BECKのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.0

観た人
36350

観たい人
3101

投稿者:そうですふぎみやさんです 2020年11月21日

コユキの天使の歌声はいつ聞けるんだろうワクワク→原作者の要望により聞けません

マジか。
それを知らずに観たから、次こそは…次のライブではきっと…そろそろ歌うよな…という期待は見事に外れ、ラスト唐突に流れるoasisのドンルクでポカーン。
佐藤健、仮面ライダーのキャラソン聴く限り歌上手いのにな。
キャストがナイスなだけに非常に残念。

あと楽曲少なすぎるのが気になった。
アニメ版は未使用曲含めると、バンド名義だけで6曲はある。
それと比較するのは酷だと思うけど、音楽活動をメインにした映画で曲のレパートリー少ないのってどうなんだ。
そのせいでなぜBECKがフェスで会場を沸かせたのか説得力にイマイチ欠けてた。

投稿者:ムカデ人間 2020年11月19日

ボーカルが最後の最後まで劇中で歌声を披露しないという、衝撃のバンド映画。
そんなバカな話があるかと思うかもしれないが、実際にあったのだ。

インストゥルメンタルバンド(ボーカルが存在せず、楽器だけで編成されたバンド)の物語ではなく、ちゃんと歌うバンドの物語なのに。

劇中、ボーカルのコユキは一応歌う仕草を見せるものの、演出として声だけがそっくり居抜きされているため、まるで彼がライブ中を口パクで乗り切っているように見えてしまう。

そんなバカな演出があろうか。
見ているこちらも開いた口が塞がらない。
監督、本心ではバンドとか嫌いなんじゃなかろうか。

投稿者:kanchang 2020年10月21日

邦画はあまりみないのだが、当時のツレが観たいと言うのでシブシブ行ったら思いのほか面白かったです
ついでにDVDも買いました。
漫画、コミックも見ないので、かえってそれが良かったかも。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

言葉にならない…

投稿者:ダイアー教授 2017年08月14日

ヒドイ…

聞いてはいましたがヒドイ…
映画?とは言えません。

堤さんみたいな人が電2とかと組んで、日本の映画界をダメにしたんですね~

この映画にいくらかかった知りませんが、
園子温監督に同額を渡したら“これ”より100倍面白い映画を10本作ってくれると思います。

以上...

最後は感動!

投稿者:ジキル3世 2017年05月25日

地元(横須賀市)がロケ地の一つになっていたので見てみました。
初めの方、しばらくは暴力的なシーンが多いと思いつつも、何故か引き込まれてしまいました。
「あきらめないで努力を続ける」「仲間や周囲の人たちとと協力する」ことを続けた結果、
最後には良い結果となって良かった。

時代背景には「おやっ」と思うところもありました。
当然といえばそれまででしょうが、出演者たちが、とても若かった。

肝心の歌う部分を無音ってないわ~w

投稿者:にくきゅう 2015年06月18日

なんだこりゃぁああああ!
よくこんな作品世に出せたなw
スポンサー涙目だろ^^;

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

勘違いしないでほしい。

投稿者:たま 2012年11月01日

マンガや小説の良いところは、見えない形や聴こえない音を読者が自由にイメージ出来るところにある。しかし、映画はそのすべてに一つのイメージを提示しなければならないメディアである。 そのイメージが映画作家の個性であり主張なのだ。 果たして「歌声はあなたがイメージしてください」というのが主張と言えるのだろうか? どうも音を作れなかったことに対する居直りとしか思えない。 これを監督のメッセージだなどと勘違いしないでほしい。 例えば「絶世の美女はあなたがイメージしてください」といって顔にモザイクをかけるようなものだ。 そんな映画を観たいと思うだろうか?

いまいち

投稿者:ヒロ 2012年06月05日

忽那汐里さんが可愛かったです。歌声がなかったのが疑問です

声が聞きたい!

投稿者:021011 2012年05月31日

メンバーの友情、佐藤健&忽那汐里の恋などはすごく良かったです ただ、歌うシーンは声が無い割に長かったのが残念… 下手でも良いからせめて歌ってほしかった(笑) もしくはそのシーンを少し短くするとかね(^^) まあ、個人的な理由なのですがww

レビューをもっと見る・投稿する