バッテリーのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
6734

観たい人
736

投稿者:なつこ 2019年06月10日

Blu-rayになり再販されて嬉しい記念レビュー(笑)やっぱBlu-rayは映像綺麗♡

野球にしか自分の存在意義を見い出せない、周りに理解されない孤独な天才ピッチャー。
孤独であるが故に生意気。
そんな少年が、運命のキャッチャーに出会い、バッテリーを組むことに。

生意気だけど、仲間には優しいんだよね…仲間には見せる笑顔…可愛くて切ない

ストーリー的には最後急に綺麗に纏まっちゃう感がありますけど…許容範囲かな。
とても爽やかな、真っ直ぐな子供たちの青春ムービーです。


あとはもう、幼き遣都の透明感ね…抜けるような透明感なんですよ✨

当時は「新人かぁ、綺麗な子だなぁ」くらいの印象しかなかったのにwww
人生、いつどこに沼があるか分からないですね…笑

投稿者:aratassk 2019年05月15日

DVD鑑賞、みんな若い。彼らの悩みとか、私はとうに通り過ぎたので、なんだかくすぐったくなりました。でも、今をときめく俳優達が初々しくて、見て良かったです。ラストシーンが好き。

投稿者:SUN 2019年04月30日

原作とまた違う良さがあった。
青春、部活って感じ。ひたむきに純粋に野球をする姿に懐かしさと改めていいな〜と思った。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

歪んだ青春野球

投稿者:なゆ(21)デンゲリ 2018年06月16日

 青春まっしぐら――ではあるものの、全く感情移入どころか、登場人物たちに魅力を感じなかった。それがこの作品のいいところだと思う。第三者として完全に遠巻きに見ているのがいいのだろう。彼らが勝手にやっているのをただ見ている。それでいいと思う。

 アニメ版もあるが、そっちはそっちでいいんだけどね。

バランス

投稿者:TOMY 2011年08月20日

もうすっかり遠い日になってしまったけれど、10代で生きてた時間も大変だ。
一生懸命に生きるしかないのだし。
閉塞感のある小さな町、それが自分の世界のすべてに感じる。
友だちとも上手くいくことばかりじゃないし、言葉で上手く表せない、鬱屈した思いでがんじがらめ。
まして、主役の巧は天才ピッチャー。
家族の複雑な事情もあり、小さな頃から素直に感情を表せなかった彼は、人付き合いの術など持っていない。

久しくスポーツやってないけど、そうかー、チームプレイは、お互いの力も、気遣いも、バランスをとりながらやっていくんでしたね。
自分の精一杯。
相手とのバランス。
野球への思い。
当然勝つためにやっているんだし、いろんな要素があって、子供の頃にこんな経験があったら、人生豊かになれそう。
子供なのだから、余計にバランスなんて簡単にはとれないから、尚のこと大切な思い出になるのじゃないかな。

わかりやすくするためなのだろうけど、病弱な弟に手がかかって、長男の巧につらく当たってしまう母親は、ちょっとヒド過ぎるなぁ、と思ってしまった。
母親じゃないからわからないけど、両方自分の子だもん。
いつだって子供のほうは、親の目が向くのを待ってるのに。
疲れてるのかな。
親になったからって、器の広い人ばかりじゃないものね。
でもなー。

けれど、巧役の林遣都くんのあの透明感が、孤高の天才少年のイメージに素晴らしくぴったりで、次男の天真爛漫な笑顔がかわいくて、そして、キャッチャーの豪役の山田健太くんの、あの突き抜けた明るさが最高で、役者がとっても良かった。
私には、スポーツでできた仲間がいないのだけど、なんだか、とてもさわやかな気持ちをもらいました。
がんばれ!
男の子!!

☆3

投稿者:りかりん 2011年07月11日

野球大好きな私。毎日、ナイター観戦してはブツブツ文句言っています^^

「髪を切ったら、球が速くなるんですか?」て・・クソ生意気な巧くん^^

君の場合は、先に目上の方に対して敬う気持ちを学びなはれ^^

少し長いなぁ~と中ダレしちゃいましたが、ほのぼのした作品だったと思います。

何と言っても、菅原文太と岸谷五朗です。この作品は、周りの名俳優達がいなかったら、もっとつまらないものになっていた様な気がします。

子供たちの素朴な笑顔も良かったです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

野球

投稿者:抹茶 2012年04月07日

この映画から巧と豪のバッテリーの絆、野球の素晴らしさを感じました。小説を読んだときも感じたけど、巧のキャラは魅力的。豪くんと青波は特にハマり役だと思った。

なかなか

投稿者:まつ 2010年01月08日

今回の作品6思春期を迎える二人の友情とあつい男の映画で涙がでました。 もう少し演技と画像の迫力があれば5つ星でした。

バッテリー

投稿者:まぐろ 2009年12月30日

一人では何も出来ない。 この映画はそう言っています。

レビューをもっと見る・投稿する