、パトレイバーって何ぞやという人はひとまずこれを観ればパトレイバーの魅力がわかるようになっている。7話なので土日に一気見できるので効率よくパトレイバーを知りたい人におすすめ。

生きてりゃ、 もう一回くらいやれるさ

投稿者:油ハム 2010年05月31日

「二課の一番長い日」で、クーデーターの首謀者甲斐が逮捕直前に残した台詞「生きてりゃ、 もう一回くらいやれるさ」とても好きなセリフです。心が折れそうな時に言います。

結構、見ごたえのあるストーリーなのに!

投稿者:春爛漫 2009年09月05日

相変わらず解決部分が安易ですねぇ~勿体ないなぁ~

第5話『二課の一番長い日(前編)』
冬期休暇を迎えた特車隊。しかし、庁舎の周囲には不穏な人影が…。折しも、東北縦貫道でレイバー犯罪発生! 恐るべきクーデター計画が日本を、そして特車隊をのみ込もうとしていた。

第6話『二課の一番長い日(後編)』
クーデター勃発! 甲斐の率いる反乱軍が東京の中枢を支配した。核ミサイルを武器に日本支配を謀る反乱軍に、後藤隊長率いる特車二課は奇襲作戦をしかける。日本の運命をかけた戦いのクライマックスへ!

★このストーリー…思いっきり引っ張れるネタですよね!
目の付け所はとっても良いんです!
レイバーを含めた自衛隊のクーデターなんて!
しかし、敵のレイバーはほとんど出てこず、レイバー同士の決戦はみれませんでしたし、巡航ミサイルが潰れたらクーデターが終結するなんて解決が安易すぎました。
もっと戦略的な駆け引きがあったり、小規模な戦闘があったりするもんじゃないですかね。
劇場版に出来るくらいのスケールなのに…勿体ないです。
余談ですが、子安武人さんが脇で登場してますね!
またも時代を感じてしまいました!

7 特車隊、北へ
国際レイバーショウに参考出展される軍用レイバーテロリストに盗まれ、さらに何者かによってトレーラーごと盗まれた。犯人の目的は一体…。特車二課の面々は地元警察と捜査に乗り出すが、犯人は意外な人物だった…。

★これは劇場版につながるのかな?
まだ、劇場版が借りれてないんですよ…だから、ちょっと楽しみにしています。
私が住んでいる群馬県高崎市や前橋、藤岡の名前が出てきたので、ちょっぴり嬉しがっていました(〃∇〃) てれっ☆

特典映像は…あまり期待しない方が良いです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

名作

投稿者:フラガ少佐 2017年01月29日

名作中の名作。
二話合わせて1時間弱しかないのだが、2〜3時間の映画を観たような感覚になれる。
後藤隊長の直感力・決断力・行動力は、すばらしいの一言。
こんな人が実在して欲しいと思わせてくれる、数少ないキャラクターの一人。

後藤隊長がなんとなく違う

投稿者:sofue 2012年03月10日

最初のうちは、後藤隊長のキャラが定まっていなかったのかTV版や劇場版のような昼行燈的な喋り方ではないのが印象に残った。

1番最初!!!

投稿者:シノダ 2003年02月23日

パトレイバーシリーズの1番最初の作品。ばかばかしくてノリもよく、けっこう笑える。

レビューを投稿する