WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!<フィフス・シーズン>のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

総評

投稿者:ぽんぽん玉 2014年01月04日

リリース済みシーズン最後となるシーズン5。
人間関係がしっかりとしていて、なかなか見応えがありました。
前シーズンからの出演となるエレナ・デルガドも、欠かせないメンバーとして定着。
特に今シーズンはエレナと家族の事が多く語られました。
そしてサムの過去。ジャックとアン。
ゴタゴタしていた前シーズンよりは、【人の絆】に焦点を当てたエピソードが多かったように思います。
事件そのものは出来ムラが多く、プライベートエピソードの添え物程度の場合もあり。
逆に、力作もあるのでバランスはとれていると言えるでしょう。

今作はシーズン7までありますが、残念な事に、リリース済みはここまで。
それも、珍しく【次回に続く】でラストを飾っています(T_T)
ぜひとも、後2シーズンリリースしてもらいたい。
切に願うばかりです。

やっぱりね(VOL12のレビュー)

投稿者:ぽんぽん玉 2014年01月04日

ソフィー誘拐事件の裁判が始まりました。
カルロスの情報を得る為に規則を破ったエレナの行動が問題となり、誘拐容疑を取り下げる羽目に陥ってしまう。
確かに銃を突きつけて情報を得ようとしたらダメだよね。。。
とはいえ、それを非難したジャックに対してのエレナの剣幕は凄かった^^;
さすがのジャックも容認してたもん 爆
ジャックの暴走よりもエレナの母親としての迫力の方が勝っていたのは確か。
でもそもそも、カルロスの容疑って誘拐だけなのだろうか。
麻薬の売人から分け前をもらっていた汚職警官だったはず。
誘拐容疑はなくなっても刑務所行きだと思うんですけど?
職は失ったみたいだけど普通に町を闊歩しているカルロス。
よくわからん。。。

そして今回は、珍しく次シーズンへのクリフハンガーを残してのエンディング。
こういう時に限って次シーズンリリースしてないんだよね^^;
一応、シーズン7まであるんですけどね。
後、2シーズン。ぜひともリリースを望む!



今回のゲスト。
第23話【世界に二人だけ】
エラは【フォーリング・スカイズ】のカレン・ナドラー。
テッドは【24 シーズン7】のジョー・スティーヴンス。
ピートは【CSI:科学捜査班】のコンラッド・エクリー。
第24話【恐怖の芽】
ブラッドは【ヴェロニカ・マーズ】のマックス。

人の為に(VOL11のレビュー)

投稿者:ぽんぽん玉 2014年01月04日

今回、登場する2人の失踪人は、どちらも他人の為に行動した結果の失踪です。
自分の事よりも他人の幸せを願い行動した2人。
その結果はどちらも思っていたものとは違いました。
やはり今回も【正直者は救われる】ではなく【正直者は馬鹿を見る】に近い。
何だかやるせないですね。
でも、正直、今ひとつ良くわからん話でした。どっちもね^^;



今回のゲスト。
第21話【炎の友情】
ガブリエルは【デクスター】のバティスタ。
第22話【ただ一人のひと】
マニングは【ボーンズ】のラス・ブレナン。
ミアは【24 シーズン6】のリタ。
レイは【プリティ・リトル・ライアーズ】のウェイン・フィールド。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する