相棒 season1のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

見ごたえがあります!!

投稿者:たか 2011年06月18日

評価 : ☆4つ半

前回の第11話「右京撃たれる 特命係15年目の真実」の続きです。
話しは、15年前の外務省公邸人質籠城事件。
その事件にかかわりのあった人達のあらゆる思いが次々と新しい事件に展開していく。
最終回ということで、出演ゲストも味のある俳優ばかりで、大変見ごたえがありました。
右京の国家権力に対して、自分の意志を曲げずに突き進んで行く姿に、改めて魅力を感じます。
だからこそ、今までシリーズが続いたこともうなづけます。
ぜひ、前回のseason1-6の11話と今回の12話最終回を続けて見ることをお勧めします。

もう、目が離せません

投稿者:たか 2011年06月18日

評価 : ☆4つ

第11話「右京撃たれる 特命係15年目の真実」では、
特命係が廃止に・・・。
ふたりはどうなるのか・・・。
そして、右京が撃たれることに・・・。
何故彼が撃たれたのか・・・。

この話は、相棒 season1-7の2時間SPへと続くことになるのですが、
見どころいっぱいです。
特命係はふたりの息がひったりだけではなく、
岸部一徳の存在感もあり、実に面白い。
ぜひ続きも見たくなりました!!

勘違いからお粗末な結果に!!

投稿者:たか 2011年06月11日

評価 : ☆4つ
最近の相棒は良く見ていたのですが、最初のころの相棒を見てみたくなりました。

では、シーズン1から見ようと検索したところ、画面にはシーズン1からシーズン8まで
全部で8枚しか紹介されておらず、いやに少ないなぁと思いつつ、シーズン1をクリックしたところ、
画面には、シーズン1-1と表示されていましたが、説明を見ると「ファーストシーズンの7枚組セット。
第1話から最終第12話を収録。」と書かれていました。えぇ?、7枚1度に貸してくれるの、ラッキー!!と
思って予約しました(実は早とちりの勘違いでした。7枚一度に貸してくれるわけないですよね)。
ところが、届いたのは、シーズン1-1の1枚だけ。どうなっているのと思いながら、再度、アクセスしたところ、
今度はシーズン1-1からシーズン1-7まで、7枚ちゃんと表示されているではありませんか。何故なんだ?と
思いつつ、上の表示を見たところ、「シリーズ表示:」と言うところがあって、「シリーズ全巻表示」と
「シリーズ毎に表示」と二つあり、最初の方を選択すると、シリーズが全部出てくるのですが、
後の方を選択すると、シリーズが1枚ずつしか出てこないのです。私は、「シリーズ毎に表示」を選択していた為に、
勘違いをしてしまったわけです。でも、DISCASさんの説明もひどいですよね。せめてシーズン1-1のところには、
第1話の2時間スペシャルを収録と書いておいてもらえれば、勘違いしなかったのですが。
シーズン1-1、1-2、1-4、1-5には全く同じ説明で「ファーストシーズンの7枚組セット。第1話から最終第12話を収録。」
と書かれているので、直してもらいたいですね。皆さんもご注意を!。
でも、こんな勘違いをするそそっかしい人はいないでしょうね(笑)

前置きが長くなってしまいましたが、もう一つ勘違いしてしまいました。
このシーズン1が最初で、2人の出会い、何故特命係なのか等のことがわかると思っていたのですが、
シーズン1はシリーズされてからの最初であり、シリーズ化の前に、土曜ワイド劇場が放映されて、
そこで二人の出会い等が明かされているようです。それを見るには、Pre Seasonの中に納められているようです。

今回の「警視総監室にダイナマイト男が乱入!刑事が人質に!?犯罪の影に女あり…」という長いタイトルの
2時間スペシャルも、面白かったのですが、DVDの中に、スペシャルコンテンツがあり、水谷豊と寺脇康文の
対談が有ります。その中で、杉下右京が何故サスペンダーをしているのかが明かされています。

このシーズン1の山場は、何と言っても、第11話の「右京撃たれる~特命係15年目の真実」で、
右京が撃たれてしまいます。その続きで最終話ではないかと思うので、ぜひ見てみたいと思います。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する