吸血鬼のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.8

観た人
550

観たい人
1237

投稿者:あかね 2021年08月30日

久々ドライヤー‍♀️
これは楽しかった!!!
いままで割とドライヤー作品に
はまれず涙したから泣....

ドライヤーでは代表作であり
かなり歴史的な
巨匠達が影響され、
吸血鬼映画としてはまだまだ
初期な有名どこ作品。

雰囲気にオク満点!!!
こうゆうのだいすっき!!
なんかわざとカメラにガーゼ
あてながら撮影してモヤを作り
より恐怖映像にしたとか...
洒落てる!!ガーゼ洒落てる!
逆に素敵すぎてその手法により
まじであの世だがこの世だが
わからん世界観が最強に怖かった。

なんか呪いをかけられてるような
今私なにやってるの?
お前はもう既に死んでいるの感覚が
すごい映画だった。

ストーリーは、ざっくり
とある村に立ち寄った青年が
その街の吸血鬼伝説?みたいなのを知り...

投稿者:しゅん 2021年08月19日

セリフの記憶がなくて、サイレントを観た印象になってる。横移動で影を映していくところ好き。後半の、粉と湖のモンタージュも強い、というか粉を出してる歯車がよい。
屋敷への容易な侵入とコミュニケーション成立してない感は(順番は逆だけど)『田舎司祭の手記』を想起させる。なによりみんな病んでる感。

しかし、多くの人が指摘している「棺桶からの主観ショット」を全く覚えていない…おれがぼんやりしてただけだろうか…

投稿者:ぽんぬふ 2021年08月16日

映画史に詳しいわけではないが、1931年といったらもう基本的なストーリーテリングの文法は確立しているはず。だというのにこのよくわからなさ、この感情移入の拒み方はなんだ。だいたい、主人公アランが最初からあの姉妹のいる家に何かの都合でやっかいになり、そこで事件が起きるという脚本にすることだってできたはずである。それがまずホテルからはじまり、夜そこに謎の男があらわれ、翌朝影に導かれて彷徨ううちにたどり着いたら例の男がちょうど殺害される、、という、こちらの理解を拒むようなつくりになっているきがする。
あとはさんざん言われているだろうが、序盤にチラッと出てきた棺が実は自分の入るものだったという展開は怖すぎるし、小麦に埋もれて窒息って考えうる限り最悪に近い死に方だよ。
ところで、欧風建築の無機質な白い壁ってやっぱり映画にはえるというか、それ自体がスクリーンみたいなものということなんですね。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する