ホノカアボーイのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
11214

観たい人
6619

投稿者:tookーo 2020年10月25日

2009年11年前にハワイの風感じるロードムービー…ッと思い劇場へ。
当時の自分には「これは危険な映画」って感じていた。
そこは、紛れもなく「ハワイ」
しかし、主な登場人物は皆、日本人…然るに日本語で話しは進む、詩的なカット割と展開が心地悪い現実逃避に思えた。
時間が立ち気持ちが動き、レンタル
映像だから伝えられる、画と風や空気がそこには、有るのは確か。
エンディングの小泉今日子さんの歌が更に幻想的な響きに…

投稿者:梅 2020年09月20日

2009年に母親と映画館で見ました。
一番覚えているのは、ビーさんが横になってテレビを見るからテレビも横向きにしていたところです。小さい私には、そっか、テレビの向きはこうって決まりはないよなあという新発見でした。
他にも、砂糖がたくさんついたマラサダとか、ロールキャベツとか、ピーナッツバターとか、ハワイを半袖短パンビーチサンダルのラフな格好で歩く人たちとか。映る全てが、気楽にしなよって言ってくれてるような気がします。ビーさんはテレビを横にして、自分のやりやすいように、自分の好きなように、自分のやり方で、生きていたんだなと思いました。

投稿者:honeyeater 2020年09月15日

いつかみようみようと思っていた映画。包丁やホウキや髪切る音が
重なり合うシーン好き✂︎死んだら風になるっていいな。心に残る言葉がたくさん出てきたのに全部覚えてられなかった

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ビーさんって蜂?

投稿者:田舎のおばちゃん 2020年05月08日

岡田クンいいなぁ。
倍賞千恵子さんが素敵なおばあちゃんになってます。
料理の上手な人に憧れます。
平均年齢の高い出演者たちの味のある演技。
ただ自然は緩やかに流れてゆくだけ。
人間も自然の一部だと感じる。

ゆっくりとした映画

投稿者:かっちょん☆ 2014年07月28日

ビーの家のインテリアや服装が、すごく素敵だった。
映画を見てハワイに行ってみたくなった。
あと、出てくるご飯がめちゃくちゃ美味しそう。
ロールキャベツが食べたい!

映画も、ハワイのようにゆっくりしてるので、途中で眠たくなる。
進み具合もゆっくりなので、何度か時計を見た。

良い要素がたくさんあるのに、「良かった!」と思えなかったのが不思議だ。
なにが悪かったのだろう。
倍賞千恵子より、美津子の方が良かったかも。
松坂慶子は、可愛いハワイのおばちゃんが似合ってたのに。

忘れかけた人間愛

投稿者:レビュアー名未入力 2014年05月02日

ハワイの離れ小島で、もしもお腹を空かせた青年に出会ったら、迷わず御馳走を毎日振る舞うでしょう。
もしも、そのお世話になった赤の他人が病に倒れたら、一緒に住んで身の回りの世話までするでしょう。
東京だったら考えられない人としての優しさを思い出させてくれた映画です。

倍賞千恵子さんも松坂慶子さんもハワイの花柄の衣装もカーテンも、高山なおみさんの素朴な料理もホノカアの自然に溶け合って素敵です!!
島のおじいさんのお葬式のシーンで流れる現地の歌も、悲しみを風に託したような歌い方、ジーンときます。

ただ、星半分欠けてしまったのは、エンディングの曲はいいのですが、
小泉今日子さん、女優専念でいいんじゃないでしょうか??

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

ホノカアボーイ

投稿者:かおり 2012年03月23日

ご飯がとても美味しそうです。あのロールキャベツが今でも頭を離れないの。 共演者がみんな素晴らしいです。日本人のポルノしか興奮しない愛妻家のおじいさん、自然体でのびのびとしているナイスバディの美人さん、映画館で働いている食いしん坊のお姉さん(?)、みんな、素敵。

ゆったり感

投稿者:ホカノハト゛ーヨ 2010年02月04日

ハワイの自然とホノカアの町並みの映像は素晴らしかったです。…が、原作はエッセイらしく内容がない…まぁエッセイだからなんですけどね… 役者の演技も特にどうというわけでもなく…他の作品と迷ったら、もう一方を借りるべき。

笑いあり感動あり!

投稿者:きっち 2009年09月28日

久しぶりに感動した映画のひとつです。ゆっくりながれるハワイ島の小さな村ホノカアでのひと時。岡田さんの青年姿がかっこいいです。ビーさんの作る手料理は全ておいしそうで、心温まるものです。喜味こいしさんのちょっとした(?)発言、行動が笑え、またその最後には感動ぷりもあります。

レビューをもっと見る・投稿する