バミューダ・トライアングルのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

総評

投稿者:ぽんぽん玉 2013年07月23日

個人的にはとても面白かった作品です。
最初、【バミューダトライアングル】を題材にしていると知った時点で暗雲が立ちこめた(-_-;)
こりゃ、ラストが難しいな。。。と。
良くありがちな【お茶を濁す】や【宇宙人の仕業にする】といったオチは、そのまま駄作を意味する。
どうラストに持っていくか、期待よりも不安が大きかった。
しかし、脚本もしっかりしていて、中だるみもなく、ぐいぐい引き込んでくれた。映像も綺麗です。
ただ、【船や飛行機が消える】といった現象だけではなく、【別次元の現実】が織り込まれているので謎が多く、最後まで飽きる事なく見られた。
このラストには賛否両論あるでしょうが、個人的には満足。
終始、ブレる事なく、まとまりのある脚本だったと思います。
映像が綺麗なので見応えは十分。
強いていえば、吹き替えがないので、映像に集中しきれなかったのが難点でしょうか。
どちらにしても、全体としては良くできた良作だと思います。
オススメです。

そういう事か(VOL3のレビュー)

投稿者:ぽんぽん玉 2013年07月23日

皆が経験しているのは【あり得たかもしれない別の未来】という事なのね。
パラレルワールドとはまた違った現象か。
要は、時空のねじれによってめちゃくちゃになって何でも有り?!みたいな^^;
だいぶ、強引だけど、これはこれで面白かった。
それぞれが見た【別の未来】は、無限の可能性を示唆している。
小さな決断の積み重ねが未来を作る。そして、その決断ひとつでも違えば、全く別の未来になる可能性があるわけだ。
最後、彼らが手に入れた【未来】は全員が納得のいくものではないだろうけど、紛れもなく彼らの決断によってもたらされた【未来】なのだ。
【海軍が~】と言うくだりに賛否両論あるだろうが、全体的には良くまとまった良作だったと思います。
個人的には見応え十分でした。

それぞれの思惑(VOL2のレビュー)

投稿者:ぽんぽん玉 2013年07月23日

正直、集まった4人が専門知識をフル活用しているとは到底思えない。
特に、エミリーとブルース。。。^^;
とはいえ、それぞれが違ったアプローチをしているのは面白い。
ハワードは記者らしく、あくまでも足を使って情報を集めている。
エミリーとスタンは学者らしく、調査して数値に変換。
唯一スタンは、バミューダトライアングルの謎というよりも、ヘザーの身を心配しているのです。
これはひとえに、彼だけが精神的ダメージを受けている証と言えるでしょう。
ヘザーが体験した悲劇を我が身のように追体験しているわけですから。
それと同時に彼らが体験している幻覚(?)も興味深い。4人は一時的な現象なので【幻覚】で済むだろうが、ミーノは辛い。
状況が分からないだけに気が狂いそうになるよね。
早く、理解できると良いのですが。。。(4人と合流するのかしら?)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する