あかね空のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.1

観た人
166

観たい人
75

投稿者:アイマール 2021年06月20日

京都から江戸に出てきた、豆腐職人が深川で商売を始める。味はいいが、食感が江戸の庶民には受けない。
長谷の娘が応援する。

投稿者:あかぽこ 2020年09月30日

納得の低評価…。

何か色々中途半端…。

原作付き作品なのに、このつまんなさは監督の力量不足?

岩下志麻姐さんの使い方ももとより、設定も京と江戸の豆腐の違いなど、興味深い内容だったのにもったいない…。

それでも、中谷美紀の演技の振り幅はなかなか~️

投稿者:nori007 2020年09月17日

江戸時代の永代橋、そして深川八幡。深川が地元の自分にとってはとても素晴らしい光景。
そんな中、京から来た豆腐職人の内野聖陽と中谷美紀が二人で店を盛り上げていく。
京の豆腐はみずみずしく、江戸の豆腐は大きい。など初めて知る情報であった。

やがて二人は結婚し子宝にも恵まれるのだが。。。。

この物語、前半部分はすごく面白い。このまま豆腐屋を切り盛りする話だったらすごく良かっただろう。
ところが、結婚した途端に物語は18年後になる。ここからちょっとおかしな方向に行くのだ。以下は、ネタバレになるので下方に書く。























18年後、長男が博打で借金をする。見たところ両親間は健全のようにみえるので長男だけ問題を起こすのは少しおかしいと思える。
やがて長男は勘当されるが、直後に父親も事故死。うーん、なんなんだこの急展開。

そして不思議なことに内野聖陽はヤクザの親分として再び出てくる。うーん。なんで?w

ラストはペテン師に証文を突きつけられ店を渡せという事になるのだが、親分が用意した証文によりそれは回避される。うーーん。そもそも最初の証文も二枚目の証文も文章偽造だよね?なんなんだこの話は。。。。

というわけで、前半のいい話が、途中からカオスすぎる急展開の数々。そしてもやもやした疑問の数々であった。

そうそう、一番最初の行方不明の子供の伏線。回収されてないよね?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

豆腐屋で一大を築いた男の人情時代劇

投稿者:モモイチゴ 2021年07月08日

放蕩息子が博打に入れ込んで危機に陥るスリルもある。結局、行方不明になった正吉は伝蔵だったのか?

秀作

投稿者:po 2018年11月11日

画像も綺麗で、ストーリーも良く、配役も適任だった。日本映画の好い所が出ていると思います。

江戸時代

投稿者:ちあき 2015年08月12日

江戸時代の人情恋愛ものです
家族の温かみや江戸の人の温かみを感じます

しかし、だらだら感が出てしまっている

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

じんわり

投稿者:みき 2010年05月27日

内野さんと中谷さんなので観ました。引き込まれました。特に親分がスゴい。親分に関しては、説明的な台詞はなく、演技・演出だけで解らせてくれた点が好きです。かえって心に響きました。時代劇だけど現代にも通ずる事も描いていると思いました。

レビューを投稿する