ラストデイズのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.1

観た人
3701

観たい人
2794

投稿者:Yuka 2021年02月04日

他の映画だったら早送りしたいようなシーンもずっと惹きつけられるのは
その時に自分とひとりぼっちになれるからなのかなとか思っちゃったな

これは意外と好きだな~

暗闇でお経を流してお歯黒をするヲンナァ
VS
カクヤスのお兄さん

投稿者:Ranma 2021年02月04日

ニルヴァーナと出会った中学の時、カートはカリスマで、バスルームで頭ふっとばして死んだのが伝説!かっこいい!みたいに思ってたけど
この映画を観た後だと、繊細で弱っていてこの世に生かされてるのが可哀想だった
死ぬべきして死んだんだなあ
元々の魂がすでにそこにあったみたいに
状況はずっとよくわからなかったけど、自分が良いと思ったままに撮ったものを放り出すってこと
個人的な感情そのままのようで、嘘つきじゃない
ガス・ヴァン・サントの映画はうちにとって理想かもしれないな、エレファントも早く観たい

投稿者:sally 2021年01月14日

終わりのはじまり、はじまりの終わり
自分の死がみんなにとって
良いものであるように
人生は死んでから生きるまでの長い旅
夢遊病者のように
あちらこちらと漂っては
誰にも聞こえないような声で呟いた

もうすぐ、長い旅が終わる。

感情のままに、ギターをかき鳴らした。

カート・コバーンに捧ぐ、ロックスターの最期の2日間。
演奏しているとき以外は、心ここにあらずで、まるで幽霊のようだった。彷徨っていた魂が、死をもってようやく正しい場所見つける。

天才であるがゆえの、孤独や苦しみからの解放。身体から離れて天に昇る彼は、とても穏やかに見えた。

森のシーンや不穏な空気を纏った静けさ、それに対する音楽のコントラストが、カラックスのポーラXと通じるものがあるなと感じた。

ガス・ヴァンサントが描く死は、いつも穏やかなものであるように思う。
本作も、死が悲しいものではなく、やっと正しい場所に辿り着いたんだね、思わせるような安心感があった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

残念でした

投稿者:るるる 2015年12月01日

とても期待してみたのですが、みてがっかりしました。

糞映画好き。

投稿者:真 2015年07月02日

レビューを全て読んだけど、酷評ばかりでちょっと笑った。

わたしはニルバーナデビューからずっと好きで、御堂会館に来日したときも、もうちょっと落ちたらキャパの少ないライブハウスでやるだろう
くらいに思って同日別のバンドのライブへ行った。
そのちょっと後に口にピストルをくわえて自殺した、というニュースを前に、なんであの時ニルバーナの方に行かなかったんだろうとか、
なんで結婚もして、かわいいむすめも生まれてパパになれて、ふつうに考えたら幸せな時期のはずなのに、なんで?っていう思いでいっぱいだった。

フライデーにコバーンの自殺現場写真が掲載され、ああ、現実なんだと実感した。
そして、あとから出てくる周囲のインタビューなんかで、とても孤独で苦しみもがいていたことを知った。

ほんとにだいすきだったし、影響を受けたコバーンを題材にした映画で、
気になりつつ、見るのが怖くて後回しにしていた。
死から20年近く、公開から10年近く経って、やっと見れるコンディションがやってきた。

見ていて、ああ、なんで周囲はブレイクにちゃんとかかわろうとしなかったんだろうって、悔しく思った。
ブレイクはドル箱だ。
金目当てで寄ってくる者がいるのは当然だ。
だけど、ほんとに彼を気にかけて、あるいは友人だと思ってた人だって少なからずいたはずで、あの中だったらキム・ゴードンの演じてた女性とか、
よくブレイクに話しかけては他の奴にほっといてやれよと遮られてた男の子とか。

ガス監督は、その場にいたわけじゃないので、空想で描いたのだろうけど、恐らくは似たような空気感だったんじゃないかと
個人的には思った。

あと、ブレイク役を演じたマイケル・ピット。
カートは実際の人物だし、カリスマ性もあってすごく影響を受けたファンも多い人物で、その男を演じることはとてもプレッシャーになったと思う。
顔は、骨格からして全然似てないんだけど、でもちょっとした瞬間が、カートを彷彿とさせ、メイキングの曲を一人で作ってるシーンも
ギターやらドラムやら、雰囲気があってうまいなって思った。

わたしにとっては、とてもいい映画だった。

・・そうか。万人には、これ、糞映画なんだね笑

観なくても・・・

投稿者:kiki 2013年01月25日

良かったかな。

ニルヴァーナもカートも好きだから観てみたけど・・・

カートの最後の日をまんまドキュメンタリーで観せられている感じ。


レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

辛くなってくる

投稿者:mrs.jones 2011年12月10日

ニルヴァーナとカート・コバーンが好きな人でないと分かりずらい部分があると思います。しかし両者が好きな人にとっては観ていて辛いような切ないような、うつろな気分になります。

レビューをもっと見る・投稿する