空へ ─救いの翼 RESCUE WINGS─のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.2

観た人
80

観たい人
37

投稿者:mayu 2019年09月22日

高山侑子ちゃんピチレモン読んでた頃好きなモデルだった。こんな映画に出てたとは…かっこいい

若手の初々しさが逆に合ってた気もするのと、三浦友和と木村佳乃の安定感がすごい。

詳しくないから何を見ても「すごい…」ってなるけど、自衛隊の全面協力ということで本当にすごい貴重な場面もあるんだろうなと思う、、

投稿者:光徳 2019年04月03日


救難航空団の特殊性や派遣要件などマニアックな要素は全くないので、見やすいのかもしれないが個人的には物足りない。

退役したMU-2Sや桟橋に着陸するUHに、並走するSHと貴重な描写はある。

投稿者:三度の飯より寝ていたい 2019年03月31日

航空自衛隊のなかで救難隊をメインにした数少ない作品。UH-60Jがバンバン出てくるのでそこは楽しい。
ストーリーはまぁそこそこ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

やはり…映画になると…

投稿者:ザッキー 2011年12月16日

タイトルのように感じたのが正直な感想です…
よみ空ファンとしては、厳しい評価かと思いますが…
この作品の魅力は、作り出した感動でも演出でもないと思いますので

ただ、興行映画作品としてはデフォルメによる理解しやすさも必要でしょうし、
なんといっても「尺が足りない」という事情もあるのでしょうね…
在り得ない事と、描写する必要が少ない日常が多い気がします。

是非とも、この作品(実写映画)をご覧になった方は、
原点のアニメ作品やドキュメントDVD作品も見てみる事をお勧めします。

是非、たくさんの人に観て欲しい。

投稿者:MonPetit 2011年05月09日

航空自衛隊レスキューの女性パイロットの話。
ベタな話の中に、厳しさって面では抑えられたようだが、かなり忠実とも
思われる自衛隊の描写。
レスキューといいつつ、海猿のような派手さもなく、谷間のホバリングとか
護衛艦への着艦など、こちらのほうが断然リアル。
自衛隊員の演技はややどうなのっていうところはあるものの十分堪能。

後半にいけばいくほど、面白くなってくる。
着艦出来たときはもうちょっとした感動もの。

震災復旧・復興が続く中、まさにこれが今、毎日のように展開されているか
と思うと自衛隊員の方々にも敬服するばかりです。

演技がいいとか、演出がいいとか、脚本とかいいとか色々あるんだけど、
それらとはまたちょっと違った良さが満ち溢れていた作品。
たくさんの人に観て欲しい。

あまりにも緊張感のない女性パイロット…

投稿者:BEEFジャーキー 2010年09月04日

*レスキューシーンは緊迫感あって良かったのですが、それ以外のドラマ的な展開がかなりダルかったです…。
 やたらと無意味なシーンあるわ、セリフも妙にゆっくりだわ……、
 1シーン1シーンが何て言うか間延びした感じで…、眠たくなってしまいました…。
 全体的に、無駄なシーンをカットして、テンポよくスピーディな展開にして欲しかったです。

 そして、何よりも、主人公の女性(見た事ない女優さん?)が魅力的に映りませんでした。
 かわいらしい人なのですが、表情に感情が無いというか…。ハッキリ言うと、素人さんにしか見えませんでした。せっかくの緊張感あるレスキューシーンですら、彼女が映ると緊張感が途切れる始末…。
 もうちょっと気合いの入った表情の出来る、目力のある女優さんが良かったです。エンディングを歌っていた柴崎コウさんだったらピッタリだったのに……。
 何とも緊張感ナッシングの主人公でした……。

 アニメ『よみがえる空-RESCUE WINGS-』の方が良かったです。
 どちらかというと地味なアニメだったのですが、レスキューという仕事をずっと身近に感じました。
 あと、ハデさと緊張感でいうと、『海猿』が思い浮かびます(あっちは空ではなく、海ですが…)。

 とにかく、この映画はいまいちでした…。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する