ソーシャル・ネットワークのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
57880

観たい人
14730

投稿者:そんなん言うのどうかしてるぜ 2019年10月16日

ずっと、フィンチャーの作品だけど、フェイスブックの創始者の話って、伝記ほどでもないしフェイスブック興味ないしなーと思って、見てなかった作品。

成功するけど、親友をないがしろにして訴訟を起こされるという薄い内容なのに、ゴーン・ガールと同じ独特な色使いの世界観や、監督は違うけどウルフオブウォール・ストリートにもちょっと似た感じの、テンポよく進んでいく感じなどがさすがフィンチャーだなとおもいました。まあこの映画の方が先なのでこっちの方が元祖ですね。

マークザッカーバーグの天才にありがちな早口すぎる口調の演技がすごい良かったです。

投稿者:Anma 2019年10月16日

デヴィッドフィンチャーの独特の雰囲気が、内容をよりおもしろくした。違う監督だったらここまでおもしろくなってなかったかも。

投稿者:りーちゃん 2019年10月16日

世の中を変えてしまうほどに画期的なものを創り出せる人は、理解できないほどの変人であって天才であって、だからこそ他の人は考えもしないようなアイディアを思いついてしまうんだろうなぁ。そういうアイディアを出せるのは結局、自頭が良くて、たくさんの知識や技術を学んだら蓄積していけるからなんだろうな〜、と感じた。
天才の言動って理解しがたいから我々凡人にはとっつきにくいけど、世の中のためには必要だな〜。日本にも、海外の天才たちに負けないために、優れた天才が必要なんだろうな〜〜。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

アメリカの名門大学(ハーバード)の内情に迫る

投稿者:カマンベール 2018年03月09日

2010年(アメリカ/120分)

Facebook創設者マーク・ザッカーバーグの実話だが、
かなりのフィクションを含めて、歪曲された映画だとも思います。

ご本人が訴訟を起こさないのが不思議な位の内容です。
自分も散々人を裏切り蹴落とし汚いこと塗れの人生だからでしょうか?

主役のジェシー・アイゼンバーグとは共通点も多い。
身長が171cmと小柄であり出自はユダヤ系であるなど。

ハーバード大学と言うと「世界一の大学」と言っても過言ではないでしょう。
映画を見ていると階級社会、格差社会であることがあからさまです。
名門クラブに入るのは、大金持ちの子弟や有名人の子供。
父親が歯科医、母親が精神科医位では、ハーバード大学では目立たないポジションになるのでしょうか……。

ウィングルボス兄弟のアイディアを頂戴して、Facebookを立ち上げる
3~4ヶ月の隠密行動の間のマークの集中力には驚いた。
親友(?)のエドゥアルド(アンドリュー・ガーフィールド)との確執そして始まる訴訟の嵐。
でも見ててエドゥアルドはたかが最初の資金を出資したに過ぎず、
ウィンクルボス兄弟だってマークほどのコンピューター技術と実行力があったとは到底思えないのだった。
映画「スティーブ・ジョブズ」での人を蹴落とし出し抜き、利用して捨てる・・・本当にマークだけでなく周囲の人がもう汚い。
金と名声にたかる蟻だし、男の嫉妬はハーバード大学だろうが、
みっともなさに違いはないのだった。
Facebookやツィーターの世界には無縁だが、娘いわく、
「殺された人の写真が拡散する様子を見ていたら、絶対にやりたくない。友達のを見てる分には楽しいけど・・・」
私も共通のスタンスですね。
ラストでマークが別れた恋人エリカに友達申請するシールは、
さすがに映画!!
落とし所はマークに花を持たせましたか!!お見事!

この人も、かなりの変人

投稿者:へらくれすん 2017年05月31日

ジョブズのときも思ったが、マークもかなりの変人。上司に絶対にほしくないタイプ。
ただアメリカで成功する人は、こうでないと無理なんだろうね。

専門的な部分が結構あるので、評価は分かれる映画かな。

巨万の富は頭の中で作られる

投稿者:チキンハート 2017年05月20日

感想・総評:サクセスストーリーだけど、ワクワク感がない

対象年齢:高校生以上(暴力場面なし。Hな場面あり)

食事中に見られるか:だいたい大丈夫

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

得たもの失ったもの

投稿者:うっちぃ 2014年04月19日

確かに天才でしょう。物語はシビアで、野心的で、ビジネス本位で、訴訟の国なんだと感じました。
巨額の富を得ましたが、失った友情や信頼もあったと思います。

ラストは、いくらお金を積んでも手に入れられないものなんだと思いました。

非常に興味深く見ましたが、楽しいとは感じませんでした。

投稿者:トントン 2013年11月07日

始まりは 腹いせ?幼さ過ぎ。欲とは 恐い。時として 大切にしたい物は 変わるんだ。

野心的

投稿者:よっしー 2012年10月31日

登場人物は我が強く野心的です。名を成すには必要な要素に見えます。マークは得意分野でフェイスブックを作り上げ広めます。さらに拡大するには人脈がいります。交流の少ないマークにショーンの力は絶大です。所々で露骨な言葉の応酬が続きます。善悪が無くそれぞれに感情移入が出来そうです。

レビューをもっと見る・投稿する