ウルフマンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.8

観た人
1439

観たい人
354

投稿者:キサトル 2021年03月20日

意外や意外、手足、首、臓物、血しぶき飛び交うグロシーンが多かった。狼男に変貌していく際のヴィジュアルが強烈!

投稿者:アベ二ティKazumaAbe 2021年03月11日

伝奇もの。変身ホラーから血の戦いに転じていく流れはとても素晴らしかったがCGが多用される格闘シーンにちょっと萎えてしまった。エグい切り株描写も、ぬるっとしたCGで観せられると魅力半減かも

元より見た目ウルフマンのベチニオデルトロ、変身するとなお厳つい!!

投稿者:カレナメコ 2021年03月06日

2010年鑑賞

変身シーンは良かった。
でもそれが全て。

特にそれ以外、目新しさもなく、古典な感じ満載で。
眠い…

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

一流のスタッフ、二流の監督

投稿者:みなさん(退会) 2017年05月10日

本作品は、嘗て人気を誇ったユニバーサルのモンスター・ホラー『狼男』のリメイク。かなりの力作だが、ストーリーが甘かった。(汗)

ベニチオ・デルトロにアンソニー・ホプキンスの2大俳優は見応えがあったし、リック・ベイカーの特殊メイクも目新しさはないものの見事だった。
特に、俳優の目の表情を殺さずに狼男のメイクを施した技術とセンスには脱帽する。その一方で、変身シーンやアクションシーンの一部にCGを用いたプロデューサーと監督さんの見識の低さは顰蹙モノだと思う。
特に、丸コゲになった狼男の首のカットは、ケヴィン・イェーガーに頼んだら、かなりリアルなものが出来ただろう。その手腕は、TVシリーズ『BONES/骨は語る』で実証済みだ。それを安易にCGを使うなんて……。台無しだ。(溜息)

それに、息子を追い詰める父親、婚約者の死の真相を知ろうとする若い女、父親の義理の娘に対する情動とか、不明な点が多い。これは説明不足とか描写不足と言うことではなく、ストーリーの構造的な欠陥だと思う。もしかしたら、映像で補おうとしたのかも知れない。
けれど、監督がジョー・ジョンストンだ。いつも決定打に欠ける。本作品もまた同じだった。絵コンテはよく出来ているし、アート・ワークも見事。一流のスタッフを揃えたに違いない。ただ、それらを使って演出する監督さんの“器の小ささ”が映像に現れてしまっていた。

例えば、咬まれたローレンス・タルボットが一週間足らずで回復し、警部の聴取に姿を現す場面。ここは、彼の変化が最も顕著に現れなければならない。なのに、凡庸な演出。そのクセ、その後にローレンスとグエン・コンリフ嬢のイチャつく場面を挿入したりして意味不明。「前より強くなった」と彼は自覚しているのだから、そこは畳み掛けるように場面を繋ぐべきなのだ。

ホラー映画は、哀しい物語でなければならない。ところが、ちっとも哀しいお話しに思えないのだ。後味の悪さだけが残った。
“望まぬ野蛮な力を手に入れた男と助けようとする女”の構図に執着するならば、グエンは何故、弟の婚約者なんだ?
そもそも、なぜ弟は殺されなければならなかった? 弟に対するローレンスの思いは? 幼少期の回想シーンがあるのに、なぜ兄弟の絆が描かれない? そこをエピソードを交えてキチンと描かないと禁断の恋にならないではないか。
母親の死の真相にも意味がない。弟とロマ族との関わりを明確に描かないと、ペンダントが何の暗喩にもならない。(エンドロールにも出て来るくらいだから、何か意味があるはず)
そういう点では、フラストレーションのたまる出来映えだった。雰囲気だけは、いいんですけどね。(嘆息)

オープンセットや衣装や小道具、役者さんのメイクからヘアスタイル、爪の汚れにいたるまで、実に細部にまでこだわっている。ホント、スタッフは良い仕事をしたと思う。

あと一歩、決定的なエピソード、象徴的なシーンでもいい、何か強く印象に残るものがあれば、両手を挙げてオススメ出来たんですけどね。(苦笑)

ザンネン!

ウルフマン

投稿者:片山刑事 2016年03月27日

 新人作家の作品をラジオの生放送ドラマでOAしようとするけど、なかなか上手いこといかないドタバタの話。

 様々な立場の人たちが自分の仕事をこなそうとして妥協の連続をしていくのを誇張されたキャラクターたちが面白くて楽しく見ることができました。
 主役の女優さんの名前を日本人から外国人に変えてしまったことにより、熱海からシカゴへシカゴから宇宙へとどんどんと変わっていくドタバタ。それをどう乗り越えるのかというハラハラ。

 ただ肝心のラジオドラマの魅力というのがイマイチ伝わってこなくて、舞台となっているはずなのにラジオドラマそのものが魅力的でないのが痛いです。ラジオを聞いている渡辺謙さんが号泣しているのとか理解できなかったです。ディレクターやプロデューサーとの和解とかも無理やりすぎで、これで大団円なのもエピローグはちょっとついていけなかったです。

 とはいえ、ベテラン役者さんたちが脇を固めていてその人たちのお芝居を見られるだけで満足な作品でした。

ただ星つけたいだけ

投稿者:\(^o^)/\(^o^)/ 2014年08月10日

面白くはないが、一応ちゃんと作られていたので星2つ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

ウルフマンが…

投稿者:マツムネ 2012年09月18日

作品の内容や、俳優の演技、ハラハラさせてくれる展開などはとても良かったのですが、ウルフマン自体の造形の完成度が低い! 本編中、かなりグロいシーンが多数あるのですが、ウルフマンの着ぐるみの完成度の低さのせいで全く説得力がありません。ハッキリ言って、台無しです! 着ぐるみの酷さ以外は全て良かっただけに残念です。

さすが!

投稿者:ミルク 2012年03月27日

アンソニーホフ゜キンス、さすがです!あの異様さは素敵☆

謎解きをメインに

投稿者:クワトロ・バジーナ 2012年02月02日

演技派のアンソニー・ポプキンスとベニチオ・デル・トロの演技とさまざまな謎解きによっていっきに観られます。

レビューをもっと見る・投稿する