RD 潜脳調査室のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

思いも寄らぬ終わり方だったのです。

投稿者:レビュアー名未入力 2009年09月11日

 久島の後を追って、ダイブして行くハルさんが久島の意識にたどり着き既成観念の女性と過ごす久島にハルの身体を贈られ、少女のものへたどり着くというのは、ロマンです。
 普通の人が普通でない時にはこんな人生観があってもいいと思わされました。でも、現実に起こりえる人間の話なのかと想いながらこのシリーズの終わりかたに思いも寄らぬロマンを感じ少し戸惑い気味です。だんだん家族を失いひとりで年老いてゆくと思っている私には勇気付けられる作品でした。

難しい話の展開に次作を期待。

投稿者:レビュアー名未入力 2009年08月26日

 夢の島の行く末を案じる主人公達、夢を追い続けた学者、久島のゴーストを取り戻そうとする久島を取り巻く人間達の苦悩とチームワーク。話の展開はどんどん現実から遠ざかって行くようだが人間とは何かロボットとは何かを問われているようです。思考をプログラム化として存在する久島のアンドロイドの表現は良くできていると思って観ていました。これからのこの作品の進行が楽しみです。

アニメーション画像が段々よくなっているようです。

投稿者:レビュアー名未入力 2009年07月29日

 11を観て、随分話のセンテンスがわかりやすくなってきました。
どの話しかと言うと士郎正宗氏の「功殻機動隊」の隊員達のサイボーグへの考え方のセンテンスとしてです。事件の内容も出てくるキャラクターの身体のについてもわかりやすく、そしてあの功殻機動隊が成立するまでの段階に移って行く組織作りの難しさがよくわかるような気がします。これからの話の展開に期待します。
 アニメーションも3DCGの作りがよくなっているのか観やすくなってきました。次編を楽しみに待っています。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する