アイアンマンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.8

観た人
62754

観たい人
6132

投稿者:shiro 2019年04月26日

本腰入れてマーベルを鑑賞しようと思いまずこの作品を。
想像以上に面白かった。
ストーリーがわかりやすくて2時間があっという間だった。
曲がいい。

投稿者:ohassy 2019年04月25日

エンドゲームの公開を明日に控え、やっぱりインフィニティーウォーを観返そうかとも考えたのだけれど、もう何度も何度も観ているので、全ての始まりとなったファーストアイアンマンを観る。

やはり、それまでのヒーロー映画にはない現実的な描写に、コミック要素をうまく混ぜ込んで、絶妙なバランスが保たれていることがよく分かる。
シリアスとコメディ、アクションと人間ドラマ、何と言ってもトニースタークというキャラクター。
ここで確立した世界観によって、MCUが作られたんだ。
ラストでフューリーが登場し、アベンジャーズを示唆する。
ヒットしたから良かったけれど、外したらもちろん作れなかっただろうから、結構勇気が必要だったと思う。
プロデューサーのケヴィン・ファイギはぼくと同い年、すごいな。

人を殺す兵器を作って儲け、その武器で致命傷を負うトニー。
結果的にアイアンマンが誕生するわけだが、サノスとの戦いでも自分が生み出した武器(剣のようなもの)で、やはりサノスに致命傷を負わされる。
ヒーローは戦う人ではなく、守る人なのだ。

しかしこんなに映画の公開にフォーカスしたのなんて、多分ファントム・メナス以来だ。
あの時も、万難を排して誰よりも早く観ようと、所沢の映画館まで遠征したっけ。
もう20年近く前のことだけれど、結構鮮明に覚えている。
別に公開してすぐに観る必要なんてないことは分かっている。
でも、こんな気分になれるチャンスなんて、この先もう無いかもしれない。
きっと今日明日のことも、20年後くらいになっても覚えているだろうな。

さあ、そろそろアベンジャーズマラソン上映が終わる時間。
エンドゲームの感想が続々と上がってくるだろう。
ネタバレをする人はきっといないだろうけれど、明日朝イチの上映を観終えるまでしばしオフライン。

投稿者:mako 2019年04月25日

19(43)

最後出てきた敵の呆気なさやばいけど、
アイアンマンの成り立ちが凄くわかりやすかった!!
気づいたらあっという間に終わったし、
最後の我慢できなくて自分で正体言っちゃうの超よかった!
言っちゃうんかーーーーーーいってなった!!笑


ロバートダウニーがお目々ぱっちりでとってもキュート!!!!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

アイアンマン

投稿者:しょうちゃん 2018年04月07日

マーベル・コミックの人気キャラクターを実写映画化した痛快SFアクション。
軍需産業の経営者で発明家でもある主人公が、
自社兵器の悪用を食い止めるため自ら開発したハイテクの鉄鎧を身に纏い、
凶悪一味に立ち向かう。
主人公であるトニー・スタークが、
天才工学者でありながら、
わがままなお坊ちゃんといった感じ。
おまけに女性関係も派手なのだから面白い。
同じお金持ちのブルース・ウェインとは正反対のキャラ。
ロバート・ダウニー・Jrのハマリ役でした。
トニー・スタークが試作品を次々と改良してパワードスーツを作り上げていく過程。
試行錯誤と危険な試運転を繰り返しながら、
アイアンマン・スーツが出来上がるまでが面白い。
不器用なアームくんもいい味出してる。
消火器係やカメラ係など可愛かった。
スキンヘッドのジェフ・ブリッジスの悪人ぶりもなかなか。

やっと分かったんだ、何をすべきか。

投稿者:リュウ 2017年04月25日

マーベル・コミックを代表するスーパーヒーロー・アイアンマン。自社の製造している兵器がテロリストの手に渡っている事を知った社長のトニー・スタークが、自ら開発したアーマーを装着し、アイアンマンとして立ち向かう。
スターク・インダストリーズの社長・トニーは遊びと女が好きないわゆるチャラい男。そんな男が、自社の兵器を使用するテロリストによって涙を流す人々がいる事をようやく知り、悪を倒すヒーロー・アイアンマンに装着変身するところが最大の魅力。男はチャラいだけではいけない。トニーのように、何をすべきか分かった時、自分の本当の人生の意味に辿り着く。一人のチャラい男は悪と戦う正義の戦士に変身し、アイアンマンに装着変身したのだ。そしてここからマーベルの本当の戦い、マーベル・シネマティック・ユニバースが幕を挙げた。

無題

投稿者:趣味は洋画 2015年08月02日

マーベル・コミックですか? このジャンルの作品も、最近は‘一応観ておこうか...’という程度の気持ちで、08年「インクレディブル・ハルク」と2012年「アベンジャーズ」を観ました。

少々、勉強にはなりましたが、やはり義務感で観るのはきついですね。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

何となく憧れる

投稿者:paam 2013年06月18日

シャーロックホームズでも主演を張ったロバートダウニーJrがパワードスーツを装着して戦闘機とドッグファイトしたり(本気で戦う気はないけど)、戦車を一撃で吹っ飛ばしたりと見ていて壮快。主人公が「いかにもヒーロー」じゃなくてちょっと俗っぽい所もいい。

ヒーローは悩まない。

投稿者:たま 2013年04月28日

ここ最近のアメコミものは、ヒーローがウジウジ悩むものばかりで少々うんざりしていただけに久々にスカッとした。
スタークは今までの人生への贖罪を理由に立ち上がるのだが、基本的には何も考えてなさそうなところがいい。
この“胡散臭さ”に妙な説得力があるから、洞窟の中で在り合わせの道具でハイパーテクノロジーとも言えるを超小型リアクターを完成させてしまったり、戦闘機より速く飛んでも、しょうがねえなって感じで許せてしまうのである。

なかなか面白かった!

投稿者:マツムネ 2012年09月17日

思っていたより、面白かった! ただ、トニー・スタークがアイアンマンになるまでがちょっと長かったような気もするけど、作品の内容自体がとても面白かったので、良かったです!

レビューをもっと見る・投稿する