破れ傘刀舟 悪人狩りのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

名作です

投稿者:ヤブ医者どんべえ 2014年03月19日

子連れ狼のDVDを観ていて、錦之介さんの作品が観たくなり借りました。いいですね~。悪には容赦しない姿は
爽快ですらあります。ただ、はじめはあの名セリフ言わなかったんですね。続きを観たいです。

「てめぇら人間じゃねえや!叩っ斬ってやる!」

投稿者:まみもぉ 2010年11月09日

「痛快」、言わなく使わなくなりました。聞かなくも。
(先だって『バタリアン』を観て久しぶりに体感はできました。)

「痛く快い」こと、
70年代は、まさにこれがあふれていました。
私はまだいたいけなさ残る少女でしたが、
日々この「痛快」にひたっていたように思います。
当時、一番大好きだったそれがこれ。
痛快時代劇「破れ傘刀舟悪人狩り」
刀舟は、
仮面ライダーの対極に君臨する痛快ヒーロー。

彼は危機せまる弱者のもとに、
だっとのごとく現れて、助けてはくれません。
弱者はたいてい虐げられ斬殺、皆殺し。
弱肉強食が当然の成り行き。

彼が現れるのはその後、弱肉で満腹になっている悪人の真ん前です。
狙い撃ち、不意打ち、闇にまぎれることなく、
正面きって、仁王立ち、罪状を述べ上げ、
そして、あの名台詞、
「てめぇら人間じゃねえや!たたっ斬ってやる!」
名刀、岡田貫で叩っ斬ります。
!痛快!!

三代目中村時蔵の御曹司。
歌舞伎役者から時代劇俳優へ転じて、
大映の市川雷蔵と共に大活躍。

ですから、立ち姿、止め、きめ、美しいです。
かわいい目に高めの声、
こわ面でドスのきいた声ではないのですが、
それゆえ、普段は優しい刀舟先生の形相の変化は、よりいっそうの大迫力。

当時、時代劇なのにズボン(パンタロン風)に高下駄。
少女の目にどんなに”クール”、だったことか…
倫理的道徳的不適切きわまりないのですが、
お茶の間で家族そろって見ていました。
もちろん、子供はマネします。
人間じゃないから叩っ斬って…いいわけないのですが、
萬屋錦之助演じる叶刀舟、悪人狩りですから、いいんです。
70年代日本がさあいくぞ期の時代劇です。

仁王立ちで一気に
言ってすっきりな名台詞。
結構今でも、個人的にはお世話に…役に立っています。
痛快さ、お求めの方、是非、一吼。


おめぇーら、たたっきってやるぅ~名ゼリフ特選

投稿者:aiai 2007年06月09日

萬屋錦之介の高音からくりださせる台詞
「たたっきってやるぅ~」
これしびれます。

最近は発声で泣かせる役者少なくなりましたが、萬屋さんはすごかった。渋いよなぁ。物語はほぼ勧善懲悪の時代劇。よく観てました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

全話出てるのが嬉しい♪

投稿者:飛びトカゲ 2012年04月20日

『てめぇら人間じゃねぇ! 叩っ斬ってやる!』 萬屋錦之助の演じる刀舟先生の悪人退治の物語。 悪人の犠牲者にあまり救いが無いのもある意味リアルなのかな。 傑作選みたいなチョイスでなくて、全話発売されてるのが嬉しいです♪

レビューをもっと見る・投稿する