エレクション~黒社会~のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
674

観たい人
509

投稿者:こにし 2020年11月21日

杖を奪い合うってなんだと思ったら木彫りの杖の持ち手で謎すぎ。伝統なんか知らねえって現代風異端児もいて笑った。
ロクの表情まじ怖い。2年周期でこんな事あったらたまったもんじゃねえと思ったら本当に三合会って組織あってどひゃった。
銃撃戦を期待しとったけど淡々と進んでくのもいいな

投稿者:ジニョク 2020年11月18日

最近ほんっとうに劇場へ行っていない
コロナがきっかけで出不精になったってのもあるし、いや、でもやっぱりコロナは怖い
危険を冒してまで観に行きたい映画はやってないし、おうち映画の環境が整い過ぎて快適過ぎて、おうちが1番!て状態なのであります。

そんで、いつも皆さんのレビューを読んで”あれが観たいこれが観たい!”と物色しております。

今作もフォロワーさん⚑⚐のレビューが面白くて借りちゃいました☆

っとあらすじ♡︎ʾʾ
香港マフィアの会長総選挙!
任期は2年。
立候補した者を、長老や親父たちが多数決で決める。
そして、選ばれし者はある物を手にしなければ真の会長とは言えないのだ‼︎

そのある物ってのが”竜頭棍(リュウトウコン)”
なんじゃそりゃ。
フォロワーさんは”杖”と書いていたけど、私には杖の持ち手についている精巧な彫刻をほどこした飾り部分に見えました
いや、もしかしたら折り畳み式杖なのか?

その”杖”争奪戦なるお話

あちらのマフィアさんは嫌がらせのセンスが抜群です。
中華料理で使うレンゲの食べ方ご存知ですか?
木箱に入れられて山の斜面を転がるってどんな感じ?

それから服装が日本のヤクザさんのようにヤクザスーツではないんですね
その辺にいそうなおじちゃんの格好なんです。

そんなわけでサイモン・ヤムさんやルイス・クーさんがヤクザに見えないのも当然なわけで

いやぁ、面白かった!
その竜頭棍とやらを必死で守り追いかけ奪う!
杖を手にしなければ王にはなれない!
なんて、何かの神話みたい

これ2もあるんです。
もちろんそちらも借りました♪
楽しみだぁ〜!

巨乳が本物かどうかの見極め方。
目の前でジャンプしてもらって揺れ具合を確かめる
美形ルイス・クーの目の前でジャンプしてた女優さん、嫌だったろうなぁ〜


P.s. 今週は疲れ過ぎてヘロヘロです。
今夜は映画は断念してもう寝よう!
んじゃ、また!

投稿者:タークス 2020年11月11日

香港マフィアの内輪揉めの話。
最後が衝撃的でした。
サイモンヤムはニコニコしてたがレオンカーフェイよりヤバい人だったんだな(笑)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

エレクション

投稿者:片山刑事 2020年11月13日

 香港の犯罪組織の会長の座をめぐって血で血を洗う内部抗争の話。

 伝統を重んじる黒社会の人たちが選挙で新しい会長を選出するけれど、選ばれなかっ武闘派が内部争いをしていくという。どこの世界も跡目争いは起こるんだなと勉強になる作品でした。

 登場人物の関係性がわかりにくく、名前と顔を覚えるのが大変でしたが。メインの2人の対立がわかってくると彼らが刑務所の中で画面自体は動かないけれど、彼らの部下が会長の証の杖をめぐって、本土と香港の間を奪い合いがあって、そこに殴り合いとか刺しあいがあって血みどろになっていきます。

 画面も暗い中に光が差し込み、たばこの煙がもくもく上がっている中の会話とかも全体的にダークな雰囲気があってよかったです。

 ただこういったマフィア映画ギャング映画ヤクザ映画に見慣れていないと結構置いてけぼりをくらうのではないかという説明があまりないまま、ひたすら杖の奪い合いをしているだけなので好みの問題で面白さが変わると思いました。

 親や友人を大事にしないと落雷に撃たれるという伝統を重視する黒社会の人たちに笑ってしまいそうになる映画でした。

登場人物が多過ぎ!

投稿者:ムービードリンク 2018年06月21日

エレクション 黒社会

香港 、中国


前半はマフィアの会長争奪戦で二人の候補者が会長印の黒い棒を奪い合う。

後半は争った仲間たちと手を組み組織拡大と島の拡大に協力合う。 が…


●76点。古き良き伝統あっても極道は極道ですね。欲が全ての世界でしたね~

●見所
◎第1位
会長印の黒い棒を巡り、ありとあらゆる情報で取り合う争奪戦が良かった。
★彡誰をチェックすれば良いのか?当時人物が多くて大変です!


◎第2位
古い伝統のルールを重んじる考えが良かった。
★彡理にかなっている2年の会長交代には意味があると古いヤクザの人が伝える流れは普通のヤクザ映画とは違って新鮮でした。

◎第3位
ラストまさかのクールな人が実はヤバイ!
★彡頭脳派でと思っていた人が実は武闘派だったある人物は予想外で驚けました。∑(゚Д゚)


●残念な所。
あと少しだけ人間関係を丁寧にしてもらえれば感情移入できたのに!

B+ 選挙後は手打ち

投稿者:かづしげ 2011年06月18日

 一見、金が全ての浅ましい奴らによる次の二年を仕切るボス選挙戦。買収された筈の長老達は土壇場で大勢に従う大人の知恵に傾いたり、選挙後もかなりあくどい事をしておきながら、組織維持の為何事も無かったかの如く手打ちをしてみせる対立勢力など唖然とさせられる。
 図に乗ったバカは本流に乗ったのに、強欲と腹の内を隠さないから最後にやられちゃうんだよなぁ。権力奪取または権力維持の為には手段を選ばないという点で、結局AもBも中身は同じ。でもマフィアドラマはこれで好い。変にかっこよかったりすると、ヤツラに憧れて道を踏み外す外道が増えかねないからね 笑
 サイモン・ヤムの冷静表現、あの刹那の変化(へんげ)はお見事。



※レーティングは、A+,A,A->B+,B,B->C+,C,C- の9段階。


レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

黒社會

投稿者:☆ 2011年11月13日

原題『黒社會』。トー監督が長年に渡り、関係者にインタビューなどしある意味、実録系作品です。黒社会に興味のある方には、バイブル的になるでしょうし、秘密結社の歴史や今現在での存在や、社会との繋がりなども垣間見れるので、楽しみ方は千差万別です。そして儀式や指文字などの貴重なシーンもあり、素晴らしい作品です。劇中の暴力シーンは拳銃は一切使用されず、拳や青龍刀など痛い暴力なので、脳や心に突き刺さります。男たちの貪欲・駆引き・男気・美学を、トー監督が叩き付けます。

レビューをもっと見る・投稿する