マリン・ボーイのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.7

観た人
22

観たい人
10

投稿者:クラゲ 2017年10月31日

ウエットスーツ姿がエロい。

ってか、それ目当てでレンタルしたし(笑)。

借金のカタに麻薬を運ぶって話。

ラブ要素多かった。乳首舐められるトコ好き。

以上(笑)

投稿者:gm 2015年08月19日

キムガンウのPV的な。かなづちだったというエピを思いつつ見てしまうので、ストーリー外でついつい加点してしまう。
ちなみに、「台風太陽」を比較するとその進歩がどれくらいのものかわかります。 あっちは、本当にすごい!www

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

マリンボーイの発想は◎なのに平凡な韓流サスペンスアクションに・・

投稿者:mikitty. 2012年04月21日

マリン・ボーイとは、生存率0%の危険な運搬をする人のことです。運ぶ物は麻薬で体内に隠し運ぶのですが、口からはもちろんお尻からも入れます。
それはビニールに詰められ、ウインナー状態に繋がれている。10mくらい長かった物もあったとか・・・
主人公チョンスはパラオで暮らすことを夢見ている。ダイビングが大好きです。オープニングは美しい海中で魚と戯れるチョンスが映し出される。
チョンスはボートを買ったが残金を早く支払うよう催促されていた。そこで、、賭博場で儲けようと足を運んだが、なんと莫大な借金を負ってしまったのです。
ある日、突然何も分からないまま拉致され海の中に投げ込まれた。足には重石がついていて絶体絶命のピンチです。しかし、死ぬ思いで危機一髪脱出した。
そこで待っていたのは、麻薬密売の大物カン社長だった。借金は帳消しにしてやるから”マリンボーイ”をやってみないかと誘われる。
命の危険を察知し悩むチョンスの目の前に”犬の鼻”と呼ばれる刑事が現われ、密輸組織に潜入することを依頼される。
カン社長にはユリという愛人がいるが、亡くなった先輩の娘を引き取っているのだと言う。チョンスは任務を承諾した後、カン社長の目を盗みユリと愛し合うようになる。
そして任務決行の日、チョンスに日本行きの片道切符が渡される。日本で麻薬を受け取り海中から運び出すと言うものだったが難なく成功した。だが、これはリハーサルだと言う。
そして、実践の時がやって来た。ユリはチョンスの味方なのか?イヌの鼻は?カン社長は?それぞれの関係が分からなくなったりもして来るほど、ドロドロした展開になる。
それに一番悪いのは誰なのか、やっぱりカン社長?!犬の鼻は麻薬が欲しいらしいが、アンタ警察でしょ?! いつの間にかカン社長はユリやチョンスをかばってる?!
で、ラスト、チョンスとユリは海の真ん中で幸せそう。そして、ある地点でチョンスがちょっと潜ってなんか探しています。
「見つかった!!」 ん?!チョンスそれが10mの○○ですかー。ジ・エンド。チョンス、あの10mの○○を、それどうすんのかな・・・まさか!
☆”マリン・ボーイ”の発想が面白いのにそれがあまり生かされてなくて残念(~_~;)
と、言うことで、普通に面白い韓流サスペンス・アクションと言う感じでした。。。

生き残るためには誰も信じるな!

投稿者:サランヘ 2011年11月13日

これも最近「韓流メガシアター」で視聴しました。
スリラー物と聞いていましたので,私の好みからは外れますが,録画してましたので何気に見てしまいました。
怖いという感じのスリラーではなく,サスペンスの色の方が強いかな。意外といっては叱られますが,あまり期待していなかっただけに,巧みに絡み合わせたストーリー展開には感心させられました。(ラストに向けてはちょっとしょぼいですが。)

キャッチは「生存率0%の危険な運搬,マリンボーイは必ず死ぬ!」と大袈裟ですが,映像からはとても危険な運搬とは思えません。見所としては,マリンボーイ(麻薬の運び屋)となるムン・ジョンス(キム・ガンウssi)を巡って,,麻薬密売人のカン社長(チョ・ジェヒョンssi)か,麻薬取り締まり班のキム班長(イ・ウォンジョンssi)かという究極の選択と,抗争で父を亡くしたユリ(パク・シヨンssi)がどのように絡んでくるかというところでしょう。一体誰が見方なのか最後まで分からない騙し合いが緊張感を高めてくれます。

おまけ:マリンボーイのオチの部分は笑えました。

命がけの水中アクション、キム・ガンウさんの肉体美

投稿者:snowstar 2011年11月09日

パラオでの生活を夢見て、船と店の残金を稼ごうと手を出した賭博で2億ウォンの借金を背負ってしまうムン・チョンス(キム・ガンウ)。
彼は水泳の元国家代表選手、その腕を見込まれ、借金をチャラにする代わりに国際麻薬組織のカン社長(チョ・ジェヒョン)の下、マリンボーイという仕事を強要されます。
海を泳いで船から陸へ、陸から船へと移動し、薬を運ぶ危険な仕事。今まで何人も命を落としてきました。
チョンスは逃亡を図りますがある理由で引き受けることにします。

キム・ガンウさんの鍛え抜かれた肉体美には驚かされます。
さらに水中撮影が何度も長時間に行われたため、救急車が出動する騒ぎになった、とあとのインタビューで話されてました。キム・ガンウさんのプロ根性に拍手です。
ホントに命がけの撮影だったんですね。マリンボーイさながらに・・・
よく韓国映画に出演される白竜さんのセリフは想像を絶するものでしたよね~

そしてチョンスが愛する魔性の女、ユリ(パク・シヨン)
このパク・シヨンさん今まで観た中で一番綺麗で魅力的だったのではないでしょうか。
普段のパク・シヨンさんは釜山生まれで見た目と違ってサバサバ系で受け答えも意外に面白い。
この映画ではフルヌードのラブシーンもあってちょっと驚いちゃいました。

迫力の怖さを見せ付けるカン社長役のチョ・ジェヒョンさん。
韓国映画のボコボコにするあの強烈すぎる暴力は何度見ても苦手です。
あの目、何を考えているかわからなくて、表情にあまり出さないからとっても怖かったけど、マリに向ける目はとっても人間的に感じられました。

期待しすぎたかな~と思いますが、最初思い描いてたストーリーとは少し違って、マリンボーイという仕事がメインというわけではなく、騙し騙されという、先が読めない内容になってました。
観ている私も途中は誰を信じていいかわからずに観てましたから。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する