スラムドッグ$ミリオネアのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.8

観た人
62412

観たい人
16980

投稿者:あおいとり 2019年06月25日

中学校ぶりに鑑賞。やっぱ傑作だと思うな〜ていうか縞模様のパジャマの少年
やライフイズビューティフルやこの映画を中学生で見せてくれた先生に感謝したい…映画好きなあそこも結構原点だった気がする。(脱線)


運命だったんだね、 無学のスラム育ちの少年が なぜ ミリオネア獲得出来たのか …生い立ちはすごく悲惨で目を向けたくなるところもたくさんあるのに最後は幸せになれてほんと嬉しい。お兄ちゃんがどうしようもなくクズなのに、小さい頃からの生い立ちを見てるせいでやっぱり憎めない、最後は優しくて なんだかんだ好き

投稿者:ポロロッカ 2019年06月25日

無学のジャマールがクイズ番組で勝ち進むも不正の疑いをかけられる。そこで彼は生い立ちとその背景を語る。

メチャメチャ好きです。

確かにいささか御都合主義ではあります。
..が、全ての過去が今を後押しして未来になる、そんなメッセージがクイズ番組を通して鮮烈に伝わってきました。
思い出したくない過去かもしれない、けどそんな過去が自分を形作ってるんだなって思うと毎日を大切にしたくなります。

あと映画を評価するにあたって主人公を好きなれるかが私の場合大きなウェイトを占めます。
この映画の主人公であるジャマール君、彼は素晴らしいです。
純粋に応援したくなるひたむきなピュアさを持っていました。
インドという生きるか死ぬかの世界でこれだけ一途に自分を貫くのは容易なことではないでしょう。

人間まだまだ捨てたもんじゃないですね。

投稿者:とうふ 2019年06月21日

主人公の過酷な生い立ちもさることながら、幼少期を共に過ごした小さな男の子が再開したら目が見えなくなっていた事に一番ショックを受けた…

edで無理やりダンスを披露したのは映画全体の暗さを払拭するためかなと思いました

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

過酷な半生・・栄冠は運命だった。

投稿者:カマンベール 2018年05月02日

2008年(イギリス/アメリカ)ダニー・ボイル監督作品。

イギリス・アメリカ合作映画なのに、流れる音楽から、出演者全員がインド人俳優、舞台はもちろんオール・インド。
インド映画の様式をそっくり真似た映画です。

いきなり、日本でも一時期テレビで放映していた同じ形式のクイズ番組
インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”で、1000万ルピアの賞金まで勝ち進んだジャマールが、イカサマの疑いで、警察に捕らえられ、過酷な審問と電気ショックの拷問を受けているシーンから始まります。

スラム育ちの孤児で教育を受けた経験のないジャマール。
彼が、クイズの一問ごとに語る壮絶で過酷な過去のエピソード。
100ドル札にすられてる大統領の名前。
それは靴泥棒をして暴力を受けた時、アメリカ人観光客が、怪我の治療費代わりにくれた100ドル札だったりします。

そして挿入される初恋の女の子ラティカへの10数年に渡る変わらぬ思慕。
ラティカはヤクザ組織の女の子ですし、ジャマールの兄の壮絶な運命など、とても億万長者になっても、一波乱ふた波乱あるのは、目に見えています。
とはいえ映画はハッピーエンドで、ラストにやっと2人(ジャマールとラティカ)が歌い踊って「インド映画」らしさを演出しています。
主役を演じたデヴ・バテルはズブの素人の高校生だったそうですが、その後の活躍は目覚ましく、もうインドを代表する国際派スターです。
『マリーゴールド・ホテル』の1と2。
『奇蹟がくれた数式』近作では『LION/ライオン~25年目のただいま~』
など観た映画ばかりです。

近年で一番いい映画だと思います。とても文学的です。

投稿者:Mei!Ji!Jump 2017年12月10日

とても文学的です。岩井俊二の映画のような印象を受けました。汚いものなかに純粋なものがある。人生の中で大切なものを信じで生きることの大切さがよく分かる映画。

予想をいい意味で裏切られた

投稿者:とーと 2017年11月22日

よく出来た映画だと思います。
長い時間軸の話をぎゅっとおいしくまとめられてて心地よいです。物語に引き込まれました。
私的には満足度89%

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

天下一品

投稿者:ポープネス・ゼイ 2012年10月03日

最高に楽しめる映画!!!見て損なし!

やっぱりアカデミー

投稿者:chou 2012年04月16日

インドの映画といえば踊るマハラジャのイメージだったので、少年時代のスラムの残酷さに、見るのもくじけそうになりましたが、なんとか頑張って見続けてるうちに入り込めました。
青年ジャマールのラティカを思い続ける純粋な瞳はたまらないです。重いテーマを扱う映画ですが、エンディングはインド映画っぽくダンス!顔がほころびます。

面白い

投稿者:ドラゴン 2012年02月22日

最初はどうかな?と思って借りたがけっこう面白かった!

レビューをもっと見る・投稿する