零のかなたへ~THE WINDS OF GOD~のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
63

観たい人
76

投稿者:ナナ 2018年08月22日

小学生くらいの時見てすごい泣いた。現代と戦時中の人々の感覚の違いが見やすい設定。本当にタイムスリップもの弱いなと思う。

投稿者:watasitoanan 2017年11月24日

本当に戦争はダメだって思う。
恨みもない人達がなんでこんな事しなきゃいけないんだろって思える。
殺し合いとも言えるけど、何もかも犠牲って感じする。

最後ちょっと微妙だった。

投稿者:マスターヨータ 2016年06月06日

懐かしい作品ですね。
あんまり戦争感のない戦争時代の
作品ね。
輪廻的なのが題材なのかな?
ぐっさんがごつい

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

7点満点中

投稿者:ビリケン 2014年06月11日

2点

もう1つ。

これは良い作品

投稿者:タイチョー 2013年11月01日

ぐっさんとV6森田さんが出演してたTVドラマで、最初観た時結構面白いと感じて借りました。
改めてみるとやっぱり面白い。細かい部分でツッコミどころもあるが、今どきの戦争をよく知らない若者が、当時の若者とぶつかりながらも、生きるって何ぞやと自問自答し、生に対する考えを深く考えていく姿をしっかり描かれているのが好印象でした。
最近はこういうドラマが少ないように思う。

そこそこさがウリの作品

投稿者:はらぺこ 2012年10月23日

このくらいの期待度合で観れば、この程度の出来でもそこそこ満足できるんですね。という作品。
キャストはぐっさん、沢尻エリカなどという、無駄に良いようにも思えるけど、微妙に使い勝手が良い感じで、それも完成度合の平均点っぽさに一役買っている風合い。
時代考証が微妙なのは、逆に堅苦しさを外して現代劇風に見られるような効果があるし、ストーリーもよくある感じを踏襲しており、そこそこ楽しめました。
まぁ、とは言え、そこそこさが鼻につかない感じが良いねということなので、所詮そこそこな作品でした。

あと、漫才コンビであることの意味が全く無いような気がしますが、何か意図があったのかな?私が分からなかっただけ?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

戦争ってなんだ?

投稿者:ウツミー 2012年05月08日

第二次世界大戦中の特攻隊員と現代に生きる売れない若手芸人が入れ替わってしまう話。
 
何で死ななあかんねん!という言葉があったが、当時はそれが通用しない。
  
国のために死んでいった若者と現代の若者の対比、そして徐々に心情が変化していく姿がよかった。

レビューをもっと見る・投稿する