インサイド・ザ・デス・トンネルのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

1.1

観た人
4

観たい人
2

投稿者:ゆくしぃ 2018年08月06日

‪映画デス・トンネルのロケ地・ウェイバリーヒルズ隔離療養所。90年代に大流行した結核の治療法確立のため、この療養所に罹患者は集められた。しかし、人を人と思わぬ対応や治療の為63,000人がここで命を落としてしまう。実際に収容された患者や警備員などのインタビューを交え、その裏側が明かされる。‬

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ちょっと否定的ですが

投稿者:奇怪伯爵 2010年08月08日

『デス・トンネル』の撮影ロケ地にまつわるドキュメンタリー。

1910年設立のウェイバリー・ヒルズ隔離療養所の当時の様子・歴史・心霊スポット化している現在を紹介しています。

幽霊狩り協会と探索ツアーの紹介。
霊の声や心霊写真。
施設の説明。
当時の従業員や歴史研究家の談話。
なかなか凝った作りで、興味ある方にとっては嬉しい代物。

ただ82分は、長く感じられますね。

当時の患者談を聞くと、特異事象があったわけでもなく、結核との辛い闘病生活が浮き彫りになります。
63000人の犠牲者、遺体を患者たちの目から避けるために運んだ地下トンネルの存在も、不治の病と言われた結核と人間の闘争史にすぎなかったように感じられました。

闘病の患者・医師・看護師・当時のスタッフたち。
彼らの苦しみを思うと、ホラー撮っていいのかな?と……。
ホラーにリアリティは重要ですが、リアルによって興醒めすることもあります。
このあたり、非常に難しい問題ではありますけど。

この作品観ると『デス・トンネル』のラストにも納得させられますが、娯楽作品としては不完全燃焼。
史実を参考にしつつ、完全フェイクにした方が良かったのでは?

そうはいっても、この地を訪れることがあれば、幽霊狩りツアーに参加してしまう小さい人物です、私。

これはあり?

投稿者:ZZRかハヤブサか 2009年02月16日

こんなん1本のレンタルとしてありなんすか?
途中でやめちゃったから、よくわかんないけど…。これみないと本編が楽しめないの? 本編見るきなくして返しちゃった。惜しかったのかな?

デス・トンネルへの道標

投稿者:ナナメ歩き 2008年11月11日

ドキュメントという形式をとっているが、映画のパイロット版的なものなので視覚効果もあれば盛り上がりや含みも残す
廃病院は実在しそうだが、登場人物やエピソードは検証のしようがないので「そうなんだ」と素直に楽しむことにした
日本にもこういう跡地や噂は多くあるが、さすがアメリカ規模が違うしエピソードも毛色が少し違う
私はこういう分野に関しては、やたら触手が動くタイプなので退屈せず楽しめたし本編への期待も芽生えたが、ダメな人は…まあ借りる以前の問題だろうが
しかし、これはこれで良く出来ている方だと思いますよ。


レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する