幸福な食卓のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
2110

観たい人
809

投稿者:せじゅん 2020年10月17日

昔観た。
原作もキャストも好き。
ラストシーン何故あんなに後ろを振り返るのか?と大学生の頃に話していた記憶がある。なんでなんだろう。

投稿者:Akari 2020年09月24日

きたのきいちゃんを久しぶりに見れた
本で読んですごく良かったから観てみたけど、やっぱり本のがいい
シュークリームの数もちがう
小林ヨシコはこの物語のキーパーソン
くるみもとても良い
瀬尾まいこさんワールドは抜け出せない!

投稿者:遊 2020年09月13日

反則みたいなラストシーン

原作が本当に良かったから観たけど
中学のとき観てたら北乃きいに一生を捧げるところだった 危なかった〜

死ぬほど根詰めて頑張っていたことを、諦めよう、って死ぬほど簡単に決断できることがいかに幸せか分かった これは映画で観て分かった

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

北乃きいと勝地涼

投稿者:ホラーは観ないKEN 2020年08月18日

北乃きいは、可愛いけれど 美人すぎず
どこにでも居そうなコで、良いですね。
勝地涼の爽やかでポジティブなキャラも良いです。

切磋琢磨がキーワード

投稿者:サンジョベーゼ 2013年11月10日

40過ぎのオッサンが、うかつにも、北乃きいちゃんの学芸会演技に涙してしまった。ポロポロ泣いてしまった。

きいちゃん、ずるいよ。現役女子高生が、こんなつらい現実を演じちゃ卑怯だよ、と思うほど、感情移入できる素直に優しい映画でした。

兄貴がとにかく優しい。天敵のはずの兄貴の彼女も、これまた優しい。影は薄いが、家を出た母さんも、父さんを止めてしまった父さんも、みんな優しい。
そして、それをズバリ言い当てた、彼氏、大浦勉学くんが、「中原はみんなに守られているんだよ」と言うところが、優しさの極み。この映画の主題であり見どころだと思う。

女性ならこんな風に愛されたいのではないかと思ってしまう。私は男性だから、オッサンのくせに、大浦君のように愛したいと思った。

7年も前の映画なのに、こんなにしびれさせてもらえるなんて、私は幸せです。

いい。とてもいい物語です。

きいちゃんがとにかく可愛い。先ほどの学芸会演技発言はきっとかなり失礼な物言いだったと思う。
でも、私は学芸会を粗末なものというとらえ方をしていないから。純粋、素直、正直、不器用、子供の背伸び・・・、そして周りの大人たちがちゃんときいちゃんを支えてる。
監督や脚本だけでなく共演者がきいちゃんを支えている。そうした脚本上のやさしさではなく、現実の撮影現場の優しさが映画の魅力ににじみ出ているのではないかと思う。
とてもいい映画です。お勧めです。

親や友人、まわりの人に感謝したくなる映画。

投稿者:いち 2012年10月25日

この清々しさは、何なのだろう。

原作の人物設定はもう少し重いらしいが、
映画は、展開も音楽も心地良いテンポで進み、

「父さんは今日で『父さん』を辞めようと思う。」
という、
冒頭の父親の宣言から
引き込まれるように見入っていた。


わたしももっと早く知るべきだった。
所詮は父も母も、
「父さん」「母さん」を演じているのにすぎないのだと。

一緒に生活している間にそのことに気付けていれば、
もっと母の生き方を
助けることが出来たのではないかと思う。

友人がさりげなく伝えた、
「気付かないところで、ちゃんと守られているんだよ」
という言葉が、心に沁みる。

エンディングでMr.Children「くるみ」が流れる。

『希望の数だけ 失望は増える
それでも明日に胸は震える』

佐和子はひたすら川沿いを歩いている。
ときどき不安そうに振り返り振り返りしながらも
次第に明るくなっていく表情が印象的。

人はどんなに傷ついても、生きていく。
誰かに守られながら、
誰かを守りながら。


好きな邦画が増えてうれしい限りである。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

イイ話です

投稿者:イチゴ@Jam9 2014年06月10日

ホロリときました!

幸福な食卓

投稿者:かおり 2012年03月15日

小説をそのまま、きちんと、映画にした。そう感じ、感激しました。 最後の、北乃きいが歩いていく所を、長回しで撮るのは良いですね。Mr.Childrenの歌とぴったり合います。暖かい希望が見えました。良かった。

良かった

投稿者:りね 2012年02月19日

観た当時、仲良かったクラスメートの男子が亡くなった後だったので、すごく泣きました。 純粋な恋愛って綺麗ですよね。

レビューをもっと見る・投稿する