狼たちの報酬のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.1

観た人
255

観たい人
163

投稿者:400 2021年07月23日

2021.7.22
アマプラ

良い意味で裏切られた。
邦題が意味不明。
原題も訳せてもどういう事かわからない。

何か観客に伝えたいメッセージがあるのかどうかわからなかったけど、なんとなく先が気になって夢中になってしまった。

マフィアの子分パートが好きだった。

投稿者:ココ 2021年07月20日

群像劇をここまでつまんなく作れる!? ある意味才能ですよこいつは。未来が見える男の設定の半端さ、やかましいクソガキ、女に情が移る不自然さ、知性ゼロの医者……悪い所はどんどん出てくるのに、いい所は何も思い浮かばない。監督さんは転職を考えた方がいいと思うよ。

投稿者:しろいうんち 2021年07月19日

 "幸→喜→悲→愛"の順にオムニバスが4つ。それぞれ重なっている部分がある。

 なるほどここで話が繋がるのか、と思った以外は特に何もない。

 強いて言えば…フォレスト・ウィテカー選手による屋上からの大遠投と、ケヴィン・ベーコン選手による屋上までの階段走りは凄いと思いました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

日本劇場未公開の判断は妥当な判断ではないかと。

投稿者:伝衛門 2017年02月09日

ケビン・ベーコンにアンディ・ガルシア、ブレンダン・フレイザー、
フォレスト・ウィテカー、女優陣もサラ・ミシェル・ゲラーにジュリー・デルピー。

なんて豪華なキャスティングでしょう!

”さぞかしスリリングなクライムサスペンス映画が鑑賞できるだろう”と
期待して手にしたのですが、あまりにありえない登場人物の行動に違和感があり過ぎて、
ストーリーに惹きこまれることはありませんでした。

ですが、『狼たちの報酬』という邦題とマフィア役がハマる
ガルシア・ブレンダンが出演していることから陥りやすい先入観を排除できれば、
オムニバス形式のサスペンス群像劇で、それぞれの話・登場人物がリンクしているという
演出もしゃれており、及第点を上げられる作品と感じるかも?

意味不明

投稿者:Kavi 2012年03月20日

なんだろうか、コレ。
オムニバス?

ケビン・ベーコンを観たかったんだけど、
出番あんだけ?

裏社会のボスの被害者達をなんとなく追ってるだけのような。
これの見所はなに?

色々な意味で謎な作品

投稿者:ピロリ 2012年03月19日

凄い!豪華!という以上にクセの強い俳優陣の揃い踏みでビックリ!更に未公開で驚き!監督は「お前は誰?!」で困惑!観てみて、未公開に大納得!!の内容でした。
バラバラのストーリーが、何処其処かで絡み合いながらラストに向かって、ひとつに収束して行くという20年前程前に流行った感じの構成の群像劇スタイルで、なんだか懐かしく感じました。しかし、その構成力と演出力とセンスが余りにもこの内容が持っているレベルにこの監督は達していないのは明白で、これだけのキャストを無駄遣いしてしまっているのは監督の力不足の責任以外、何ものでもありません。
ところで、この監督は誰なんですか?!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

決して印象深い作品ではないが...

投稿者:紫衣名 2012年05月14日

純粋に豪華キャストの競演を楽しもう♪

裏社会での群像劇

投稿者:さえこ 2012年03月01日

裏社会を舞台に4人の男女の運命が絡む群像劇。

裏社会のボスのフィンガーの部下で、先の未来が読めるという、ブレンダン・フレイザー演じる男のストーリーが個人的には渋くて良かったですが、後は特に印象に残らなかったように思います。

まあまあ

投稿者:コルレオーネ 2011年07月18日

可もなく不可もなく

出来の悪い

投稿者:サム・ミイラ 2010年12月08日

パルプフィクションみたいな作品。最後それなりにまとまりはあるもののそれだけ。ダラダラとつまらない。深そうで深くない映画。

レビューを投稿する