食べて、祈って、恋をしてのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.2

観た人
21220

観たい人
5971

投稿者:ゆーか 2019年03月23日


2019年34作品目

ジュリア・ロバーツが好きかどうか見極めるため、選んだ作品。微妙でした
ファンのかたすいません。

わたしは1年遊んで暮らせるお金あったら、
ロンドンとパリとアメリカに行きたいな。

非現実的だし、結局恋愛かよって思っちゃった。

投稿者:keiko 2019年03月23日

前半は尺の問題なのか端折られすぎててなんとなーく人物の関係を探ったり場面の移り変わりに戸惑ったりする感じもありますがコメディ要素もあり個人的には見終わった後の見応えはあったかなと思います。

出てくる食べ物であったり衣装や景色、建築なんかも色彩豊かでとても素敵でした。

投稿者:TomokoKimura 2019年03月22日

やっぱり旅をするときは弾丸ではなくたっぷり時間をとって同じところに滞在しようって改めて思った。

深いいセリフが何個も出てきてまた見たくなった

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

一回でわかりません

投稿者:miocat 2015年04月29日

最初は期待値が高く、映画館まで観にいきましたが、そのときは全くストーリーの意図もわからず、途中で退席しなくなる退屈さでした。 2年ほどだってどうしても気になりもう一度観て、トリコになりました。女性ならいつか共感する時が来るのではないかと思います。 

伝わらない

投稿者:ABC 2014年10月06日

うそ。
まったく主人公に感情移入ができない。Liz が何を感じているのか、伝わってこない。
なんだかんだいっても、恋愛問題が一番の気がかりなんだって、カンボジア難民でさえそうなんだって、そんな事を冒頭でさらっとナレーションされてました。そういうこと?
どんな苦しいことがあっても、恋愛??

いろいろな場所に行って、いろいろな人に出会って、いろいろな経験して...ってそんな気分にしてくれなかった。残念ですね。
原作からの映画化に失敗したのかな。

旅番組として見るべし

投稿者:Sarah 2014年02月07日

離婚を決意した女性が、今まで男につねに頼ってきた自分を省みて、自分探しの旅に出る話。
イタリア、インド、バリ、それぞれ人生観が変わりそうな国ではありますよね。
イタリア人から「アメリカ人は働き過ぎ」とか言われてるのを見て、笑いました。日本人の働き過ぎは異常なんでしょうね。
たしかに離婚したら旅したいような心境になるかもしれません。ぐちゃぐちゃ思い悩むタイプの方には共感できる内容かもしれませんが、なんとなくジュリアと一緒に旅をしてるような気になるだけで、そんなに深い内容ではありません。
まあ女性好みの癒やし系映画ということでほのぼのはしましたけど、特に男性には意味不明かもしれません。

パニックになってヒステリーを起こしやすい女性なので、付き合う男性もなんか激しい男ばかりです。
お互いに情緒不安定同士って、たしかに現実にもつきあい合いやすいと思いますね。
この女性は、この旅のあとも相変わらず激しい男と次々付き合って叫びまくるようなケンカを繰り返すことでしょう。

ふわふわした内容のわりに2時間超は長いです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

答えは自分で気づく

投稿者:うっちぃ 2013年03月27日

自分の人生を再生するといっても、過去は消えない。それも慈悲と受け止めれば、一歩踏み出せる。そんな感じがしました。ただ、無職で道楽出来るほどお金が有るので、身近かな存在として親近感はもてませんでした。さみしくてワガママな女が、哲学と宗教に癒された物語に感じました。

色んな国が見れる

投稿者:laduree 2012年03月09日

イタリアに行く飛行機の中で見たので、綺麗なイタリアの景色や言葉、おいしそうな食べ物など、見ていてワクワクしました。旅行する内容なので、色々な国が見れてそれもまた楽しかったです。

帰国後、もう一回見ましたが、ストーリーというよりもやはり特に映像が楽しめました。私は好きです。

やりたいことやりまくり

投稿者:かおり 2012年03月03日

ジュリアロバーツが、太ってズボンが掃けないシーンがあるけれど、まったく太ってない!!! ジュリアロバーツは普通の役になりきれないのか…

レビューをもっと見る・投稿する