鬼平犯科帳スペシャル 雨引の文五郎のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

盗賊同士の仲間割れ

投稿者:レビュアー名未入力 2014年06月06日

「雨引の文五郎」(國村隼)はひとり働きの盗人。
隙間風の異名のとおり、音もなく仕事を終え必ず証拠の名札を残すことで知られている。
そんな雨引の文五郎が「近々日本橋の足袋問屋の大野屋に盗みが入る」との予告状が届くが、急ぎ働き専門の落針の彦蔵(菅田俊)一味だった。
一味は捕えられたが、彦蔵は上手く逃げおおせる。そんなことから密告者は文五郎だろうと平蔵は判断。
そして文五郎の住処を平蔵は突き止めるが…と、眼の離せない画面ばかり。
やっぱり時代劇はいいですね。日本の映画ですから。特に平蔵役の中村吉右衛門さんが格好いい。そして女房役の多岐川さんも素敵!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する