パブリック・エネミーズのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.2

観た人
9699

観たい人
3258

投稿者:memo 2019年07月14日

2019 #125
実在したジョンデリンジャー演じるジョニーデップが、悪役なんだがカッコいい。
対する捜査官演じるクリスチャンベイルはなおカッコいい。
公開当時観た時は凄く良かった印象だったが、今観直すとそこまでではなかったかも。

投稿者:歩 2019年07月10日

ジョニデとベイル、主演二人がかっこよすぎる

ラストの捜査官の計らいに泣いた

マイケル・マン監督らしく銃撃戦も迫力あって満足

しかし、映画のマフィアやギャングって南国への憧れすごいよね

投稿者:ito 2019年07月09日

実話を元にしていたことを後でしった。

その事実を知っていればもう少し楽しめたかもしれない。

にしても長すぎ…

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

本当の敵は 誰だ

投稿者:ちびた 2015年02月24日

題名が「社会の敵」となっている割に
主人公であるジョン・デリンジャーは
悪い奴に見えない
むしろ英雄的な扱いを受けている

見ている方も感情移入してしまい
捕まらないでほしい 上手く逃げてほしい
などと 手に汗を握ることになる

そんなわけで調べてみたら 案の定
なかば英雄 今でも義賊のあつかいをされているらしい

1930年代
世界恐慌やら 禁酒法やらひどく窮屈な世の中で
そこだけ金がうなっている銀行を襲ったのが 受けているらしい

義賊と言えばなんといっても鼠小僧だけれど
鼠小僧は金持ちから盗んだ金を貧乏人に配って歩いたが(事実は違うらしい)
デリンジャーにはそのような伝説はないようだ

映画の出来は上々
飽きることもなく 派手な銃撃戦を堪能できる
ビリー(フランス人とネイテイブ・アメリカンのハーフ!)との恋愛模様も
適度な湿り気があって胸をつかまれる

二人のベッド・シーンは 露出が少なくても伝える情は余さず伝わり
過激に流れる作品が多い中好感度が高い

言ってみれば判官びいき?の映画で
これが受けるということは
USAも庶民の感情は似たりよったり ということなのだが
弱いものに味方するという気持ちが
国外や非キリスト教徒にも向かうといいな
などと 例によって考えなくてもよいことを
考えてしまった

ブラックバード

投稿者:レビュアー名未入力 2013年05月11日

義賊なのか正直分からない。
どういったデリンジャーを描きたかったのか、消化不良。
実話だから仕方がないことだけど、これ以上もこれ以下もない
作りなのかもしれない。
強硬姿勢を見せた捜査も尻つぼみどころか描写されず台詞で終わり、
せいぜいビリーをいたぶったところぐらい。
銃撃戦は分かるけど、同士を失う辛さや悲しみは全くなし。
パーヴィスが言う最後の台詞なら少しは腑に落ちるけれど、そうではないし。
仕方がないことだけど、ちっとも味が無い。

やっぱりマイケル・マンは良い

投稿者:さえぴょん 2013年04月12日

デジタル撮影はハードボイルドによく似合う。感情表現を極力抑えておきながら、
ジョニー・デップとマリオン・コティヤールの一大メロドラマを何の臆面もなくやってくれるのがいい。
ラストは飛びっきりアメリカ映画らしいものに仕上がっている。

飛行場の発煙筒の光と豪雨。山荘の銃撃戦で山間に浮かぶ白い靄(または蓮實重彦が指摘した、今わの際の白い吐息)。
捜査本部潜入場面におけるスローモーションの夢幻性。コティヤールがコートを着る際、同僚をチラ見するその視線。
砂丘。大きな大きな空。映画館の光。そして本作でもやはり夜の闇(ダンテ・スピノッティ!)が素晴らしい。
マイケル・マンの見事な手腕にただただ見惚れる。見返すごとに感動が増す。
細部に注目すればこの映画は退屈する暇など全く無い。

本当は4.5星なんだけど、あまりの平均の低さに怒りと抗議の意味も込めて5つ星です。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

さらばギャング時代

投稿者:うっちぃ 2013年08月11日

悪なれどポリシー有りとは言うが、他のギャングと格差を付けようにも、泥棒には変わりない。実在の人物をもとにしているようだが、かなりなあばれっぷり。最後は落ちぶれて打たれる。後味の悪い作品。

銀幕

投稿者:砂くじら 2012年03月10日

予告編を観た時からタイトルの複数形が気にかかっていた。"Public Enemy No.1"といえばジョン・デリンジャー一人を指す言葉。J.キャグニー版でもタイトルは単数形だ。そもそもデリンジャーを"民衆の敵"と呼んだのはFBIのフーバー長官只一人で、当の民衆はデリンジャーを恐れながらも英雄視している。彼が繰り返し銀幕に立ち返って来る事もその裏付けだ。 本編を観てようやく合点が入った

成金専門の銀行強盗

投稿者:かおり 2012年03月10日

がっかりしました。久しぶりに、時間を無駄にしてしまったかも、と考えました。俳優や女優が豪華なだけに腹が立ちました。

レビューをもっと見る・投稿する