沈黙の激突のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

絶対に死なないS・セガール シリーズ

投稿者:趣味は洋画 2017年05月13日

一般的に「沈黙」シリーズで通っているけど、私目は勝手に「絶対に死なないセガール・シリーズ」と名付けている。
絶対に死なないスティーブン・セガール....
今回はチョットやばかったかな?と思いきや、終わってみれば、圧倒的勝利!!

でも超人マシーンもなかなか強かった。
CTXという新薬でDNAを変異させ、常人の数倍もの身体能力をもつのだから、そりゃ強いワ。
特殊ナイフ(...のようなもの)を両手に装着し、目が猫のように瞬きした瞬間、相手の頸動脈を切り裂くという凄技。
これには流石のセガールも手を焼くが、負けません。
何しろ、セガール自身が脚本と製作に名を連ねているのですから、負けるわけはありません(笑)。
(製作は、78年「スーパーマン」を手掛けたピエール・スペングラーとのコンビ)

ただね、映画の途中で、話の筋道が分からなくなったりして少々混乱します。
舞台もパリ周辺のようなのですが、画面からは伝わってきません。
B級ゆえの面白さは健在です。



LISAのバラッド

投稿者:みなさん(退会) 2013年07月09日

新種のドラッグで“超人”と化した敵と戦う、というストーリー。最早、人間相手では物足りなくなったスティーブン・セガールのゴチャゴチャのアクション映画。映像は、ちょっとスタイリッシュでモノトーン調。古いテレビだと暗部が潰れて何が起きているのか、さっぱり判らないクライマックスは、前代未聞。新しめのテレビで明度を上げて視聴することをオススメします。(笑)

“まっくろくろすけ”のクライマックスを除けば、そこそこ面白く観ることが出来た。でも、クライマックスは長かったなぁ。プレイヤが壊れて同じチャプタを繰り返し再生してるのかと思ったもの。(笑)
『沈黙のステルス』と同じ監督さんだそうで、なるほど、物語が判りにくいところは共通している。軍と研究所と犯罪組織が入り混じって「?????」なところが多々ある。認識力とか読解力とか自分の能力を試すにはもってこいだ。“ナンプレ”をやるよりも脳の老化を防止する効果を期待できるんじゃないかな。……戯れ言じゃない、通販番組でタレ流している効能よりは、よほど信憑性があると思うゾ。(爆笑)

或る程度の予算は確保できたようで、軍用車輛も複数台調達しているし、エキストラも多い。新種のドラッグに汚染された村を掃討に行く場面では、映画らしいスケール感があった。(暗闇だけど……)
それは、キャスティングにも現れている。顔立ちや雰囲気のいいところを揃えていて満足度が高い。最近はビデオスルーばかりなのに大したもんだ。

セガールに協力する金髪の女性は、意志的な眼差しをしており、ハンドガンを片手のアクション・シーンもサマになっていた。いつものポルノや売れないモデルあがりとは違う。本作品で最も強い印象を残したのは、彼女だろう。軍人なのか研究者なのか分からなかったが、キチンとした訓練を積んでいることは確かだ。セガール作品では珍しい。
……そう思っていたら、彼女はジャズシンガーでした。(笑) 「どこかで名前を調べよう」と思っていたのだが、偶然にも判明。 5~ 6年前、ちょうど本作品と同時期にスタンダード・ジャズのアルバムをリリースしている。やっぱり縁故かなぁ。ちなみに彼女は桑田佳祐さんの曲もカヴァしています。
彼女と一緒に新種のドラッグを開発し、研究所を抜け出して売人の元締めに成り上がったボスキャラも、女性ファンが多そうな良い顔立ちをしていた。
その他の軍や研究所の幹部たちにも、ちゃんとした役者さんが配されていた。

残念なのは、セガール・アクションが少な目なこと。めっきり出番が少なくなったような気がする。むしろ、副官の方が出番が多かったんじゃないかなぁ。演じていた役者さんは地味だけど、いい雰囲気だった。
正直、超人やゾンビ相手に戦おうとも、スモウ・レスラーみたいな体になったセガールに、往年のキレを期待するのは酷な話しだろう。『アンダーワールド』のケイト・ベッキンセールよろしく、やたら飛び降りて来る“超人”たち相手に頑張っていたのは部下やスタントマン(笑)たちで、彼自身がタイマンはったのは一瞬だった。

自分でアクションが出来なくなったら、デスクに座って報告だけを受ける“ボス”役だろうなぁ。製作や脚本に名を連ねる彼が、それで満足できるとは思えないが……。どうするつもりなんだろうか。彼の今の姿を追いかけてみたくなった。

セガール・マニアの方にだけ、オススメ!

動かざること山のごとし!

投稿者:BEEFジャーキー 2013年03月27日

映像的にも、ストーリー的にも…
何にも楽しめなかった……。
(むしろ、イラッとするストーリー…)

地味で、面白みの無いアクション映画。

せめて、派手なアクションシーンでもあればな~~。

にしても、セガール、動かなさすぎやろ…( ̄▽ ̄;)
動かざること山のごとし…ってか(笑)
手だけ動かして、ふざけてんのかと思ったよ…。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する