華麗なる賭けのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
875

観たい人
868

投稿者:Taul 2021年02月21日

『華麗なる賭け』青年実業家の犯罪とアバンチュールをスタイリッシュな映像で描く。マックィーンが珍しいセレブ役で、お洒落なシーンが多くかっこいい。ラストのダイナミックな演出も好きだ。印象的なテーマ曲と共に永遠に心に刻まれたスター映画。

投稿者:notebook 2021年02月20日

頭脳明晰、容姿端麗、実業家であり大富豪のトーマス・クラウンに隠されたもう一つの顔は大泥棒。銀行を白昼に襲撃して見事成功する。被害銀行が加入していた保険会社のビッキーは調査を進める中、トーマスに目星をつける。ビッキーはトーマスと会い反応を見るが、挑戦的で魅力的なトーマスと恋に落ちてしまう…。

クライム・サスペンスと男女の恋物語が融合した粋な作品。
冒頭の画面分割を多用した強奪シーンに緊張感がある。
完全犯罪をゲーム感覚で挑戦した男が、完璧主義の女の挑発にわざと乗り、犯罪ゲームが恋の駆け引きに変わってゆく。

スティーブ・マックイーンには珍しいセレブな実業家の役。
多少の違和感があるが、スリルやロマンを追い求める彼が演じてきた役柄の本質は変わらない。
寡黙でストイックに見えるが、強盗が成功して、勝利の高笑いをする少年性。
恐らくビジネスでも大胆な挑戦と賭けで、若くしてのし上がった自信家だ。

デビューして間もないフェイ・ダナウェイも、お洒落なファッションで武装し、華やかに振る舞うことで、男社会で生き抜くやり手な女性の魅力を見せつける。
中盤、夜の別荘でのチェスゲームでビショップの頭をビッキーが撫でるシーンはエロチックだ。
女すら武器にする背伸びした感のある生意気さが可愛らしい。

ミシェル・ルグランの物悲しい主題歌が主人公トーマスの満たされない心を表していて耳に残る。
グライダー、ポロ、サンドバギーにチェス…何をしても満たされない孤独感。
恋の鞘当てに若干の間延びが感じられるが、引退すると挑んだ最後の仕事で、ビッキーと警察の手をトーマスは見事にすり抜ける。

恋に堕ちたと見せかけて、愛すら信じないトーマスのクールさ。
古さを全く感じさせない、我が道を行く男の魅力が満載が堪能できる。

投稿者:softmachine 2021年02月12日

人生で一番繰り返し観た映画。
幼少期に観た時は、オシャレだな、お金持ちって退屈なんだな程度に過ぎなかった。
対等な恋愛が描かれているのが
何よりカッコいい。
好きすぎて真っ当なことが言えないから、
以下好きなシーンの羅列。

・マクィーンが鍵を投げるところと
うまく行った時の高笑い
(学生時代はこれを真似て、よく鍵を紛失)
・煙幕を投げると同時に始まる軽妙な音楽と
煙幕を追いかけるカメラ
・容疑者の写真を見る時にメガネを近づけたり遠くしたりして品定めするフェイダナウェイ
・脇役の男性が、多分あらかじめ保護しているであろう足を打たれるところ
・フェイダナウェイのベージュの爪が自身の体を撫でるところとその音楽
・チェスに負けたマクィーンが「違うことをしよう」と言ってぐっと引き寄せるところ
・その後カメラがグルグル回って虎バターになるラブシーン
・逢瀬を咎められたフェイダナウェイが、「汚いやつ」と書いたボードを雇い主に贈るところ
・マクィーンが豪快に海辺に車を走らせるシーン、フェイダナウェイは多分スタントだけどものすごい揺れ方をしていて面白い
・銀行強盗をやる前の下っ端達の緊張した表情がマルチ画面で表現されるところ
・飛行機の中で目を瞑り、たぶん心で泣いているところ

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

主題歌「風のささやき」最高

投稿者:ヒロシ 2021年02月14日

主題歌「風のささやき」が好きで、そう言えば最近聞いてなかったなとユーチューブで
聴いていたら映画も観たくなりレンタル。
スティーブ・マックウィーンがとにかくクールでかっこよすぎる。
またフェイ・ダナウェイが美人であるだけでなく少しユーモアのある表情で最高に魅力的。
ストーリーがどうのというよりは二人のからみが注目の作品。
そして主題歌「風のささやき」が哀愁のあるメロディーで本当に素敵な曲なので、
まずは主題歌だけでも聞いてみてください。

やはり「マックィーン・ワールド」

投稿者:趣味は洋画 2020年12月31日

華麗なる賭け(1968年・アメリカ、カラー、103分)

2020年の映画鑑賞締めくくりは、やはり「マックィーン・ワールド」の1本と相成りました。
勿論、再見ですが「マックィーン・ワールド」の中で最も好きな「ブリット」と同年の作品であり、
小粋な犯罪映画として、彼の魅力を余すところなく堪能できる60年代の名作です。

洗練された紳士で知られる大実業家のトーマス・クラウン(スティーヴ・マックィーン)は、ただ一つ盗みに関してだけは異常なほどの欲望と才能を持っていた。ある日、彼は部下を使って自分のビルの前のボストン銀行から260万ドルもの大金を盗ませる。早速、ボストン警察のエディ・マローン刑事(ポール・バーク)が捜査に乗り出すが、手掛かりは一向に掴めない。実業家のクラウンが犯人だとは夢にも思わなかったのだ。一方、被害を受けた銀行の保険会社は、ビッキー・アンダーソン(フェイ・ダナウェイ)に調査を命じる。彼女は早速マローン刑事を訪ね、共に協力しながら調査を進めるうち、次第にクラウンに疑念を抱くようになる。ビッキーは手始めに、美術品の競売会で目指すクラウンに近づいた...

高級なスーツに身を包み、犯罪を楽しむ大富豪という異色の役どころを演じたマックィーン。
同年の「ブリット」におけるクールな刑事役(濃紺のタートルネック・セーターが格好よかった)とは対照的で、彼のまた違った魅力と緊張感を味わえます。

マックィーンについてはもう何度も書いてきているのですが、本作ではフェイ・ダナウェイとの ‘奇妙な付き合い’ に目を引かれます。ダナウェイ演じるビッキーは、‘自分は銀行強盗の犯人を調査している’ とクラウンに名乗り、彼の反応を確かめるのですが、クラウンはまったく動じません。むしろ彼女の挑戦を歓迎するかのような余裕です。ビッキーは疑念を深めつつも、クラウンへの愛情を感じ始めます。
そしてクラウンは、再び「盗み」に挑み、まんまと成功する...かにみえたのですが...

フェイ・ダナウェイは折からのアメリカン・ニューシネマの波に乗り、様々な名作に出演してきた名女優ですが、代表作というべきは彼女がオスカーを受賞した76年「ネットワーク」かもしれません。
しかしスクリーンの中で最も輝いて見えたのは、本作であり、「俺たちに明日はない」だと思っています。20代とは思えぬ ‘恋多き女’ ぶりに、当時のファンは胸を高鳴らせたことでしょう。

ラストのオチへの展開がサスペンスフルで、なかなか見ごたえがありました。
7年前に投稿したレビューでは、‘粋で洒落た映画’ とか、‘雰囲気を楽しむ作品’ などと判ったようなレビューを書いていますが、やはり、じっくり再鑑賞するとまた違った味わいがありました。

<追記>
私が毎年末に勝手に発表している、今まで観た映画で気に入っているベスト20作品をコメント欄に記載します。「2020・オールタイム年間ベスト20」です。

マックイーンから離れてしまった作品

投稿者:かつ 2019年07月22日

1968年 アメリカ映画
面白かった。
でもそれは今の私の感想であり、当時はそうは思えなかったのです。

資産家であり、銀行強盗の主犯格に扮するトーマス(マックイーン)とそれを見抜いて近づく
調査員のビッキー(フェイ・ダナウェイ)の“大人の男と女の駆け引き”が見どころなのですが、
当時マックイーンにのぼせ上がっていていた私は生意気にもフェイ・ダナウェイに嫉妬したものです。
そりゃあそうでしょう。
あのチェスのシーン、あの美しいフェイ・ダナウェイが女の魅力、全開なんですから。
あの魅力にマックイーンは心を乱されチェックメイトを取られる始末。
その後は言うまでもありません。もう男って奴は・・・
マックイーンのラブシーンは見たくないとさえ思ってしまい、一時期、彼の映画から離れていたことがあります(私って子供ですね、汗)。

その後1974年にタワーリングインフェルノが公開(日本では1975年)され、フェイ・ダナウェイは
ポール・ニューマンの妻役を演じ、消防隊長役のマックイーンとも顔合わせをしています。
当たり前の事なんだろうけれど、俳優はその役を割り切って演じているんだなぁと、私は自分自身を納得させたのを覚えています。それ以来また彼の作品を見始めた訳ですが。
フェイ・ダナウェイという女優さん、この時27歳です。
同じ女性からみても洗練された女性で、ああいった雰囲気を持つ女性を私はそれまで見たことがなかった。
透明感があり、目は切れ長で、スタイリッシュ。身につけているファッションセンスの良さ。
この作品はマックイーンはもちろん、ダナウェイのファッションも観る価値があると思う。

そしてあのコラージュの様な分割されたカット割りも斬新だったし、音楽もよかった。
ラストは見事な展開でマックイーンあっぱれ!です。ただ、トーマス(マックイーン)の心は満たれたのか?とふと考えてしまう、そんなラストシーンでもありました。



レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

ルハ゜ン三世事件

投稿者:ルハ゜ン三世 2013年03月26日

ルハ゜ン三世みたいだ。

オリジナルを先に観るべし

投稿者:マティーニはシェイクで 2013年02月17日

表向きは社長、裏は大泥棒。衝撃的な設定だと思う。そして、敵と恋に…。
リメイクから先に観たけど、こっちの終わり方のほうが好き。切ないから。こっちのほうが、ストーリにあっていると思う。

マックィーン

投稿者:ふぉず 2011年11月06日

裏で操るマックィーン、馬に乗るマックィーン、かっこいいマックィーンをたくさん見れます。
二人の駆け引きも面白いです。

レビューをもっと見る・投稿する