スイートリトルライズのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
2503

観たい人
1593

投稿者:yui 2021年06月02日

ちょっと気持ち悪い映画だった。最終的にもやもやで終わった。中谷美紀きれいな人。江國さんがすごく感じられるところは良かった。中谷美紀の不倫相手が気持ち悪すぎるし、夫の不倫相手も妻がいるのにアタックするのが気持ち悪いし、すべてが気持ち悪すぎて評価は私としてはかなり低めとなった。

投稿者:akubi 2021年05月30日

ダイビングスーツの首の苦しさをおもいだしたし、マッチで擦った火でつけた煙草がなんだかいつもよりおいしい気がしてたことも。罪悪感は一生ぬぐえないから、ほんと溺れてしまえばいいとおもった。他の誰かを好きになったら、優しくなんてなれないよ。ほんとうは。

わたしも寝ている夫の眉間のしわを、伸ばしたことがある。撫でたのでなくてむりやり伸ばそうとした。なのにあなたはまったく目を覚まさない。そのときの二つとない愛おしさをおもいだしたんだ。
『自分だけがさびしいと、思わないで。』

矢崎監督の撮る、痛々しいあやうさがすき。そして玄関あけると待っているという恐怖。わたしには 情熱 も 真実 も必要ない。ただ、やわらかい 信頼 ときみがこっそり買ってきた食後のゼリーがあれば。それでいい。

投稿者:bemyvalentine 2021年05月23日


「何考えてるの?」

とか

「何か言って」

って終始思うって事は、超好きなんだろうな...
もうどうでもいいって思ってたら何考えてるか分からなくても何だっていいもんな。


映像の雰囲気は好きなのですが、
途中からこの人たちが誰とくっつこうが別れようが、どうでもいいと思ってきた。

大森南朋カッコイイかしら?
どっちの男性も好きじゃないっていうのが、観てて楽しくなかった原因かもしれません...

中谷美紀さん好きだけど何に出てても中谷美紀

池脇千鶴は演技上手いけど、恋愛ものはあんまり...雰囲気出ないな笑

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

笑止化社会、日本。

投稿者:オテラ 2011年09月19日

子どもを作るまでの夫婦生活って、愛情が冷めた場合はこうなるのかなあ。
というより、この映画では愛情はまだ残っているんだけど、そんなに熱くはない夫婦が描かれています。

しかし、家の中で携帯使う夫婦ってのも信じられないんですけど。
折角の休みに妻を海辺に放っておいて、女性とダイビングにいくってのもありなんですかね。

その辺、夫なり、妻が許せるところが、笑止化社会たる所以なんじゃないでしょうか。
何もすることなかったら子づくりに励めよっていいたいぐらいなんですけれど、なぜか、不倫で性欲処理したりって、 正に笑止千万な世の中になったからこそ、少子化が進行するんじゃないでしょうか。

フィクション作品とは思いながらも、そんな夫婦があり得る社会になってきているんでしょうか、少々、 日本の将来が気になる作品でございました。

夫婦って

投稿者:モコモコ 2011年09月12日

一緒に暮らしていても、一人の時間、秘密はあって、
だけどその関係がとても大事だとわかっているから
相手にいえない小さな不満やわがままがあったりして、
傷ついたり傷つけたりしながら、夫婦になり、家族になっていくのかなーって
ちょっと怖くてちょっと寂しくて切なくて・・・静かに考えさせられる作品でした。

池脇さんの萌え度!!

投稿者:レビュアー名未入力 2011年09月09日

わかってはいたけど、微妙でした。
中谷さんあイメージに合ってたし、大森さんも悪く無い。
独特な空虚な感じもでている。。。

でも、江國さんの作品のように、空気を文章化して、現実にできるような方の作品の
映画化は難しいなぁと思いました。

それにしても、青年・春夫役の方。
魅力無いです。
全然青年じゃ無いし。
映画なんだから、もう少し夢を見せて欲しい。

それから池脇さん。
台詞が、安っぽい萌え系アダルトのよう。
最近、こんなの多くないですか!?
(演技は上手いのに…)
映画監督の間での萌え度が高いような気がする…
負けずに(って何から?)頑張って欲しいです。

と、気になるところはありますが、後々心に残るシーンもあったり
悪くも無いので微妙です。

個人的には、江國さんの作品を映画化したものでは[落下する夕方]がベスト1でしたが
何故、DISCASに無いんだろう…
今から入るのかな?




レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

夫婦

投稿者:かおり 2012年03月08日

空気は完璧だけど、映画の物語が好きになれませんでした。物語は小説の方が好みです。

静か

投稿者:みつ 2011年11月19日

とても静かな雰囲気の映画です。
しみじみ伝わってくる物語。

ささやかなすれ違い

投稿者:日和 2011年09月04日

 中谷美紀の申し分ない美しさは、虚空を抱えた主婦としては完璧すぎるように感じたが、まるでファッション誌から抜け出たようなスタイリングに包まれた彼女は立っている姿、それ自体がまるで一枚のフォトシュートのようである。
 反面、ヒロインとはギャップのある池脇千鶴がいい。普通っぽさが、どこにでもいそうでいて愛らしい。
 すれ違いからくる切なさが全面に押し出されないところがよく、江國香織さんの小説観をそのままはめ込んだかのような仕上がりだった。

雨あがりの朝に。

投稿者:Party 2010年06月14日

いつのまに雨が降っていて

遅れた電車の中でほんの少し前の高校生気持のまま。初めてのデートの為の服

最終八時の最期の回
観客の人達が、みんなで笑っていて
生まれて初めて、映画館って云う本来の意味を知ったようで。

『嘘』って、『嘘』を愛している人にしかつけないんだなって

約束を待っている私にとっては、こんな『嘘』はなんだか、

素敵で、でも、さみしくて、それが、また恋しくなるから、嘘をついて、愛されたくて、

螺旋階段で云った最期の南朋さんのセリフが   胸を締め付けました。

大人って、子供に戻れる役柄なんだなって

帰り道、また揺られながら、
泪いてました。

私もあんな『嘘』をついてみたら、せつなくて、苦しくて、でも、愛されたくなって、

あの2人の空気が、とても好きです。

甘い、せつない、甘い、

ほんのすこしが、丁度いいんですね。

雨あがりの朝に、迎えにきて欲しいな。

素敵な作品を、スイートリトルライズに関わる総ての人に感謝致します。
一生、忘れられない一本の映画になりました。

江國ワールド全開

投稿者:にょろ 2010年05月02日

江國さんの作品から、そのまま登場人物が出てきたような映画でした。小説の空気感が見事に描かれていました。中谷さんと大森さんの夫婦の何とも言えない距離の表現が素晴らしかったです。

レビューを投稿する