ガール・スパークスのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
114

観たい人
222

投稿者:shalanla 2020年03月07日

CO2助成作品。


この頃から石井監督のセンスが光ってる。
荒削りな所もあるんだけど
インディーズとして考えたら秀作

やっぱり凄い人って、アマチュアから凄いんだなぁ。


主人公の女の子が微妙な感じなのも凄く良かった。

思春期のモヤモヤ感が良い。

面白い作品。

投稿者:グリンピース 2017年12月06日

見てて登場人物みんなイライラするし、主人公に関してはもはやメンヘラの域にいってるかいってないかの瀬戸際の部分。
けど、凄い人間臭い。石井裕也作品は凄い人間臭くてその臭さが邦画の良さやなあとしみじみ思った。インディーズバンドやけど、曲めっちゃいいやん!みたいな映画。

投稿者:く 2017年10月01日

見たり見なかったりで見終わるまで時間かかったけれども、作品自体は最後まであまり失速せずに、キレキレで突っ走っていて良かった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

unn

投稿者:レビュアー名未入力 2011年05月28日

面白いっちゃあおもしろいし、違うって言えば違う。
女の子がブスだったと言えばブスだけど、違うって言えば違う。

ただ明らかなのは必ず何らかの形で頭に残していくような作品であることと、主役が巨乳であること。

多くの人と年代で討論したいような話です

だから少女は今日もイラつく

投稿者:TETSUYA 2010年10月15日

当たり前のように空にミサイルだかロケットだかが飛び交い、それを当たり前のように眺めては世界に毒づく主人公。だから何だよ、と思いながら、ただただ日々は続く。何もかもが退屈で絶望的で救いがなくてでもそれが日常で、甘ったれてしみったれているのは百も承知だけど、ムカつかずにはいられない。一番身近な父親を罵倒し続ける娘とそれを叱れない父親。東京に上京してみても、ただ5キロ太っただけで直ぐに帰ってくる始末。結局不況の中、父親の工場は潰れ、誰もが放り出されてしまう。もう始まった時から終わってしまっているような世界で、どう社会と向き合うのか。結構ヘヴィーなテーマを時にふざけながら軽やかに切り取ってみせる石井裕也監督。ほんと太々しくて笑えて泣けてムカつく作品。

なかなか

投稿者:ウラズミーヒン 2009年06月04日

世界のあらゆることに「チョーむかついて」いる女子高生の映画という、ともすればどストレートな青春映画になりそうな題材を、適度な脱力感と時々はっとするようなカメラワークでうまく料理しています。
カメラ目線・街頭インタビューとかけっこう際どいこともやっているんだけど、物語の流れにうまく収まっていて嫌味がないというか。


これを僕と同い年のときに撮ったというのはすごいなー。
今後の活躍が楽しみです。
主人公の女の子、走っているとき以外はかわいいですよね。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する