ママの遺したラヴソングのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
1038

観たい人
1193

投稿者:pape 2021年04月22日

こういうの好きだし、おじいさんになった白髪のジョントラボルタと若くて瑞々しいスカヨハ見れるから良い。

投稿者:こうき 2021年04月11日

亡き母親の謎が少しずつ紐解いていく描写が良かった。忘れたくないが故に思い出を妄想で作り上げるのは胸が痛くなった。

投稿者:ひとんぷぅ 2020年12月21日

2020/12/20鑑賞
高校生のパーシーは幼い頃に別れた母親が亡くなったという知らせを受け故郷に戻ります。母親の家には元大学教授とその助手でもある作家志望の男が暮らしています。母親の世話をした友人でもある二人は家に住む権利があると言い、パーシーも帰る場所がなく3人の共同生活が始まります。

これは好きな映画です。母と娘のお涙頂戴映画だと思ったらそうではなかったです。ジョントラさんの老けた飲んだくれじじぃな感じも良い(実際には関わりたくないけど)スカーレットヨハンソンも若いっ!色っぽいのに幼さを残し可愛い!作家志望の男も良いっ!二人をしっかり支えて良いっ!そして何より全編に流れる音楽も良いっ!家がドンドン可愛くなっていくのも好き。
喧嘩ばかりの3人が暮らしていくウチに分かってくるそれぞれの事情。観終わった後すごく優しい気持ちになれる映画です。
原題は『A LOVE SONG FOR BOBBY LONG』ほほぉ~ん。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

何とな~くの、ふわ~っとした物語

投稿者:BEEFジャーキー 2013年12月14日

疎遠だった母ロレーンが亡くなり、
ロレーンの家にやってきた娘のパーシー…
そこには、元教授のボビーと、
作家志望のローソンが、住んでいた!?…
ボビーとローソンとパーシーと…
不思議な関係の3人生活が始まった……ってなストーリー。

のどかで古びた街並、
のんびりした展開…

ハッキリくっきりした内容ではなく、
何もかもが何とな~くの、ふわ~っとした物語。


*****以下ネタバレ*****
結局、
パーシーの父は、ボビーだったわけだけど…

ちっとも疑ってなかったボビーを見る限り、
母ロレーンは、とても自由な人だったんだろうなー
みんなの恋人であり、自分だけの恋人ではなかったのだろう…

ラスト、
ローソンとパーシーは、何とな~く、イイ感じで…
ボビーは、手術せず死を選んだってとこだろうか…。

ほんと、最後の最後まで、
何もかもが、ふわ~とした映画でした(笑)

なんとな~く温かくて、
なんとな~く心地よくて…
なんとな~く恋してて…??

要するに、なんとな~く味わい深げな映画って感じ (*^ ^*)

☆1

投稿者:りかりん 2012年10月08日

スカーレット・ヨハンソンが、この原作を読んで感銘を受けて映画化が実現したとか・・記憶違いだったらすみません(^_^;)

この当時スカーレットは20歳なんだけど・・うーん・・老けてない?綺麗だから良いんだけど(^_^;)

良いお話なんだろうけど、私はいまいちでした。
何度、睡魔に襲われたことか(^_^;)

単調過ぎるというか、退屈ちゃいましたね。
ジョン・トラボルタの白髪もピンとこないし、3人で共同生活するというのも変。私だったら追い出しますわ(笑)
物語がすすむにつれて、色々なことがわかってくるのですが・・
酒場で、ローソンとボビーが喧嘩する時にボロクソに言われる女性・・誰だっけ?
あの女性が1番可哀相だったわ(-_-;)

この全編全てが「ママの遺したラヴソング」だったのでしょう。


大味感否めず 邦画と比較する

投稿者:ちびた 2012年09月06日

ロレーンが死んだ

パートナーだったボビーは酒に逃げる

離れて暮らしていた娘パーシーには遅れて通知が届く

残された家に住むボビーとローソン
二人は元子弟(教授と生徒)
正当な相続者であるパーシーとの奇妙な三人の生活が始まるのだが…

あくまで登場人物のこころの陰影を描こうとする抒情劇なのだが
大味感を免れない

僕は どういうわけか最初でパーシーとボビーが親子だと思い込んでしまったので
終盤のサプライズ 全く効かず
なんだか間の抜けた感じでした

むしろ 画面には登場しないロレーンに興味が
なかなか恋多き女性だったらいいことがそこここに出て
ボビーのもとに集まり飲んだり歌ったりするメンバー
全員と関係があったのでは などと下種の勘繰りしてしまいました
下種ついでに 最後のオチは ローソンがパーシーの父親 というのを期待しちゃいました

抒情については日本の方がしっくりきます
それともトラボルタのせいでしょうか 

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

うーん

投稿者:ヒロ 2012年05月03日

ストーリーは特に感動できないし普通でしたがジョントラボルタの役どころはよかったです

感情移入出来ない

投稿者:iwanna 2012年04月15日

ボビーとパーシーの関係が明らかになっても特に驚けないし、感動も出来なかった。
パーシーが二人に対してあんなに怒った理由もよく分からない。
ニューオリンズの景色とスカヨハは奇麗でした。

ママ、私のこと愛してた?

投稿者:かおり 2012年03月17日

ほがらかな良い映画でした。ジョントラボルタの少し廃れた中年男の役が良かったですね。とてもいい味出してました。

演技

投稿者:みつ 2011年10月16日

ジョントラボルタと、スカーレットの想像していた役柄とは違った役柄がよかったです。ニューオリンズの田舎風景がきれいでした。話に工夫がもうひとつ足りないなあって思う部分があって途中少し退屈しましたが最後まで見ました。

“I’m just a girl”

投稿者:Cafe Europa 2007年09月10日

“I’m getting well and can’t wait to see you. Time seems to stand still in these places but some how too much of it has passed and there’s so much to say.”ユーモアもあっていい映画だと想っている。“See what is invisible and you’ll see what to write” YESTERDAY I HAD A DREAM-- I COULD FLY-- THROUGH THE SKY.

レビューを投稿する